読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

痴情の接吻 4巻 ~岳から和華と打ち合わせで盛り上がったと聞いて余裕をなくしてしまう忍 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

『痴情の接吻』4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『痴情の接吻』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で『痴情の接吻』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

🔻絵付きで『痴情の接吻』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

 

「痴情の接吻」4巻の簡単なあらすじ

忍のメガネを壊してしまった和華

和華は本の移動をしている最中に、忍のメガネを踏んで壊してしまった

忍は謝る和華がケガをしなかったかと心配してくれたので、和華は一緒にメガネ屋に連れていってあげることにした

しかしメガネはすぐには直らないと判明し、メガネがない忍を、和華は手を繋いで連れて帰った

 

和華はメガネがなくて目がよく見えない忍のために、料理を作ってあげた

忍はお風呂の入ろうとすると、和華に服を脱がせてと頼んできた

忍の服を脱がせて、背中を洗っていた和華だったが、忍は滑ったと言って和華に抱きついてきた

和華はお風呂でのセックスを期待してしまったが、忍はそのままお風呂から出ていってしまった

 

忍は和華がよく見えなくてもセックスしたいと求めてきたので、和華は忍をベッドに押し倒した

そして忍に馬乗りになって挿れた和華は、腰を動かしながら好きだと言いながらキスをしたのだった

翌朝、和華は忍がコンタクトをしていたと知って、ヤラレタと思ってしまった

 

忍の前で官能小説の朗読練習をする和華

月一の朗読会を終えた和華は、風邪で休んだ吉川の代わりに、大人の朗読会を頼まれてしまった

帰宅した和華は、官能小説を朗読しなければならないと忍に話すと、忍は自分を相手に練習するように言った

恥ずかしがりながら官能小説を読む和華だったが、忍はそんなたどたどしさでは、内容が頭に入らないと注意した

 

和華は忍に読むように求めると、忍は痴人の愛を読み始めた

忍は痴人の愛の主人公に共感するというと、本当は和華に官能小説を朗読させたくないと言った

忍のその言葉を聞いた和華は、忍が嫉妬しているのだと知って快感を覚えてしまった

そして忍の朗読をとめた和華を、忍は和華に自分の痕を残すと言いながら…

 

吉川は風邪が治ったので、和華は朗読せずに済んだ

すると吉川は、忍から薬膳茶をもらったと聞いた

自分の担当の朗読会には忍が来ていて、顔を赤くしながら朗読する和華は、思わず忍の痕を思い出してしまうのだった

 

司書になりたいという和華がまぶしく見えた忍

高校時代の忍は、女の子から告られてフラれていた

相手に合わせているつもりの忍は、どうしてなのかが分からないでいた

そんな忍と同じクラスの和華は、美人で男の子にモテていたが、本にしか興味を示していなかった

忍は先生になんの夢も希望もないと話すと、器用貧乏だと言われてしまった

 

何も夢中になれるものがないでモヤモヤしていた忍は、教室で本を読んでいた和華に一瞬みとれてしまった

忍は和華に将来の夢を聞くと、和華は司書になりたいと答えたが、そんな和華の姿は忍にはまぶしく見えた

帰宅した忍に両親はドイツ行きを伝えてきたが、やはり忍の胸の中はモヤモヤしていた

 

⇒『痴情の接吻』の無料試し読みはコチラ

 

ツンデレな和華を守ってあげたいと思った忍

忍は教室で他の女子生徒に彼氏にちょっかいをだされたと絡まれていた、和華を発見した

それで忍は、話題を逸らして和華を助けてあげた

忍が図書館にやってくると和華がいたが、体調が悪そうな忍を見た和華は、自分にもたれかかって休むように言った

1時間ほど休めた忍に、和華は絡まれていたところを助けてくれたとお礼を言ってくれた

そんな和華に忍は、自分は器用貧乏で中途半端だというと、和華は気遣いをしてくれる忍のことを褒めてくれた

ツンデレな和華を見た忍は、そんな和華を守ってあげたいと思ったのだった

 

忍は昔のことを夢で見たので、目を覚ますと和華を抱きしめキスをした

そして自分のモノになった和華を、愛しぬくと思いながら…

 

余裕をなくした忍を初めて見た岳

和華は岳と、2回目の講演会の打ち合わせをしていた

岳がいて助かっているという和華を見て、岳はやっぱり和華はいいけど、やはり自分に食いつかないと思っていた

本当は高校時代から和華のことが好きだった岳は、和華に告ろうとしたが、そこに忍が現れた

 

3人で食事を食べに行くことになったが、岳は忍は高校時代は気に食わなかったと言った

モテていた岳だったが、忍が来て女の子の気は忍に向かってしまった

それに忍の感情が見えなかったという岳に、忍は余裕の表情で岳は分かりやすいと言った

しかし岳が、源氏物語の話で和華と話が盛り上がったというと、忍は嫉妬の表情を見せた

余裕がなくなった忍を初めて見た岳は、忍も和華には余裕がなくなるのだと思ったのだった

 

帰宅すると和華は、岳とは何にもないと言ってきた

和華は最近、シテないと顔を赤くしながら言い出したので、忍は和華をベッドに押し倒すと…

 

⇒『痴情の接吻』の無料試し読みはコチラ

 

「痴情の接吻」4巻を読んでみた感想

器用貧乏な忍は女の子にモテていましたが、何を考えているのか分からないと言われてフラれていました

そんな忍は、本にいつも熱中している和華がまぶしく見えたみたいですね

そんな想いをずっと持ち続けていた忍は、和華を独占したくて余裕がなくなるようです

岳はそんな忍につけいる隙はあるかもと思っていますが、難しいでしょうね

最後にまた謎の男が、和華に目をつけたようです

恐らく和華に近づいてくるハズですが、忍がどんな反応を見せるのかがとても楽しみですね

 

>>『痴情の接吻』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『痴情の接吻』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『痴情の接吻』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『痴情の接吻』を実際に読んでみましょう!

 

-痴情の接吻

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.