読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

監獄実験―プリズンラボ― 6巻 ~射殺される勝又と倉梨 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

勝又は娘・幸の暴行事件の真相を質すべく

津上を探し出して追い詰めるが

2人が言い合っているところで

人生に絶望した幸が屋上から身を投げてしまう

生きる意味を失った勝又は

監禁ゲーム自体に意味を失って倉梨を放置

結果、倉梨の様子がおかしくなっていく……

一方、江山は自らの迷いを断ち切るため

秋山奈美を桐島と会わせることに決めた――

監禁者、監禁相手、黒服たちの思惑が複雑に交錯し

物語が転換点を迎える慟哭の第6巻!

監獄実験―プリズンラボ―

作者:貫徹 水瀬チホ

価格:500円(税抜き)

 

『監獄実験―プリズンラボ―』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『監獄実験―プリズンラボ―』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「監獄実験―プリズンラボ―」6巻の簡単なあらすじ

彩と話す江山

江山は、監禁部屋で本を燃やしていた

しかし彩に、火でいじめられたことがなかったので

火を使っての拷問はやらなかった

江山は、彩にどうして自分をいじめたのかと聞く

彩は、江山が弱いからだと答える

江山は、レイプされたからなのかと聞き

もう元には戻れないと話す

彩は、江山と一緒にあの頃に戻りたいという

しかし江山は、彩が全部壊したので

戻れるはずがないと叫ぶのだった

 

彩は、江山は強くなったという

そしてこのゲームのことを自分が黙っていれば

江山は元の生活に戻れる話す

しかし江山はその話を信じず

燃えていた本を彩の腹に押し当てた

彩を殺すと言って、部屋を出ようとする江山に

彩はそれでもいいと答えた

 

部屋を出ると、原川がいた

なかなか彩を殺せないという江山

原川は、彩も同じで

自分ではイジメをできなかったのではないかという

そして、彩を好きだった頃のように

戻ってもいいのだと話す

 

江山は、奈美を監禁部屋に呼びたいと

原川に言った

しかし原川は、それではゲームの存在が外に知られ

本当に江山は、戻る場所がなくなってしまうと心配する

江山は帰る場所を、自分の手で壊すのだと答えた

 

失格になった勝又

勝又は、監禁部屋の前まで来ていた

あと1時間のうちに部屋に入らないと失格になってしまう

だが勝又は、幸が死んでしまったのでリタイヤするという

そして自分も死ぬのだと長峰に話す

その頃、部屋の中では、勝又がやってこないので倉梨は漏らしていた

 

翌朝、目覚めた勝又

長峰は、勝又が失格になったことを告げ

許可が出れば自宅に連れて行くという

幸に長峰が渡した本を見ていると

中に、幸の遺書が挟まっていた

自分のどこが悪いのかと考えていると

谷崎は、勝又への復讐だと言っていたと

津山が言っていたことを思い出す

だがすべてがどうでもよくなった勝又だった

長峰は、勝又に倉梨の手錠を外すカギを

勝又に渡した

 

勝又は、監禁室を覗く

しかし倉梨を助けなかった

自分の妻も不倫していたので

同じ不倫していた倉梨が許せなかったのだ

だが倉梨も勝又が裏切ったと思い

絶対に許さないと言った

 

倉梨は結婚後、子どもができると夫は女遊びを始めた

そして、夫の両親が子どもも連れ去ってしまったときに

不倫相手に出会った

だがそれは、夫の策略だった

不倫のため子どもの親権をとられた形で

離婚されてしまった

そんなときに、監禁ゲームに連れてこられていた倉梨

みんなに捨てられて、おかしくなる倉梨だった

 

彩と奈美を会わせる江山

江山と原川は、勝又のことを話していた

勝又の失格で、情報聴取のゲームは

江山の勝ちになった

原川は報酬を全部現金にすれば

人生をやり直す十分な金を手に入れられると話す

だが江山は、奈美を監禁部屋に呼ぶことにした

 

