読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

隣の少女

隣の少女 4巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

「祐一さん…今夜、泊めてもらえませんか?」

そう言って、隣の少女が訪ねてきた

しゃがんだら全てが見えてしまいそうな格好で…――

妻を亡くして以来、一人暮らしをしている小説家・高梨祐一(40歳)

隣に住む少女・晴香はただの隣人であり、特別な感情は持っていなかった――

偶然にも晴香の『スカートの下の秘密』を知ってしまうまでは…

 

「隣の少女」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「隣の少女」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「隣の少女」の試し読みはコチラ♪

 

 

「隣の少女」4巻の簡単なあらすじ

祐一に部屋に泊まる春香

リビングのソファに座る春香

お風呂に入りたいという

祐一は春香の使う部屋を考えるが、春香はテレビを見ながらソファで寝ると答えた

そして仕事をすると言って部屋を出て行くのだった

 

春香をどういう対象と見ているのかと考えていると、紀香から電話がかかってきた

春香に代わってほしいという紀香だったが、祐一は春香はお風呂に入っていると答える

紀香からの電話を終えると、春香が裸でお風呂から出てきた

 

お風呂に入っていたので代わり電話に出たという祐一

春香はオーディションの一次審査に受かったという

しかし祐一には、春香が心から喜んでいるように見えなかった

 

祐一は春香が受かったという芸能事務所のことをプロデューサーの梶山に訊く

そんな事務所は知らないと答える梶山

 

祐一はタバコを買いに行こうとする

だが春香ソファーでパジャマがめくれ、下半身が裸の状態で寝ていた

パジャマを下ろそうとすると、春香は寝返りをうって祐一の手を股間に挟む

ゆっくりと手を抜いて、毛布を掛けて出て行った祐一

だが祐一のアソコはビンビンだった

 

紀香が部屋にやってきた

翌朝、春香はオーディションを受けに行くという置き手紙を置いて、家を出ていた

梶山の言葉が気になる祐一だったが、家に紀香がやってきた

春香は出かけたと答える祐一

紀香は祐一にお願いごとがあると言った

それは梶山に、春香のことを頼んで欲しいということだった

梶山に頼んでみるという祐一

昨日のことを謝る祐一の股間を、紀香は触って力になるといった

 

紀香は服を脱ぐが、祐一は約束があって出かけると言って止める

帰りは何時になのか聞く紀香

ボイラーが直らないので風呂を借りるために部屋の暗証番号を教えて欲しいという

祐一は、暗証番号は春香の誕生日だと答えた

 

二次審査を受ける春香

オーディションの二次審査を受ける春香

だが審査員の男は春香に服を脱ぐようにいう

春香はそれで本当にデビューさせてくれるのかと聞く

 

紀香は業者に今日中にボイラーが直らないのかと聞く

しかし明日までかかると答える業者

部屋の暗証番号の誕生日

春香と祐一の妻の誕生日は同じ日だった

 

男は春香に早く服を脱ぐように急かす

だが春香は服は脱げないと答える

帰るように言う男だったが、春香は服を脱いでしまった

 

祐一は春香の向かった事務所の前まで来ていた

そこにいた男に事務所のことを聞く

芸能事務所とは名ばかりで、女の子を食い物にしているだけだという

中に入ろうと考えた祐一は、そこに消化器があることに気づく

 

「隣の少女」4巻を読んでみた感想

春香はヤバいことになっていますね

名ばかりの事務所で食い物にされてしまいそうになっています

祐一が助けにいっていますが、間に合うでしょうか

紀香も祐一に気があるようですが、これからどういうことが起きるのか心配ですね

祐一は事務所に突入し春香を助け出せるのか、次巻の展開からも目が離せません

 

「隣の少女」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「隣の少女」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「隣の少女」の試し読みはコチラ!

 

-隣の少女

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.