読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

惡の華

惡の華 11巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

常磐(ときわ)と生きていくため、仲村(なかむら)に会いに行くと決めた春日(かすが)

海沿いの町で穏やかに暮らす仲村と、春日は3年半ぶりの再会を果たす

夏祭りの日、あの瞬間まで春日は信じていた

仲村と二人“クソムシの海”から抜け出すのだと……

それは、ずっと春日の心を過去に縛り付けていた疑問

かつて二人で見た夕焼けと同じ空の下、春日はあの時

自分を突き飛ばした理由を仲村に問いかけるが……!?

 

「惡の華」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「惡の華」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「惡の華」の試し読みはコチラ♪

 

 

「惡の華」11巻の簡単なあらすじ

仲村にあのときのことを聞く春日

春日と会った仲村はそのまま家の中に入っていってしまった

仲村の母は仲村をそっとしておいて欲しいといった

しかし常磐は少しだけ仲村と話しをさせて欲しいというので

店の前の海岸で待つことになった

 

海岸で待つ春日と常磐

常磐は中途半端にしないように春日に求める

そこに仲村がやってきた

あの後のことは忘れたという仲村

春日はどうしてあのとき自分を突き飛ばしたのか聞く

忘れたという仲村

 

気持ちをぶつけ合う3人

仲村は常磐と付き合っているのかと尋ねる

そうだと答える春日

みんなと同じ道を選んだと言って仲村は去ろうとする

 

しかし常磐が仲村を呼び止める

まるで自分の過去を見ているようだという

仲村には春日と生きていく道があると言って、春日のほうへ振り返る

 

春日は去ろうとする仲村を投げ倒した

そして自分は何もつかまえられないという

春日は仲村が消えないでいてくれてうれしいと言った

 

仲村は春日をぶん殴り、海へと引きずり込む

常磐もそこに加わった

散々暴れた3人は海岸に仰向けになっていた

仲村は二度とくるなと春日にいった

ありがとうと答える春日

 

あのときのことを書く春日

春日は大学の文学部に入った

春日の住む部屋にやってきた常磐

常磐は春日にノートに何か文章を書いてみるように勧める

春日は常磐のように書けないと言って、常磐の小説は最高だったと話す

そして常磐は春日の部屋に泊まった

 

それから常磐は文学の道に入り、賞も獲った

春日も就職して働く

そして二人は結婚して子どももできた

佐伯も結婚し、亜衣とも再会する

仲村は母の店を手伝っていた

そして仲村は父とも再会する

 

寝ていた春日は目を覚ます

そしてノートを開いて書き出した

あの時のことを…

 

「惡の華」11巻を読んでみた感想

仲村と再会した春日は、自分の気持ちをぶつけることができました

それによって春日は前に進めました

春日だけでなく仲村も、あのときのことが心に引っかかっていたことでしょう

これで過去のことがすっきり無くなる訳ではありませんが、それは誰でも同じことです

春日はこれからも過去のことを抱えながら常磐と暮らしていくことでしょう

 

「惡の華」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「惡の華」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「惡の華」の試し読みはコチラ!

 

-惡の華

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.