夫に抱かれながら、不倫します 1~5巻 ~徹に家まで送ってもらった美和に借金してでも子どもを作れと怒鳴る眞樹の母親 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『夫に抱かれながら、不倫します』1~5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

すぐに『夫に抱かれながら、不倫します』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「夫に抱かれながら、不倫します」1~5巻の簡単なあらすじ

夫の眞樹とのセックスが嫌になっていた美和

美和は夫の眞樹とセックスするの苦痛だった

結婚7年目になるが、眞樹は週に3~4回も求めてきて、美和は逃げ出したいくらいだった

また眞樹にセックスを求められていた美和だったが、そこに宅急便が届いた

美和は配達人のイケメンの男に、少しときめいてしまい、お金を落として拾う際に手に触れてしまった

そのまま自分の手を引いて欲しいと思ってしまった美和だったが、家の中に戻ると眞樹は一緒にお風呂に入ろうと言い出した

 

美和はとうとうブチ切れてしまい、自分は眞樹の風俗嬢じゃないと叫ぶと、家を飛び出してしまった

一人で橋の上に立っていると、そこに友だちの一花と緋香子が声をかけてきた

美和は二人に家出をしてきたというと、眞樹は自分には何もしてくれないのに、自分を性欲のはけ口にしていると訴えた

そんな美和を二人は飲み会に誘うと、新しい人を見つければいいのだと言ってくれた

 

徹に家まで送ってもらった美和

飲み会に連れていかれた美和だったが、なんとそこにあのイケメン配達人の男がやってきた

徹も既婚者だったので、美和は少しガッカリしてしまい、たいして酒に強くないのにグイグイ飲んでしまった

それで酔ってしまった美和を、徹が家まで送ってくれることになった

 

美和は徹に家出をしてきたと話すと、倒れそうになった

それを徹が支えてくれて、美和は顔が赤くなってしまった

 

実家に帰ってきた美和だったが、お隣からは赤ちゃんの泣き声が聞こえてきた

すると母親は、夫に不妊の原因があるのなら結婚している意味がないというと、サッサと離婚して孫を作るように言った

 

セックスは嫁の義務だという眞樹

眞樹は沙奈にご飯を奢ると、夜にことを訊ねた

沙奈は自分たちはレスだというと、眞樹のセックス頻度を聞いて驚いてしまった

ご飯を食べ終わり二人は道を歩きながら、子どものことを話していた

徹は自分がデキない原因だというと、沙奈は自分たちは逆だと言った

するとそこに徹がいて、沙奈は眞樹に徹を夫だと紹介した

 

眞樹は朝から、飯を食わせてやっているから嫁の義務だと言ってセックスを求めてきた

美和は眞樹が自分が不妊の原因だと知ってから、セックスを余計に求めてきたので、なんとかこれまで応じてきていた

しかし眞樹が言った言葉を、美和はやはり受け入れられなくなっていた

 

⇒『夫に抱かれながら、不倫します』の無料試し読みはコチラ👆

 

美和に借金してでも子どもを作れと怒鳴る眞樹の母親

美和はコンビニのパートの面接を受けると、店の外には徹が仕事をしていた

徹は家まで送っていくと言ってくれて、トラックに乗せてもらった

美和は徹から離れようとしてもまた会ってしまったので、好きだという感情が溢れトラックの中で涙が出てしまった

それでトラックを降りた美和に、徹はどうして泣いていたのかと訊ねた

 

するとそこに眞樹の母親がやってきて、何をしているのかと言い出した

美和は気分が悪くなって送ってもらっただけだと答えると、義母は子どもでもデキたのかと言った

徹と別れて家の中に入ると、義母は借金してでも不妊治療をしろと怒鳴った

美和はお前の息子が不妊の原因だと言ってやりたかったが、それが出来ずに義母が帰ると食器を床にぶちまけてしまった

 

