薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 5巻 ~梅毒で鼻のもげた元妓女に押さえつけられている夢を見てしまう のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

🔻絵付きで『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

 

「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」5巻の簡単なあらすじ

亡くなった彫金細工師の遺言の謎を解く猫猫

猫猫は壬氏から、彫金細工師のお家騒動のことを調べて欲しいと頼まれた

その件は、壬氏が軍部の羅漢から押しつけられたものだった

 

羅漢は壬氏の部屋にやってくると、猫猫がいた妓楼に馴染みがあるというと、ある碁や葬儀が得意な妓女のことを話しだした

その妓女を手に入れたいと思った羅漢は、プレミアを下げたのだと言った

そして猫猫のことは謎解きが得意なので、亡くなった彫金細工師の家のことを調べて欲しいと頼んだのだった

 

亡くなった彫金細工師は遺言で、昔のように茶会をすればいいとしか書いていなかった

猫猫は馬閃と一緒に、その彫金細工師の家を訪れた

亡くなった彫金細工師には3人の息子がいて、猫猫たちを出迎えた

作業場へ入ると、箪笥で真ん中を仕切られたテーブルがあった

 

上の二人の兄は、相続し物の文句を言っていたが、それを止めようとした末っ子の手には火傷の痕があった

3人はテーブルに座って、遺言通りにお茶を飲むことにした

箪笥の上の段の3つの引き出しはカギが合わず、真ん中の引き出しは鍵穴が詰まっていた

猫猫は真ん中の引き出しの鍵穴が、他の引き出しの鍵穴と違う素材で作られていることに気がついた

 

猫猫は3人に焊を扱っているのか訊ねていると、そこに太陽の光が差し始めたことに気がついた

猫猫は窓際のテーブルにガラスの鉢があったことを確認すると、そこに水を入れた鉢を置かせた

すると鉢に太陽の光が当たり、その光が集まって鍵穴に当たり始めた

 

しばらくすると、なんと塞がれていた真ん中の鍵穴にカギが入るようになっていた

カギを開けると引き出しの中には、カギの鋳型が入っていた

そして鋳型には、太陽の光で溶けた焊が流れ込んでいた

焊で出来たカギを使うと、上の3つの引き出しのカギを開けることができ、中には鉛などが入っていた

上の2人は父親に騙されたと言っていたが、末っ子は遺産の意味が分かったように見えた

 

⇒『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』の無料試し読みはコチラ

 

壬氏と変装して出かける猫猫

壬氏は猫猫に化粧に詳しいか訊ねると、自分に化粧して欲しいと頼んできた

嫌そうな顔をしていた猫猫に、壬氏は変装したいのだと説明した

壬氏は化粧をするようにいうと、猫猫は壬氏の着物の匂いを嗅ぎだした

高価な香の匂いがすると言った猫猫は、下地から変えないといけないと言った

 

下地作りが終わると、猫猫は壬氏に化粧をし始めた

しかし猫猫は、壬氏に女のような化粧をしてみたいと思ってしまった

口紅を塗ってみた猫猫だったが、ヤバいと思ってそこで止めてしまった

 

猫猫も変装させられ、壬氏と一緒に出かけることになった

壬氏は市井に出ると、珍しがってはしゃいでしまった

二人は串焼きを買って食べていると、壬氏は野営で出たものより美味しいと言った

それが何か変だと思っていた猫猫に、壬氏は宮廷の暮らしがどうかと聞いた

猫猫は生活力がない父親が心配だというと、父親は西方の医術も出来ると言った

そして父親は宦官なのだと猫猫が話すと、壬氏は何かを考えだした

 

猫猫は壬氏を待ち合わせ場所まで送ると、妓楼へと向かった

待ち合わせの店の中に入った壬氏だったが、そこにいたのはなんと阿多だった!

 

梅毒で鼻がもげた元妓女

妓楼に立ち寄り家に帰って休んでいた猫猫は、誰かに押さえつけられている夢を見てしまった

目を覚ました猫猫に、羅門は薬を渡すので妓楼にいる誰かに会っていくように言った

その誰かとは、梅毒に罹って鼻がもげてしまった元妓女だった

猫猫はその元妓女の部屋にやってきた梅梅に、薬を飲ませたら帰るというと、梅梅は猫猫を止めた

妓楼には、猫猫を買いたいという男が来ているからだった

 

すると梅梅は、3美姫のうちの一人が売りに出されてしまうかもしれないと言い出した

梅梅は自分も引退する歳だと言っていると、眠っていた元妓女が目を覚まし、歌を歌い始めた

猫猫はその元妓女の夢を見たことを思い出しながら、元妓女は莫迦な女だと思っていた

帰ってきた猫猫に、壬氏は身請け競争になったときに妓女の価値を下げる方法を訊ねた

 

