読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

夫のちんぽが入らない 5巻 ~慎との正月の年一セックスをやめて早発閉経してしまったさち子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

『夫のちんぽが入らない』5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『夫のちんぽが入らない』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「夫のちんぽが入らない」5巻の簡単なあらすじ

セックスをやめたいというさち子

さち子と慎は、年に一度だけ正月に温泉に行ってセックスをするようにしていた

そのセックスは痛くて仕方がないさち子は、セックス中も早く終わって欲しいと思っていた

セックスが終わって、血を流しに温泉に入っていたさち子は、ついもうこんな儀式はやめたいと言って泣いてしまった

そのさち子の言葉を、隣の男風呂で慎は聞いていた

 

翌日、宿を出ると慎は来年からは旅行はしても、セックスはやめようと言ってくれた

そして二人は巨根のお地蔵様にお祈りしたが、さち子は初めから自分の気持ちを伝えていればよかったのかもしれないと思った

 

早発閉経になってしまったさち子

さち子は36歳になって産婦人科に行くと、なんと閉経していると医者に言われてしまった

医者は免疫疾患が原因だろうというと、治療して妊娠することはできるかもしれないと説明した

しかしさち子はもう子どもはいらないと答えたが、待合室へと行くと周りは妊婦ばかりで違う世界にいるようだった

さち子は橋の上で慎の迎えを待っていると、慎はさち子が自殺を考えていると勘違いした

それで慎に謝ったさち子だったが、自分の性活動は完全に終わって、やっと安心できると感じていた

 

⇒『夫のちんぽが入らない』の無料試し読みはコチラ

 

母親や担任教師に見捨てられた憂矢の面倒を見てあげる慎とさち子

するとそこに慎の携帯に、警察から電話がかかってきた

憂矢という名の生徒が万引きで捕まったからだったが、慎のクラスの生徒ではなかった

慎はお腹を空かせた憂矢を家へと連れてくると、さち子はたくさんご飯を作ってあげた

すると憂矢は涙を流して、うまいと言ってくれた

母親は男の家に行って帰ってきていなかったので、慎は憂矢を家に泊めてあげることにした

迷惑をかけたという憂矢に、さち子は自分たちは迷惑だと思っていないと言ってあげたのだった

 

さち子は翌日、学校へと向かう憂矢に弁当を渡すと、憂矢はちゃんとお礼を言ってくれた

しかし憂矢は学校へと行くと、担任の教師からひっぱたかれクズ野郎と罵られた

それで憂矢は早退してしまったが、そんなことをした担任に慎は怒鳴っても意味がないと言った

 

慎は母親が帰ってこない憂矢のために、家に行って買ってきた食べ物を渡した

すると憂矢は慎に、さち子が渡した弁当の空箱を返して欲しいと言って渡した

その空の弁当をさち子が開けると、中にはおいしかったと書かれたメモが入っていた

そのメモを見ながらさち子は、自分のやれなかったとこをやっているを支えてあげようと決めた

 

パニック障害になってしまった慎

それからも慎は、生徒指導を熱心に続けていたが、不規則な生活を送っていた

それで慎は夜になると、変な夢を見るようになっていた

学校では合唱コンクールが開かれたが、慎はまともに合唱を聴けず、家に帰っても不可解な行動が目立つようになった

歯医者からも逃げ出してきたりしたので、さち子はネットで症状を調べると、パニック障害かもしれないと思った

そこでさち子は慎を、気晴らしのために海へと連れていったが、慎は幻覚を見てしまった

それでとうとうさち子は、慎に病院へと行こうといった

 

慎を病院へと連れていくと、やはりパニック障害だった

処方してもらった薬を飲むと、慎が見ていた幻覚はなくなった

さち子はバリカンで慎の髪を切ってあげると、慎は学校で自分が教師たちから仲間外れにされていたことを打ち明けてくれた

そんな慎にさち子は、自分は味方だと言ってあげると、慎が自殺しないように見守っていこうと決めた

 

