読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

虐殺ハッピーエンド 5巻 ~真琴が自分を殺しに来たのだと気づき目の前で自殺してしまう母親 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『虐殺ハッピーエンド』5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『虐殺ハッピーエンド』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すとすぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「虐殺ハッピーエンド」5巻の簡単なあらすじ

真琴に加奈を殺すように要求する九十九

九十九は真琴に犯人だろうというと、倉庫に監禁してしまった

このままだと自分と詩織以外はずっと同じ日を迎えることになるので、焦った真琴は倉庫の扉に体当たりしてみた

 

九十九は真琴に何日目だと訊ねると、人殺しが翌日へ進むことができる条件なのだと言った

そして九十九は、このまま同じ日を繰り返したくなければ、一緒に倉庫に閉じ込められている加奈を…

 

真琴だけは時間が進んでいるのでどんどん衰弱していったが、やはり加奈をループに巻き込むつもりはなかった

真琴がかなり衰弱していると知った九十九は、倉庫の中にガラスの破片を差し入れた

それを見た真琴は、九十九はそれで加奈を殺せと要求しているのだと気づいた

 

弥生に助け出された真琴

すると真琴は加奈に自分の妹なのだと明かすと、加奈は母親が兄がいると言ったことを思いだした

母親が自分が加奈を守ると言っていたと聞いた真琴は、自分にまた背負わせる気なのかと思い、加奈に体当たりして気絶させた

真琴は加奈は他人だと思いながら加奈を殺そうとしたが、やはり出来なかった

自分は弱虫だと思った真琴は、自殺を図ろうとした気絶してしまった

 

意識を取り戻した真琴は、自分が加奈につけた首筋の傷が日付が変わってもそのままだと気づいた

それで一度一緒にループしたら、その後もループし続けることが分かった

やはり加奈を殺すしかないと思った誠だったが、やはり出来ずに情けない兄だと思っていると、そこに倉庫の扉が開いた

 

なんと中に入ってきたのは、弥生だった!!

弥生は一人しか抱えきれなかったので、加奈の拘束を解いてあげて真琴一人を助けだした

 

弥生は自分も時間がループするようになったというと、真琴を探しているうちに九十九に監禁されてしまったことを知ったと話した

そして弥生は、自分は真琴に一度は失望してしまったが、時間がループするようになって、真琴の気持ちが分かるようになったと言った

真琴は弥生に加奈が本当の妹だと明かすと、加奈を殺せなかった弱虫だと言った

そんな真琴を見て、弥生は自分の好きな真琴がいたと顔を赤くした

そして弥生は真琴に、自分は真琴と何もかもを分かち合いたいと言った

 

加奈は九十九を殴りつけ、倉庫から逃げ出した

しかし九十九は加奈の言葉から、やはり真琴は時間がループしているのだと確証を得たのだった

 

⇒『虐殺ハッピーエンド』の無料試し読みはコチラ

 

真琴の目の前で自殺してしまう母親

加奈は母親の入院している病院へとやってきたが、真琴はボヤ騒ぎを起こしてその隙に母親を殺すつもりだった

しかし真琴が母親を殺そうとしていると、母親が目を覚ました

そして母親は真琴が本気で殺しに来ていると知ると、そんなことをさせる訳にはいかないと言いながら、窓から飛び下りてしまった!

真琴は無意識に手を伸ばしたが届かず、母親は地面に落ちて死んでしまった

 

真琴は病院から出ると、殺す相手を探しに行こうとし始めた

弥生はこのまま時間をループさせれば、母親は生き返ると言ったが、真琴はそれではまた自分は殺しに行ってしまうと拒んだ

それならどうして母親を助けようとしたのかと弥生が訊ねると、真琴は人を殺しまくった自分に助ける権利はないと言って泣き出したので、弥生は真琴をひとまず休ませることにした

真琴は落ち着きを取り戻し、弥生と一緒に時間がループするのを待っていた

しかし24時が過ぎても、時間は巻き戻らなかった!!

