読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

虐殺ハッピーエンド 7巻 ~九十九の命をかけた企てでタイムリープを証明されてしまい弥生の自殺を知って絶望してしまう真琴 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『虐殺ハッピーエンド』7巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『虐殺ハッピーエンド』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すとすぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「虐殺ハッピーエンド」7巻の簡単なあらすじ

釈放されて真琴

九十九の取り調べが始まったが、当然真琴はタイムリープなんて知らないと主張した

そこで九十九は、真琴と一緒にタイムリープしようとしたが、24時が過ぎてもタイムリープしなかった

それは前日に真琴が人殺しをしている可能性があるので、九十九は予想していた

次の日も九十九はまた、真琴と一緒にタイムリープしようとしたが、何も起きずに日付は進んでしまった

 

真琴は竹原の別荘で、監禁していた竹原のレイプ仲間に時限装置をセットして殺していた

それで加賀美は取り調べを終了させて、期限の3日までの残り一日だけ時限装置の捜索を認めた

結局、時限装置を見つけられなかったので、九十九は逮捕されそうになった

九十九は警察署から逃げ出すと、水野を盾にしてどこかへ逃げ去ってしまった

釈放された真琴は弥生と面会できたが、仕切りの間越しにキスするだけしかできなかった

 

九十九にタイムリープを証明されてしまう真琴

詩織の病室に、詩織と同じ剣道部の瀬戸が見舞いにやってきた

瀬戸は以前、詩織が真琴とテレパシーできると言っていたことを思いだしながら、病室へと入った

瀬戸は剣道着を詩織に載せ帰ろうとすると、詩織が目を覚ました!

詩織は瀬戸に自分を殺して欲しいと言ったが、当然瀬戸はできなかった

すると詩織は瀬戸に、真琴を殺して救って欲しいと頼んだのだった

 

真琴は自宅で休んでいると、外で警備していた警官を倒して九十九が家の中に入ってきた

九十九は真琴に、警察署に詩織のいる病院に爆弾を仕掛けたと電話をかけたと言った

それで詩織は移送になるだろうと九十九は言うと、真琴は九十九の企てに気づいた

 

九十九はこのままだと詩織は死ぬというと、自分の命を引き換えにタイムリープを証明すると言って、自分を刺すように求めた

もう殺るしかないと思った真琴は、部屋にかけつけた警官の前で九十九を刺し、日付が変わると自分は殺人鬼だと明かした

だがまだ九十九は生きていたので、真琴はどうしてなのかと思ってしまった

そこになんと弥生が自殺してしまったと報告が入った

弥生は、詩織が移送になったと知ってこのままだと詩織が死んでしまうと思い、それを阻止するために自殺してしまったのだ

絶望してしまった真琴は、そこにいた警官を滅多刺しにして殺してしまうと、どこかへと去ってしまった

 

⇒『虐殺ハッピーエンド』の無料試し読みはコチラ

 

指名手配犯になってしまった真琴

九十九は一命を取り留め、真琴が仕掛けていた時限装置も見つかってしまったので、九十九の推理が証明されてしまった

加奈は真琴が警官を殺して逃走していると知り、とりあえず詩織が元いた病院へとやってくると、そこには瀬戸がいた

加奈は瀬戸から詩織の頼みを聞くと、瀬戸にタイムリープのことを話した

 

真琴はバカップルを拳銃で脅して、どこかへと逃走していた

そこにニュースで、自分が指名手配犯になったことを知ってしまった

 

瀬戸は詩織の病室のベッドの下にあったおみくじを加奈に見せると、それがタイムリープと関係していると思った

加奈はどこかへと向かおうとして、瀬戸も加奈についていこうとしていると、真琴が指名手配犯になったとニュースが流れた

 

水野は手がかりを捜すために、あの神社へとやってきた

すると社の中では、加奈と瀬戸が神社の中を調べていた

3人は神社のことを調べるために、図書館へとやってきた

しかし水野は神社がある村から分社されていたことを知り、その村へと一人で向かってしまったが、瀬戸は水野の車にGPSを仕掛けていた

 

真琴もその村へと呪いを解きにやってきていた

しかし村に帰省していたJKの理緖に見つかると、理緖をを使って神社のことを祖父から聞き出した

そして水野は真琴が殺していたバカップルの死体を発見したので、警察は真琴を捜すために山狩りを始めた

 

⇒『虐殺ハッピーエンド』の無料試し読みはコチラ

 

虐殺ハッピーエンドの続きはコチラ👇

虐殺ハッピーエンド 8巻 ~時間のループを終わらせるため加奈に殺された形にして展望台から落ちていく真琴 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「虐殺ハッピーエンド」7巻を読んでみた感想

九十九は命をかけて真琴のタイムリープを証明したので、とうとう真琴は指名手配犯になってしまいました

既に逮捕されていた弥生も、詩織を助けるために自殺してしまったので、真琴は殺人鬼となったことを隠さなくなってしまいました

九十九は一命は取り留めたようですが、まだ動けない状態でもあるので、水野一人で真琴を追っています

加奈と瀬戸も真琴を追っていますが、どういう展開になるのかはまだ分かりませんね

どうやら真琴が引いたおみくじは、普通のおみくじではなかったようです

もしかすると何者かが、ワザと真琴に引かせた可能性もあるのかもしれません

これから段々タイムリープの謎が明らかになってきそうなので、どんな謎があるのかとても楽しみですね

 

>>『虐殺ハッピーエンド』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『虐殺ハッピーエンド』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って、『虐殺ハッピーエンド』を実際に読んでみましょう!

 

-虐殺ハッピーエンド

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.