他の女を妊娠させればいいと喚く沙奈にウンザリする徹

徹の家に、母親がやってきた

徹の母親は沙奈にいつ離婚するのかと迫り、産めない女は去るように怒鳴ると離婚届をテーブルに叩きつけた

そんなことを言われた沙奈は、他人に子どもを産ませてでも徹との夫婦関係を続けてやろうと思った

それで沙奈は、帰宅した徹に借金してでも子どもが欲しいのだというと、徹が他の女を妊娠させればいいと言い出した

徹は子どもは諦めようと言ったが、それでも沙奈はイヤだと言って喚き散らしたので、徹はウンザリしてしまった

 

⇒『夫に抱かれながら、不倫します』の無料試し読みはコチラ👆

 

離婚を迫る美和をレイプしてしまう眞樹

美和は徹のために、ニコニコしながら弁当を作っていたので、それを見た眞樹は沙奈に何かおかしいと相談した

沙奈は不倫しているかもしれないと言ったので、眞樹はどうやって探ろうかと言った

すると沙奈はお金を出すなら手伝ってもいいと言ったので、眞樹は茶化すなと言いながら去っていった

しかし沙奈は…

 

美和は徹とラインを交換して、映画に誘ってみた

すると徹はOKしてくれたので、美和は一回だけだと思っていた

そこに眞樹がやってきて不満があるなら言ってみろと怒鳴ったので、美和は何でも自分のせいにするなと怒鳴り返し、家庭内別居か離婚を迫った

そして美和は子どもがデキないのは自分のせいじゃないと言ったので、カッとなった眞樹は美和を引っ叩いてしまった

美和はとうとう堪忍袋の緒が切れて、眞樹に離婚するようにいうと実家に帰ると言った

 

だが眞樹は離婚はしないというと、美和をベッドに押し倒した

そして美和を自由にはさせないというと、そのまま美和をレイプしてしまった

 

美和を実家の旅館へと連れていった徹

雨の中に飛び出していた美和は、徹に電話をかけたが足を滑らせ倒れてしまった

電話に出た徹に美和は家にいるとウソをついたが、徹はそれを信じずにどこにいるのかと聞いた

居場所を聞いた徹は、すぐに美和のところへ駆けつけてきてくれて、美和を実家の旅館へと連れていった

 

徹の実家の旅館にやってきた美和は、徹の母親にお金は払うので2~3日置いて欲しいと頼んだ

すると母親は美和にまずは温泉に浸かるようにいうと、徹に不倫女を匿って欲しければ、徹に沙奈と別れて旅館で働くように要求した

 

⇒『夫に抱かれながら、不倫します』の無料試し読みはコチラ👆

 

夫に抱かれながら、不倫しますの続きはコチラ👇

夫に抱かれながら、不倫します 6~10巻 ~徹と美和が一緒の部屋に入るのを見てなぜか離婚に素直に応じる紗奈 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「夫に抱かれながら、不倫します」1~5巻を読んでみた感想

美和は夫の眞樹が、頻繁にセックスを求めてくるのがイヤになっています

もう完全に眞樹とは離婚するつもりになっていますが、眞樹は離婚を認めずレイプしてしまいました

眞樹は美和を、完全に家政婦兼性奴隷としか見てないように感じます

早く別れたほうがいいですが、眞樹は美和が好きになっている徹の妻の沙奈と仲がいいようです

沙奈は借金してでも徹の子どもを手に入れたいと思っているので、眞樹と手を組み何か企んでくるかもしれません

美和は徹の実家にやってきましたが、徹の母親は美和を徹と結婚させ、徹に実家を継がせるつもりのようです

徹は性格がよさそうですが、徹の母親は沙奈に離婚しろと怒鳴っていたので、あまり関わりたくない感じでした

この後、美和がどうなってしまうのかとても心配になってしまいますね

 

>>『夫に抱かれながら、不倫します』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『夫に抱かれながら、不倫します』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『夫に抱かれながら、不倫します』を実際に読んでみましょう!

 

-夫に抱かれながら、不倫します
-,

© 2020 まんがコミック大好き日記