⇒『夫のちんぽが入らない』の無料試し読みはコチラ

 

エッセイを書くようになったさち子

さち子はそれからしばらくして、ネットで自分たち夫婦を題材にしたエッセイを書くようになっていた

そしてオフ会にも参加すると、一人の男性からさち子の書いた本は面白いと言ってもらえて、同人誌の即売会にも誘われてしまった

即売会に参加するか迷いながら帰っていたさち子だったが、その途中でさち子は美雪とすれ違った

美雪は母親がのめり込んで恨んでいたハズの、カルト教団の職員に成り果てていた

しかしそんな美雪の姿を見ながら、さち子はそれで母親と一緒にいたいという美雪の夢は叶ったのだと思った

 

さち子は同人誌の即売会に参加すると、さち子の本は好評で完売してしまった

しかしさち子は自分たち夫婦のことを書いていたので、慎にだけは見つかってはいけないと思っていた

だが家でチーズフォンデュの道具を探していた慎は、押し入れに隠してあったさち子のエッセイ本を…

 

さち子にエッセイをもっと書いていいと言ってくれた慎

さち子の書いたエッセイは、その後もネットで人気が出て、ついに書籍化の話が舞い込んできた

慎に隠して出版するので、さち子は本のタイトルを改題したほうがいいというと、担当者はそのままでいきましょうと言った

その言葉を聞いたさち子は、普通でない自分たち夫婦を肯定してくれる人も、世の中にはいるのだと思った

 

慎はまたいつものように風俗店へと向かうと、さち子には出版社から書籍が届いていた

しかしやはりタイトルが刺激的なので、さち子はやはり心配でならなかった

そして台風の日に、テレビでさち子の本が紹介されると、それを聞いてしまった慎は自分のことを書いたのかとさち子に訊ねた

さち子はバレていたと知って動揺してしまい、台風の風が吹き荒れる外に飛び出してしまった

これで夫婦関係は終わったと思ったさち子に、風で飛んできた看板がブチ当たり、さち子は気絶してしまった

幸いさち子は軽傷で済み、慎はエッセイは面白かったというともっと書いていいと言ってくれた

 

さち子の家に、保険外交員の女性がやってきて学資保険を勧め始めた

そんな保険外交員の女性に、さち子は夫のちんぽが入らないというと…

 

⇒『夫のちんぽが入らない』の無料試し読みはコチラ

 

夫のちんぽが入らないを最初から読み直すならコチラ👇

夫のちんぽが入らない 1巻 ~ちんぽが入らないさち子に指輪を買ってあげ結婚しようと言ってくれた慎 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「夫のちんぽが入らない」5巻を読んでみた感想

さち子と慎は、年一のセックスをやめてしまいました

夫婦生活は長いので、必ずしもセックスがなければならないという訳ではありません

二人にとっては苦痛でしかなけば、仕方のないことでしょうね

慎は熱心に生徒指導をしていましたが、とうとう精神を病んでしまいました

憂矢のように親がまともに世話をしない子どもにとっては、慎のような存在は必要だったと思います

でも他の教師たちは、熱心に生徒の面倒を見る慎を煙たがっていたようです

そんな教師は、教師失格でサッサと辞めて欲しいと思いました

さち子は自分たち夫婦のことをエッセイにして、本まで出すことができました

さち子は慎にバレることを恐れていましたが、アッサリと慎は認めてくれましたね

二人の夫婦生活は普通ではないハズですが、世の中にはいろんな形で普通とは違う夫婦関係の人たちはたくさんいるでしょう

そんな人たちにさち子のエッセイは、勇気づけられるものとなるでしょうね

 

>>『夫のちんぽが入らない』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『夫のちんぽが入らない』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『夫のちんぽが入らない』を実際に読んでみましょう!

 

-夫のちんぽが入らない

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.