自分のせいで人が死ねば時間が進むのだと知った真琴は、次のターゲットを探しに向かった

 

加奈と一緒にタイムリープしてしまう水野

加奈は詩織の入院している病院を見つけだし、詩織の病室に入った

すると詩織が意識を取り戻すと、加奈を真琴と間違えもうやめるように言って意識を失ってしまった

そこに水野がやってきたので、加奈は病室から逃げ出してしまった

 

真琴は街へとやってくると、その日に殺す男を決めた

24時直前に真琴は男を襲って内臓を抜き取ると、それで時間をループさせようとした

しかし男が抱きついてきてしまったので、真琴は男と一緒に時間をループしそうになった

そこで弥生が男を突き飛ばしてくれたので、真琴は男と一緒にループせずに済んだ

 

その頃、加奈は水野に捕まっていたが、一緒に24時を迎えてしまった

すると水野も一緒に、時間をループしてしまった!!

それで水野は、九十九が24時に詩織に触れているように言っていた訳を知り、加奈がループに巻き込んだのだと気づいた

水野は加奈が真琴と一緒だったのだと判断し、加奈に知っていることを全部話すように言った

 

水野は加奈にタイムリープのことを話し、真琴が殺人をしていると教えた

水野は頭を下げて協力を求めると、加奈は真琴のことが知りたいので水野に協力することにした

そして二人が真琴たちが監禁されていた倉庫へやってくると、そこには九十九が残した証拠動画があった

 

⇒『虐殺ハッピーエンド』の無料試し読みはコチラ

 

片桐と同じ目になった弥生

真琴と弥生は、身を隠すためにラブホに泊まることにした

次は本当の殺しをすると言った真琴は、弥生に自分から離れるように言おうとした

しかし弥生は、真琴の本当の気持ちを確認すると、真琴とキスをした

 

水野は警察署に戻ると、九十九の残した証拠動画を他の刑事たちと見ていた

それでも刑事たちは、タイムリープを信じられない様子だったので、水野は刑事たちに自分の体に触れさせタイムリープしようとした

しかし真琴が人殺しをしていたのでループせず、刑事たちはタイムリープを信じなかった

 

真琴は飲酒運転をしようとしていた男を捕まえると、山の中に運転させてそこで男の首を切った

弥生がトドメを刺そうとしていたので真琴がそれを止めていると、他の車が道を通りかかったので、慌てて二人は車から離れた

真琴は弥生はトドメなんてさそうとしなくていいというと、弥生は真琴のお荷物になるのは嫌だと言った

自分は本気だという弥生の目は、片桐と同じ目をしていた

 

目覚めたヤバい患者

水野は梶原の母親の自殺の詳細を聞くと、同じ日に詩織の生命維持装置が外されていたことを思い出した

そして片桐がその日に病院の防犯カメラに映っていたことを他の刑事が話しているのを聞いて、何か胸騒ぎを感じてしまった

 

とある病院である患者が目を覚ましたので、医者は病室へとやってきた

しかし患者は勝手に顔に巻いてあった包帯を取っていて、いきなり医者をぶっ殺してしまった

なんとその患者は…

 

⇒『虐殺ハッピーエンド』の無料試し読みはコチラ

 

虐殺ハッピーエンドの続きはコチラ👇

虐殺ハッピーエンド 6巻 ~捕まえた真琴からタイムリープを聞き出し無差別殺人をし始めるヤリサーキャプテンの竹原 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「虐殺ハッピーエンド」5巻を読んでみた感想

どんどんタイムリープの新しい条件が判明してきました

一緒に時間をループすればループが感染してしまう上に、自殺でも自分が原因なら殺したことにカウントされてしまうようです

九十九にもタイムリープがバレてしまい、水野も加奈に触っていたのでタイムリープが感染してしまいました

幸いまだ他の刑事たちはタイムリープを信じていないので、真琴がすぐに警察に全力で追われることはないでしょう

真琴は詩織の手術の日まで人殺しを続けるつもりですが、九十九のどこかへと姿を眩ませているので、簡単には上手くいかないでしょう

最後にヤバい奴が目を覚ましてしまいましたが、まだ生きていたとは驚きでした

間違いなく真琴を狙ってくると思いますので、やはりこのまますんなりとはいかないでしょうね

 

>>『虐殺ハッピーエンド』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『虐殺ハッピーエンド』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って、『虐殺ハッピーエンド』を実際に読んでみましょう!

 

-虐殺ハッピーエンド

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.