薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 2巻 ~園遊会で毒味で毒を口にしてしまい顔がトロンとなってしまう猫猫 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』2巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きで『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」2巻の簡単なあらすじ

園遊会で簪をもらう猫猫

猫猫は医局のヤブ医者から、園遊会が開かれることを聞いた

侍女たちは猫猫にもカワイイ衣装を着せ、化粧をしてあげると…

皇帝の他に玉葉や梨花、それに阿多や里樹の四夫人が揃っての園遊会が始まった

しかし猫猫は里樹を見て、服の色に違和感を感じ、あまり侍女たちと仲が悪いのかもしれないと思った

壬氏がやってきたので、猫猫は逃げようとしたが止められてしまった

だが壬氏は猫猫の顔を見て、人違いだと思ってしまった

壬氏は化粧が上手いというと、そばかすも消えていると言った

猫猫は花街で路地裏に連れ込まれたことがあるので、ワザとそばかすをいれているのだと説明した

結局、人さらいに遭って後宮に売られたのだと言った猫猫に、壬氏は謝りながら簪をプレゼントしてくれた

そのことを玉葉の侍女たちに聞かれていた猫猫だったが、そこに梨花の侍女たちがやってきた

それを猫猫が追い払っていると、里樹と阿多の侍女たちがケンカをしていた

猫猫は年下の里樹が、先帝の妃だったと聞いて引いてしまいながら、後宮にはいろいろあるのだと思ってしまった

猫猫は簪をもらう理由を聞いていると、そこに一人の若い武官がやってきて、猫猫に簪をプレゼントしてくれた

男は李白だと名乗ると去っていったが、そこに梨花が声をかけてきて、梨花も簪を猫猫にプレゼントしてくれた

そこに玉葉の侍女がやってきたが、猫猫の持っていた簪を見て、誰かがが拗ねてしまうだろうと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

毒味をする猫猫

猫猫は毒味の仕事をし始めたが、フグ毒を食べたいと思っていた

ふと里樹を見ると好きな食事が出てくるハズなのに、里樹は嫌そうに食べていたので、食事が入れ替えられたのではないかと猫猫は思った

猫猫は毒味を続けていたが、急にトロンとした表情になり毒が入っていると言った

すぐに猫猫は毒を吐きに行ったが、本音では毒を飲み込みたかった

するとそこに猫猫を心配した壬氏がやってきたので、猫猫は里樹と里樹の毒味役を連れてくるように求めた

猫猫はやってきた里樹の腕を見ると、蕁麻疹が出来ていた

それで猫猫は、人にはどうしても受け付けない食べ物があると話すと、それを知って食べさせたのなら毒を盛ったのと同じだと言って毒味役を脅したのだった

部屋に休まされていた猫猫のところに、高順が羹の入った器を持ってきた

猫猫はその器に4人の指紋が残っているのを確認すると、里樹は侍女たちからいじめを受けているのだと説明した

高順はどうしてそれをその場で言わなかったのかと聞くと、猫猫はそうすれば侍女はその場で…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

里帰りする猫猫

猫猫は小蘭から、もらった簪があれば外に出られると聞いた

それで猫猫は、李白を呼び出して実家に里帰りするので手伝って欲しいと頼んだ

李白は猫猫が簪の本来の意味を知らないと判断すると、自分を利用する気かと言い出した

そこで猫猫は、自分がいた妓楼の三美姫の紹介状を見せたので、李白は驚きながら引き受けてくれた

猫猫は李白と一緒に妓楼へやってくると、女主人の婆さんがいた

婆さんは白鈴に李白を相手させることにしたが、婆さんも昔は最上級の妓女だった

ばあさんは猫猫が家に帰っていないと聞くと、すぐに家に行くように言った

家に帰ってくると、家の中では父親が薬を作っていた

猫猫は後宮には父親ほどの薬師はいなかったというと、部屋で休んでいた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

