読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

子宮で償え! ~死刑か代理母か~ 3~4巻 ~無実のコシカが施設に入れられていることを知り所長に裁判の受けなおしを求めるナズナ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

『子宮で償え! ~死刑か代理母か~』3~4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『子宮で償え! ~死刑か代理母か~』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すとすぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントをお持ちの方はそれでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「子宮で償え! ~死刑か代理母か~」3~4巻の簡単なあらすじ

不倫女に遺骨に土下座して謝罪させられていた智哉

所長はナズナに着床したことを伝えると、産んで償うように言った

ナズナは自分のお腹に子どもがいると知ってうれしい気持ちになったが、誓約書に書かれていた内容を見て、自分は単なる器なのだと思った

しかしナズナは自分が死刑囚だから仕方がないと思うと、自分は母親だと思いつつ誓約書に署名したのだった

 

ナズナは智哉の子どもが不倫女から、お腹から子どもを奪い盗られる夢を見てしまった

その頃、智哉と一緒に暮らしていた不倫女は、出社前の智哉に死んでしまった赤ちゃんの遺骨に土下座させて謝罪させていた

 

無実なのに施設に入れられていたコシカ

ナズナは自分の死刑が執行されたニュースをネットで見ていると、そこに外国人の女性が声をかけてきた

コシカと名乗ったその女性は自分の付き合っていた男のせいで麻薬所持にされてしまい、国に帰ると死刑になってしまうので、この施設に入っているのだと言った

コシカの話を聞いたナズナは、本当は無罪なのにこんな施設に入れられているのはおかしいと感じてしまった

 

ナズナを呼び出した所長は、着床前診断をすると言った

するとナズナはコシカの裁判を受けなおさせられないか訊ねると、所長はナズナは口出しできないというと、コシカは自分で施設に来たのだと言って聞き入れなかった

 

⇒『子宮で償え! ~死刑か代理母か~』の無料試し読みはコチラ👆

 

ナズナは最下層だというサクラ

ナズナはコシカに野バラを紹介していると、そこにサクラがやってきた

サクラは自分がコシカに日本語を教えると言ったが、ナズナはもう少し野バラとコシカを一緒にいさせて欲しいと頼んだ

しかしサクラはこの施設には暗黙の階級があるというと、ナズナは最下層だと言ってコシカをナズナたちから引き離してしまった

そんなことをいうサクラは、所長からナズナを見張るように言われていたのだった

 

所長は髪を引き抜こうとして医務室にいたランに、女である必要はなく、よい母体であればいいと言った

そんな所長も昔はガタイがいいことで、周りから女じゃないといじめられていた

そして所長も以前、代理出産をして一度も産んだ子どもを抱けなかったので、女としての苦しみを味わっていたのだった

そのことを思い出していた所長は、目を覚まして男に生まれ変わりたいというランに、罪を償えばきっと叶うと言ってあげた

 

首にチップが埋め込まれていることを知ったナズナ

ナズナは窓の外の海に、施設のある島へとやってくる連絡船を眺めていた

施設は外ともつながりがあるので、出られれば自由も手に入れられるのだと思っていたナズナだった

しかしナズナの目の前で、飛降り自殺を図った誰かが落ちていったので、ナズナは急いで階段を降りていった

 

地面に落ちて死んでしまった誰かに近づこうとしたナズナにそこにやってきた所長が近づくなと言った

死んだ女は用済みだと所長はいうと、ナズナを消毒のために医務室へと連れていこうとした

しかし死体を片付けていた係員が、死んだ誰かの首からチップが出ていると言っているのを聞いたナズナは、こんなに自殺者が出ていていいのかと所長に訴えた

そんなことをいうナズナに、所長は絞首台送りにしてもいいと脅すと、拘束室に入れてしまった

 

⇒『子宮で償え! ~死刑か代理母か~』の無料試し読みはコチラ👆

 

サクラに嵌められてしまったナズナ

ナズナは拘束室でチップのことを思い出し、首を触っているとそこにサクラが食事を持ってきた

サクラはチップを見つけてどうするのかというと、逃げたりすることを考えるのは無駄だと言った

飛び下りた人は無実だったのではないかというナズナに、サクラは内心ムカつきを感じていたが、ナズナを抱きしめると子どものことだけを考えるように言った

 

それを受け入れたナズナは、それからは何も言わなくなり周りも穏やかになった

お腹が大きくなったナズナに、コシカが自分と同じ国の女性のダリアを紹介してきた

ダリアは自分をレイプした男たちを皆殺しにしたのだというと、この施設は生活に困らないのでいい施設だと言った

ダリアは子どもを3人産んでいて、ナズナのお腹に顔を当てると、男の子だと言った

 

ナズナは自分の部屋で胎動を感じていると、そこにサクラがやってきた

サクラは規則で禁止されているハズの、子どもに名前をつけることをやっているというと、産まれた子どもにあげるために編み物セットをナズナに渡した

それでナズナは子どものために靴下を編んでいると、それを見つけた野バラから子どもには何も渡せないと教えられた

そしてそこに所長がやってきて規則違反だとキレられたので、ナズナはサクラに騙されたと思った

 

赤ちゃんを出産するナズナ

すると急にナズナはお腹が痛くなったので、医務室へと連れていかれた

ふと目を覚ましたナズナは、赤ちゃんのエコー写真を見ることができ、子どもの両親の名前も見ることができた

それから医務室で安静にしていたナズナは、とうとう出産の日を迎えた

 

陣痛に苦しむナズナは、思わず自分の起こした放火事件のことを思い出してしまった

これは子どもを死なせてしまった自分への罰なのだとナズナは思いながら、苦しみに耐えていた

 

そしてとうとうナズナは、赤ちゃんを出産した

しかし産まれた赤ちゃんは、別の部屋へと連れていかれ、ナズナは赤ちゃんが男の子なのか女の子なのかも分からなかった

所長に知る権利はないと言われたナズナは、泣きながらこれが自分に与えられた罰なのだと思ったのだった

 

⇒『子宮で償え! ~死刑か代理母か~』の無料試し読みはコチラ👆

 

「子宮で償え! ~死刑か代理母か~」3~4巻を読んでみた感想

ナズナはとうとう子どもを産みましたが、一目でも会わせてもらえませんでした

いくら遺伝子的には自分の子どもではないとはいえ、お腹を痛めて産んだ子どもなので、気持ち的にはやはり自分の子どもです

やはり全く見せてもらえないのは、相当な苦痛でしょうね

施設は死刑囚が中心ですが、完全に無実の外国人も入れられています

いくら子ども不足だからと言っても、どう見てもやり過ぎです

国民にも隠されている施設なので、まともな施設だとは言えないしょう

ナズナは子どもを産んでもまた、同じように妊娠させられてしまう可能性が高いですが、絶望して自殺を図ったりしないか心配になってしまいますね

 

>>『子宮で償え! ~死刑か代理母か~』を実際に読んでみよう!👆

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『子宮で償え! ~死刑か代理母か~』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って、『子宮で償え! ~死刑か代理母か~』を実際に読んでみましょう!

 

-子宮で償え! ~死刑か代理母か~

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.