読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

わたしの幸せな結婚 6~10巻 ~道で偶然会った香耶に野垂れ死にしてなかったのかと言われ言い返せず落ち込んでしまう美世 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

『わたしの幸せな結婚』6~10巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『わたしの幸せな結婚』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「わたしの幸せな結婚」6~10巻の簡単なあらすじ

清霞に異能を持っていないと話せない美世

清霞はまずは自分の職場の軍施設に、車を置きにいくと言った

軍施設に到着すると、清霞の部下の五道が声をかけてきた

清霞は美世を自分の連れで詮索するなと五道に言って、二人は街へと向かった

 

清霞は街を歩きながら、美世に好きなだけ楽しむように言った

美世は清霞が自分に合わせて歩いてくれるので、ずっと付いて行きたいと思うようになっていた

美世を呉服屋に連れてきた清霞は、好きな着物を選ぶように言った

清霞は女主人から、桜色の着物を勧められると、思わず美世が着た姿を想像してしまった

 

着物を仕立ててもらうように頼んだ清霞に、女主人は美世は原石なので、絶対に手放してはいけないと忠告した

女主人との話を終えた清霞は、女主人が勧めた着物を美世が見ているを見つけた

美世はその着物が、亡くなった母親の形見の着物に似ていたからだと言ったが、欲しいとは言わなかった

そんな美世を見て清霞は、自分がこの店にやってきた目的を話さなくてよかったと思ったのだった

 

二人はお茶に立ち寄ると、清霞は美世の笑っているところを見てみたいと言い出した

そんな清霞は変わっていると言ってしまった美也は、自分は気の利いたことも言えないと俯いてしまった

しかし清霞は、自分たちは結婚する予定の仲なので、思っていることを言ってくれたほうが嬉しいと言ってくれた

だがやはり美世は、自分が異能を持っていないことを知らないから、そんなことを言ってくれるのだと思っていた

早く自分から話したほうがいいと思いつつも、美世は清霞と一緒にいたくてやはり話すことができなかった

 

⇒『わたしの幸せな結婚』の無料試し読みはコチラ👆

 

美世が薄刃家の人間だと知り驚く清霞

帰宅した清霞は美世に櫛をプレゼントすると、美世は返しにやってきた

清霞は深い意味はないというと、やっと美世は受け取ってくれると、清霞の中では美世に愛おしさを感じる気持ちが生まれ始めていた

清霞は美世が斎森家で、虐待を受けていたという調査結果を見て、それで美世はあんな風になってしまったのだと思った

そして美世には異能の才がないと知った清霞だったが、美世が薄刃家の人間だったことに驚いてしまった

 

薄刃家の異能は、人の心に干渉できる異能の中でも特殊な能力だった

権力者に悪用されてしまわないように、薄刃家はひっそりと暮らしていたので、斎森家に美世の母親が嫁いだのもワケありなのだろうと清霞は思った

 

美世と一緒に食事をするために、早く帰るようになった清霞だったが、ケバケバしくて癇癪持ちの母親のせいで、女性には苦手意識を持っていた

付き合った女性も同じよだったので、余計に苦手意識を持っていたのに、美世と同居している自分に驚きながら清霞は家へと向かっていた

だが清霞は誰かの術で追跡されていたが、それを見破った清霞は、誰の仕業なのかと思ってしまった

 

⇒『わたしの幸せな結婚』の無料試し読みはコチラ👆

 

香耶に言い返せない美世

美世は櫛をプレゼントしてくれた清霞に、お返ししようと考えていた

ゆり江に手作りのものがいいとアドバイスされ、清霞の髪を結ぶための組み紐を作ってあげることにした

そこで美世は清霞に、ゆり江と買い物に行きたいというと、清霞は心配しながらも許可してくれてお守りを渡してくれた

 

組み紐の糸を買いにいった美世は、どれを買うのか迷ってしまったが、誰かのためにする買い物はとても楽しかった

ゆり江は塩を買いに行ってしまって、一人で待っていた美世は心細くなっていた

そんな美世に、なんと幸次を連れた香耶が声をかけてきた!

 

香耶はまだ野垂れ死にしていなかったのかというと、金に困ったら自分に土下座して懇願すればいいと言い出した

美世は自分は変わらないといけないと思ったが、恐怖に支配されてやはり言い返せなかった

そこにゆり江がやってきて、美世は清霞の妻になる大切な人だと言い返したので、香耶は去ってしまった

それでも美世は、自分が情けなくなって自己嫌悪に陥ってしまっていた

 

その頃、清霞は斎森家を訪れ、美世の父親と話していた

清霞は美世の父親に、美世とは結婚するつもりだが、条件があると言った

斎森家は下り坂だと知っていた清霞は、結納金は多めに出してもいいが、その代わり美世に虐待していたことへの謝罪を要求した

美世の父親は、少し考えさせて欲しいと言ったので、あまり長くは待てないといいながら清霞は部屋を出ていった

そこに帰ってきた香耶は、部屋から出てきた清霞を見て、なんてイケメンなのかと思ってしまった

 

⇒『わたしの幸せな結婚』の無料試し読みはコチラ👆

 

花を呼んでいた清霞

清霞が帰宅すると、美世はまだ落ち込んでいた

ゆり江から事情を聞いた清霞は、どうしたらいいのかというと、ゆり江は愛してあげればいいのだと教えてくれた

そこで清霞は美世の部屋の前までいくと、言いたいことはちゃんと聞いてあげると言ってあげた

 

しかし美世はそれから引きこもってしまったので、清霞はどうしたらいいのか迷っていた

そこに五道がやってきて美世に会いたいと言い出したが、清霞は明日の準備のことを確認した

五道は準備万端だと答えると、部屋を出ていった

 

美世は部屋で、組み紐を作りながら時間稼ぎをしていた

そこに客がやってきたと聞いて、美世は香耶がやってきたのかと恐れた

しかしやってきたので、自分の味方をしてくれた花だった

 

結婚したという花は、美世が幸せになったところ見にやってきたのだと言った

しかし美世は、自分には異能の才がないというと、清霞に相応しくないと言って泣き出してしまった

そんな美世に花は、自分は清霞に頼まれてやってきたのだと話し始めた

 

⇒『わたしの幸せな結婚』の無料試し読みはコチラ👆

 

「わたしの幸せな結婚」6~10巻を読んでみた感想

清霞やゆり江と暮らし始めて、変わり始めていた美世ですが、香耶に偶然会ってしまいました

香耶に酷いことを言われて言い返せなかった美世は、また落ち込んでいます

小さい頃からずっと香耶や継母に虐待を受けていたので、言い返せなかったことは仕方がないでしょう

美世は清霞に自分に異能がないと言って、捨てられると思っていますが、清霞にはそんな気はないようです

美世の父親には謝罪を要求して、五道に頼んで何かを準備しているようです

花も呼んで美世を元気づけようとしてくれている清霞が、この後どんなことをしてくれるのでしょうね

 

>>『わたしの幸せな結婚』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『わたしの幸せな結婚』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『わたしの幸せな結婚』を実際に読んでみましょう!

 

-わたしの幸せな結婚

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.