読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

ミスミソウ

ミスミソウ 完全版 4巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

「おじいちゃん、私ね……人を殺したの――」

クラスメートにより家族を殺された少女「春花」

少女の心に、冷たい悪意が降り積もり、溢れ出したとき

雪深い田舎町で凄惨な復讐劇が巻き起こる

雪解けの後に芽吹くのは希望の花か、悲劇の徒花か――

 

「ミスミソウ 完全版」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「ミスミソウ」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「ミスミソウ 完全版」の試し読みはコチラ♪

 

 

「ミスミソウ 完全版」4巻の簡単なあらすじ

自分の過ちに気がつく春花

流美は吉絵たちが春花にやられたと思い、あのゴミ捨て場にやってきた

そこで無残な姿の3人の死体を発見する

警察に電話しようとするが、自分が放火の首謀者として捕まることを恐れ止めた

 

相場は春花と以前見た景色を見に来た

だが雪ばかりで帰ろうとする

相場は春花にずっと会いたかったと話す

殺した生徒が脳裏に浮かぶ春花

その場に座り込み泣き出す

相場は春花を支えると言ってくれた

そしてKissをして抱きしめる

 

春花の復讐を恐れる流美

流美は小黒に電話をかける

春花に殺されるという流美に、自業自得だという小黒

吉絵たちの死体を見つけ、次は自分たちだという流美

自分は関係ないという小黒に、流美は相場に春花を取られて憎かったでしょと聞く

否定する小黒は、相場は歪んだ愛情があると話す

小黒の写真を破る流美だった

 

相場の過去

相場が小さい頃、母は父からDVを受けていた

そんな父を相場はカッターで背中を切った

それから母を支えて生きてきた相場

だが母は相場を産まなければよかったという

相場はそれから母にDVを加えるようになった

 

相場の歪んだ愛情

春花の祖父は早く東京へ行こうという

しかし春花は町に残るという

生きようとしている祥子なのに、後ろ向きな自分じゃダメだと話す春花だった

 

相場は地元の高校へは行かず、東京で働くと祖母に話す

春花には自分しかいないと思う相場だった

しかし相場は燃える春花の家で祥子が焼けるところを写真に撮っていた

 

「ミスミソウ 完全版」4巻を読んでみた感想

これまで放火をした生徒たちに復讐をしてきた春花

でも相場の言葉で自分が後ろ向きな気持ちで生きていることに気がつきます

前向きに生きようと考えている春花ですが、相場の方がどうもおかしいようです

小黒が春花に相場から離れるように言うのは、単に春花が好きだからだと思っていました

でも母親にDVを加えたり、祥子が火事で焼かれてしまっているところを写真に撮っています

小黒のいうように本当に歪んだ愛情を持っているようですね

ようやく前を向こうとしている春花ですが、なんだか悪い予感がしますね

 

「ミスミソウ 完全版」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「ミスミソウ」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「ミスミソウ 完全版」の試し読みはコチラ!

 

-ミスミソウ

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.