奈美のいる部屋へやってきた江山

どうして自分の家をうろついていたのか聞く

そして彩を、復讐のために誘拐したというと

奈美は襲いかかってきた

しかし、原川が奈美を拘束する

そして奈美を、監禁部屋へ連れて行った

 

彩は、また江山を強くするためにいじめたという

江山は、奈美の手錠に電流を流す

彩は、復讐するのは自分だけにして欲しいと言うが

江山は止めなかった

 

奈美は、どうして彩は江山を強くするために

いじめを始めたのか聞く

江山が好きだからだと答える彩

レイプされた自分が強くなったように

江山も辛い思いをすれば強く思ったのだ

奈美は、彩と一緒に江山に謝るという

しかし江山は彩が元凶だと言い

復讐の相手は彩一人なのだと話す

 

監禁部屋に残された彩と奈美

彩は、江山に許されるまでガマンするという

奈美は、彩に弟たちもいるので死んではダメだと言うと

彩は家に帰りたいと叫んだ

 

殺される勝又と倉梨

江山は、情報聴取ゲームの報酬の2つ目として

あるものを原川に頼む

勝又は、帰宅の許可が出たので帰ろうとしていると

江山がやってきた

本当の復讐をしたいが

復讐の相手の谷崎のことが、全く分からないという

江山は、報酬としてもらった勝又や犯人たちの情報を渡した

 

江山に情報をもらったことで

倉梨を助けることにした勝又

倉梨の手錠を外し、部屋に連れてきた

しかしそこで、倉梨は勝又に襲いかかった

勝又は、娘に暴行した犯人に

復讐してから戻ってくるという

しかし倉梨は、部屋にあったナイフで

勝又を刺そうとするが、ナイフはおもちゃだった

勝又は犯人を捕まえ、裁判にかけるつもりだったのだ

奪われた子どもがいるという倉梨

勝又は、取り戻せるように手伝うという

そして二人は一緒に帰ることにした

勝又は理不尽は連鎖するが

優しさも連鎖すると話す

 

だが狙撃される二人

勝又は、情報聴取ゲームの質問に一つも答えていなかった

その罰則だった

最後は、頭を打ち抜かれる勝又

そして倉梨も殺されてしまった

 

乱暴事件の犯人を殺しに行こうとする江山

やったのは米澤

九字間の命令で、新村の指示で二人を殺した

原川は、奈美を医務室へ連れて行く

そして、勝又が殺されたと長峰から聞く

自分の責任だと話す原川は

勝又を生かして帰すつもりだったという

 

原川は、米澤に自分の指示で動くように言うが

米澤は九字間の命令でゲームからは抜けると話す

米澤は、組織でのし上がることを考えていた

原川は、新沼に九字間からの連絡は

これから自分が受けるという

新村は、原川に本気で勝又を生かして

帰すつもりだったのかと聞く

だがその話を、江山が聞いていた

江山は勝又が死んだと知って

自分がその犯人を、殺しに行くと言い出した

 

「監獄実験―プリズンラボ―」6巻を読んでみた感想

勝又と倉梨は、最後は分かり合えたのに殺されてしまい残念でした

やはり九字間は、参加者を生かして帰る気はないのでしょうか

原川は、何か企てをしていて悪い奴だと思っていましたが

そうでもないようにも思えます

彩と江山はお互い好きだったのに

まだ江山は彩を拷問しています

原川は、二人が元のように戻れると言っていますが

江山は受け入れないですね

でも最後に殺された勝又の代わりに

暴行犯を殺しにいくと言っていますが

やはり彩をレイプした犯人だからというのもあるみたいです

まだ彩に気がある江山は

元の生活に戻ることはできるのでしょうか?

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『監獄実験―プリズンラボ―』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『監獄実験―プリズンラボ―』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『監獄実験―プリズンラボ―』を実際に読んでみましょう!

 

-監獄実験―プリズンラボ―

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.