⇒『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』の無料試し読みはコチラ

 

猫猫を執拗に手に入れようとする羅漢

また壬氏の執務室にやってきた羅漢に、壬氏は妓女を手に入れるために、汚い手を使ったハズだと言った

すると羅漢は順序が逆だと言いだし、壬氏のほうが自分が手に入れるものを横取りしたと言ってもっと汚いと言い返した

壬氏は猫猫のことだと気づくと、返して欲しいのかと羅漢に訊ねた

羅漢は壬氏には逆らえないというと、猫猫にそのうち会いにいくと伝言を残して執務室を去っていった

壬氏は猫猫が羅門の養子だということを調べていて、高順に羅門のことを調べるように頼んだ

 

壬氏は猫猫に羅漢のことを話すと、猫猫はいつもの嫌そうな顔とは比較にならないほど嫌そうな顔をした

壬氏から離れた猫猫は、今日から精進料理になると聞いて、壬氏も何かの祭祀に出るのだと思った

猫猫は壬氏がどうして宦官になって、どんな立場なのかと考えていると、外廷の医局へのお使いを頼まれた

 

薬草を厩の裏に勝手に植えている翠苓

機嫌が戻った猫猫は、外廷の医局へやってきた

薬をもらうまで待っていた猫猫だったが、つい薬が見たくなってしまった

するとそこにあの冷静な女が苦い香りを漂わせながら、猫猫の頭を叩いた

そして翠苓と呼ばれたその女は、何をしているのかと訊ねた

猫猫が使いで薬をもらいにきただけだというと、翠苓は薬を受け取りすぐに去ってしまった

 

猫猫も薬を受け取り、歩きながら受け取った薬を味見してみたが、知らない味だった

すると軍部の厩を見つけた猫猫は、厩に生えていた薬草を見つけた

そして厩の裏には、たくさんの薬草が生えていたので、猫猫は感動してしまった

そこに翠苓がやってきて、ここには近づかないほうがいいというと、薬草は自分で勝手に植えているのだと話した

猫猫が何を植えているのかと訊ねると、翠苓は蘇りの薬だと答え、少し先に朝顔を植えるつもりだと言った

 

⇒『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』の無料試し読みはコチラ

 

一連の事件の捜査を壬氏に頼まれる猫猫

寄り道して怒られた猫猫に、李白が声をかけてきた

李白は倉庫での小火騒ぎの時に、別の倉庫で祭器の盗難事件が盗発生していたと話した

浩然が亡くなって後任も食中毒で昏睡状態なので、責任者がいなかったからだと聞いた猫猫は、一連の事件はやはり何かつながりがあるのかもしれないと思った

 

猫猫が拾った煙管は李白に返していたが、李白は倉庫番がその煙管を知らない官女からもらったものだ証言を得ていた

その官女から薬の匂いがしたと聞いた猫猫は、やはり一連の事件はつながりがあると判断した

猫猫はそれを壬氏に話したが、その後のことは面倒ごとに巻き込まれたくないので、あとは壬氏に任せるつもりだった

しかし壬氏から牛黄を報酬として出すと言われると、猫猫は嬉しそうな顔をしながら調査を引き受けたのだった

 

祭壇へと急ぐ猫猫

猫猫は祭祀に使う祭具の説明を受けていた

祭壇には天井からワイヤーで祭具が吊り下げられていたが、盗難に遭った祭具の中に、その祭具を固定する部品も含まれていた

それをあの彫金細工師が作っていたと聞いた猫猫は、これはヤバいと思ってしまった

猫猫はその日が祭祀が行われる日だと聞いて、祭祀の行われる祭壇へと向かったのだった

 

⇒『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』の無料試し読みはコチラ

 

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~の続きはコチラ👇

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 6巻 ~壬氏殺害に失敗し死んだように見える薬を飲んで姿を消してしまった翠苓 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」5巻を読んでみた感想

どうやら宮中内で起こっていた数々の事件は、つながりがあるようです

何を目的としたものなのかはまだ分かりませんが、どうやら翠苓が関わっているようです

翠苓は本来は官女をするような低い身分ではないようですが、何者なのでしょうね

壬氏は変装して阿多と会っていましたが、やはり二人は親子なのでしょうね

猫猫は何か夢を見ていましたが、あの鼻のもげた元妓女が何かをしたようです

猫猫の過去もよく分かっていませんが、羅漢が執拗に猫猫を手に入れようとしているので、単なる薬師の娘ではないのでしょうね

 

>>『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』を実際に読んでみましょう!

 

-薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~

© 2020 まんがコミック大好き日記