心中に見せかけ毒を盛った妓女

すると妓楼から、妓女と男が倒れたと言って男が駆け込んできた

父親と猫猫が妓楼へやってきたが、幸い妓女と男は死んでいなかった

猫猫は部屋にあったタバコで心中しようとしたのだと思ったが、父親は酒に毒を入れられていたのだと判断していた

猫猫は男は他の女郎でも、身請けすると言って心中事件を起こしていた奴だった

それで父親に妓女が毒を盛ったのだと言おうとしたが、それを父親は止めて、そんなことは明らかにしないほうがいいこともあるのだと教えた

猫猫は帰り際、白鈴から誰かに会っていかないのかと聞かれたが、猫猫は次に来た時にすると答えた

猫猫は後宮に戻ってくると、スゴく壬氏は機嫌が悪かった

猫猫は園遊会で李白から、義理で簪をもらったと説明すると、今度は壬氏は義理に負けたと拗ねてしまった

そして猫猫は後から玉葉や侍女たちから、逢い引きに勘違いされていたことを聞かされたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

塀から落ちて死んだ下女

後宮の下女が外の堀に落ちて死んでしまった

しかしその下女の手の指の爪は剥がれていて、足は纏足だったので猫猫は何かおかしいと感じていた

その下女の部屋から遺書が見つかり、里樹毒殺を企てていての自殺だと書かれてあった

猫猫は壬氏から下女は自殺したのかと訊ねられると、自殺かもしれないが協力者がいたはずだと答えた

死んだ下女は纏足をしていたので、塀を登れないからだと説明すると、殺された可能性もあると言った

そんなことを壬氏に話した猫猫は、自分が事件に巻き込まれるのはまっぴらだと思った

猫猫は飲みたい毒を飲んで死にたいと思っていると、壬氏は何を考えていたのかと聞いてきた

それで猫猫は自分が死刑になるのであれば、毒で殺して欲しいと言った

自分は平民だから命なんて軽いものだという猫猫だったが、壬氏はそんなことはしないと答えた

そんな壬氏に猫猫は、できるかどうかの話なのだと言ったのだった

高順は、とうとう今回の事件の首謀者を見つけた

それを壬氏に報告したが、その首謀者とは…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~続きはコチラ👇

「薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~」2巻を読んでみた感想

壬氏は猫猫に好きなことを伝えるつもりで簪をプレゼントしてくれましたが、猫猫は全く気づきませんでした

その上、李白に里帰りの身元引受人をお願いしたので、完全に拗ねていました

その様子を見て玉葉は笑っていましたが、玉葉と壬氏の関係は単なる妃と宦官という関係ではないように見えました

壬氏は体つきも普通の宦官とは違うので、宦官ではない可能性もあると思いますね

猫猫は里帰りをしましたが、帰り際に白鈴から誰かに会っていかないかと聞かれていました

まだ猫猫の母親が現れていないので、母親かもしれません

下女が塀から落ちて死んでしまった事件は、犯人だと思われる人物はかなりの身分だったので、結構根が深い事件なのかもしれません

猫猫はまたこの事件にも首を突っ込んでいますが、処刑されたりしないように気をつけて欲しいですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

婚姻届に判を捺しただけですが

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

病めるときも健やかなるときも愛し合わないことを誓います。「世間の目を欺くために、俺と結婚してください」彼氏、いない。飲んでくれる友達、いる。仕事、めちゃくちゃ楽しい! そんなわけで、大加戸明葉(おおかど あきは・27歳)の結婚願望、特になし。ところがそんな日常の中、突然降って湧いた電撃プロポーズ! 相手は30分前に出会ったばかりの文芸編集者・百瀬柊(ももせ しゅう)。仕事はできるがコミュ障(ただし美形)の百瀬は、とある理由から“既婚者”の肩書きを手に入れるため、偽装結婚をしたいのだと言う。はじめは突っぱねた明葉だったが――!? 幸せな結婚って? 仲良し夫婦って…? 即席の偽装結婚夫婦がおくる、不意キュン必至のラブコメディ、分冊版第1巻!

ワタシ以外みんなバカ

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

『できる女』和代には悩みが尽きなかった。無能な部下の尻拭いや新入り派遣社員・百合子の世話を任され、大きな溜息ばかりが漏れる毎日。どいつもこいつもクズばかりと今日も今日とて睨みをきかせながら英姿颯爽と会社を練り歩く、そんな彼女の唯一の心の安らぎは営業部・袴田との秘密の恋のアバンチュール。夜な夜な危険な悦楽に身を委ね尽きることのない欲求の果てに彼女は一体何を見るのか…。

-薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~