読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

鬼畜島

鬼畜島 9巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

絶海の孤島“菊池島”に取り残されたM大学の廃墟研究サークル

メンバーの一人、高久は鬼畜一家の長女・マリとの結婚を強要される

二人の結婚は画策する一家の母・真梨子による“マリアおろし”は父・ヨゼフの妨害で失敗する

父親側と母親側に分かれ敵対化する鬼畜一家

万能の力を有するという“滅びの子”をめぐって熾烈な魔術戦が始まった

 

「鬼畜島」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「鬼畜島」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「鬼畜島」の試し読みはコチラ♪

 

 

「鬼畜島」9巻の簡単なあらすじ

魔術対決

マリア降ろしの練習台とされた東山はさらに女好きになってしまっていた

ヨシフはカオルに東山の女好きを見習うようにいう

その様子を見ていた真梨子は呪文を唱える

するとヨシフの体に異変が起きる

真梨子が魔術を使っていると知ったババアも呪文を唱える

 

魔術の戦いで真梨子とババアはお互いに傷ついた

その様子を見ていた高久は、魔術ではなくガチで戦って殺さないとダメだと真梨子やマリたちにいう

高久はマリに好きだと言って、自分のために父親を殺してほしいと頼む

真梨子は高久の罠だと思ったが、マリは戦うという

しかしマリは高久が先頭になって戦うように求める

それは血縁者同士の戦いでは傷がなかなか治らないからだ

 

化け物東山

東山は化け物となった起き上がった

そしてヨシフに襲いかかった

サトルは聖者が誕生したと言い出した

ヨシフは体を強化して東山を倒すが、まだ使い道があると考えた

だがカオルが東山を殺そうとするので、それを止める

 

東山の夢を見ていた藤井は目覚める

そこに化け物となった東山がやってきた

藤井は島を出て、またやろうと東山にいう

だがそれを聞いた東山は藤井の顔を潰してしまう

それを見ていたヨシフは、東山が人殺したらしだと言って喜んだ

 

それぞれの思惑

またヤクザに連れてこられた人たちが海岸に捨てられていた

そこに鉈を持った化け物東山が現れる

女性の頭を切り刻む東山

その他の人たちも容赦なく斬り殺していった

 

カオルは東山より強いと言って、東山と戦う

だが東山はカオルの肩に乗り、カオルの顔を切り出した

しかしカオルはチェーンソーを東山の口に差し込み、顔面を斬った

トドメを刺そうとするカオルだったが、ヨシフがそれを止めた

止めようとしないカオルに、ヨシフは自分たちの代わりに、真梨子たちと東山を戦わせると話す

それを聞いたカオルは真梨子やマリと戦わなくても済むと言って喜んだ

その会話はハナクロが聞いていた

 

高久はちんこが見たいマリたちに追われていた

マリとは結婚したくない高久は、死ぬために崖から飛び降りる

しかしマリに捕まってしまった

そしてマリにKissをされてしまう高久

それを見ていた真梨子は、高久にヨシフを殺させ、滅びの子が生まれるだろうと言って喜んだ

だがそれを聞いていたカンナはムカつくと言って帰り出す

そのカンナを裏切り者だと言ってアンナが襲いかかる

 

カンナは自分が顔が醜いので捨てられるという

それを聞いたアンナはどうすればいいのか聞く

高久を殺せばいいということになったが、そこにハナクロが現れ、高久を殺すようにそそのかす

だがハナクロはカンナに左足を切られてしまった

 

アンナとカンナに命を狙われる高久

高久はマリに拷問を受けていた

手の甲に釘を打ち込まれる高久

次に足の甲にも釘を打ち込まれ、肩にも打ち込まれようとすると

高久の体に変化が現れる

さらに高久を切り刻むマリだった

 

夜、高久は監禁されていた

そこにアンナとカンナが現れ、高久を外に出してやる

だが高久を殺そうとする二人

高久は右腕を切られてしまった

 

「鬼畜島」9巻を読んでみた感想

高久は真梨子やマリたちの代わりにヨシフたちと戦わされようとしています

どうやら血縁者同士だと傷の治りが遅くなってしまい、死ぬ可能性があるようですね

それをうまく利用できれば、この一家を倒すことができるかもしれません

ハナクロもそれをうまく利用して一家を倒そうとしています

それぞれの思惑が絡み合い、どうなるのかまだまだ分かりませんね

 

「鬼畜島」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「鬼畜島」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「鬼畜島」の試し読みはコチラ!

 

-鬼畜島

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.