鬼獄の夜 10~12巻 ~口には細菌がいっぱいいるという良太郎の口におしっこを流し込むお面の女 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『鬼獄の夜』10~12巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『鬼獄の夜』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「鬼獄の夜」10~12巻の簡単なあらすじ

化け物にアソコを舐めさせていた柴の妹のエリカ

美空は鬼からアソコに触手を挿れられそうになっていた

しかし近くにあった虫除けスプレーとライターを使って、鬼の顔に炎を浴びせると、鬼の顔が燃え上がった

その隙に美空は良太郎を助けだし、その場からに逃げることに成功した

 

美空は大地も心配だが、居場所の分かっている牡丹を先に助けに行こうと言った

それが晴馬の望みだと美空がいうと、良太郎は晴馬が死んだばかりなのに大丈夫なのかと心配してくれた

美空はそれどころじゃないと言ったが、本当は泣き叫びたかった

 

牡丹のところへ向かおうとすると、遠くから女の喘ぎ声が聞こえてきた

声のするほうに行ってみると、そこには目のたくさんある化け物にアソコを舐めさせている女がいた

美空はその女に柴の仲間なのかと聞くと、その女はいきなり美空にキスをして、自分はエリカだと名乗った

 

なんとエリカは柴の妹だった!!

エリカは鬼の体液には、アソコが濡れて疼く効果があると言い出したので、美空はエリカを縛りあげた

しかしエリカは変態なので、縛られて感じ始めてしまった

大地のことを聞くと、エリカは目のたくさんある化け物が喋っていた人骨がそれではないかと言った

 

それで美空はキレてしまい、エリカの首を絞め始めたが、良太郎に止められてしまった

するとエリカは今度は、3Pしようと言い出した!!!

自分を感じさせたら話すとエリカは言ったので、美空はエリカにキスをしてアソコを触りだした

エリカは良太郎にもしようと言ったが、良太郎は真面目な顔で止めようと言っていると、エリカは白けてしまっった

エリカは自分の服を美空に投げつけると、美空は鬼にレイプされ良太郎は生きては帰れないと予言すると、その場から去っていった

 

⇒『鬼獄の夜』の無料試し読みはコチラ

 

良太郎の口におしっこを流し込むお面の女

エリカの服にはカギが入っていた

そして二人が南の社にやってくると、地下への扉をそのカギで開けることができた

二人が扉を開けて階段を降りている途中で、お面をつけた女性たちに殴り倒されてしまった

 

美空が目を覚ますと、イスに縛り付けられた男をお面の女がレイプしていた

参のお面をつけた女は、男を犯し尽くすとアソコを切り落としてしまった

そして壱のお面をつけた女が男は用済みだというと、虫が男に集まってきて男は虫に食い尽くされてしまった

 

すると参のお面の女は、今度は良太郎をレイプしたいと言い出した

良太郎の口にアソコを押し当てた参のお面の女に、良太郎は真面目に口には大量の細菌がいると言い出した

それで参のお面の女はこれはうがいだというと、良太郎の口におしっこを流し込んでしまった

 

⇒『鬼獄の夜』の無料試し読みはコチラ

 

目の見える鬼

このままだと良太郎がヤバいと思った美空は、良太郎は自分の男だと言い出した

美空は良太郎は自分の言うことだけを聞くとウソをいうと、参のお面をつけた女はヤリたくて仕方がない様子だったので、美空はコイツを使えると思った

美空は良太郎の身体を舐めて、アソコを咥えだすと良太郎は感じ始めた

それでガマンができないと近づいてきた参のお面の女を、美空は捕まえてしまった

 

美空は参のお面の女を絞め殺すぞと脅していると、外から凄い地響きがしてきた

なんと鬼が、部屋にやってきたのだ

このままだとやられると思った美空は、良太郎を蹴って物陰に隠れた

そして部屋の扉を蹴破って中に入ってきた鬼は、筋肉隆々の前の鬼とは違う鬼のようだった

 

鬼は見つからないように動かないでいたお面の女を掴むと、床に叩きつけて潰してしまった

お面の女たちに鬼は襲いかかって何人かを殺すと、美空たちに近づいてきた

 

壱のお面をつけた女は、鬼を見て昨日の死体が薬に適合していたのだと思った

そして壱のお面をつけた女は、秘密の脱出口を開けると、参のお面をつけた女を見捨て逃げ去ってしまった

 

鬼は急に苦しみだしたので、美空は逃げようとし始めた

しかし出口が分からないので、良太郎は参のお面をつけた女も助けることにした

それで外に3人は逃げ出すことに成功したが、参のお面をつけた女は良太郎に惚れ込んでしまった

 

⇒『鬼獄の夜』の無料試し読みはコチラ

 

鬼獄の夜の続きはコチラ👇

鬼獄の夜 13~15巻 ~鬼の適合者になってしまった大地の目の前で柴にアソコに指や舌で弄ばれイってしまう美空 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「鬼獄の夜」10~12巻を読んでみた感想

美空たちは、お面をつけた女たちに捕まってしまいましたが、なんとか逃げ出すことに成功しました

それにしてもあの目の見える鬼は、違う鬼なのでしょうか

前に出てきた鬼は顔が隠されていましたが、今度の鬼はつけていなかったので、目隠しがないとああなるのかもしれません

柴はエリカに、自分たちしか鬼を悦ばせることはできないと言っていましたが、どういう意味なのでしょうか

まだ柴の目的がハッキリしない上に、鬼が何者なのかも分かっていません

どうやら鬼になるのは、薬に適合しないといけないようですが、やはり男を食い尽くした虫に抵抗力がある男がなれるのだと思います

まだ美空は、牡丹や鷹介を見つけていませんが、なんとか二人を発見して脱出できたらいいですね

 

>>『鬼獄の夜』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『鬼獄の夜』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『鬼獄の夜』を実際に読んでみましょう!

 

-鬼獄の夜

© 2020 まんがコミック大好き日記