読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

惡の華

惡の華 9巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

「常磐を仲村の代わりにしている」佐伯の言葉を否定できず、思い悩む春日

その間に、常磐が晃司と仲直りをしたことで、二人の関係はよそよそしいものへと変わってしまう

小説を書くことにも自信をなくす常磐を必死に励ます春日だが、その思いは届かず……

逆に、春日に謝りたいという晃司に会ってほしいと言われる

“逃げつづけたくない”春日は、常磐たちのバイト先へ向かうが……!?

 

「惡の華」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「惡の華」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「惡の華」の試し読みはコチラ♪

 

 

「惡の華」9巻の簡単なあらすじ

晃司と仲直りする春日

授業中も佐伯の言葉が頭から離れない春日

他の生徒は常磐が晃司が別れそうと噂になっていた

しかし常磐は晃司と仲直りしたという

小説もあまり進んでいない様子

 

常磐は晃司だ春日に謝りたいと言っていると伝える

春日は晃司に会うことにした

カフェで晃司と会う春日

晃司は春日に謝ってきた

これから変わるという晃司は、春日と仲直りの握手をした

 

帰りに常磐は春日が別人のようになったという

春日は常磐の小説を読んでみたいと言うが

常磐はまだ読んでもらえる段階ではないと話す

別れ際に春日は常磐に何か言おうとしたが止めた

 

常磐に告白する春日

クリスマス・イブの日

一人帰る春日は、常磐にメールをしようとする

しかし心の中が自分が何かに依存しているという

仲村が見える春日

心の黒いものを潰した春日

 

常磐と付き合う春日

春日はカフェに駆け込んできて、常磐に告白する

春日は常磐の中の幽霊を殺すという

常磐は晃司に別れを告げた

そしてカフェも辞めてしまう

帰りに二人は手を繋ぎ、抱き合った

 

正月になり、春日は常磐の家に行った

小説を読みたいというが、まだだと断られる

小説を書く常磐

そして二人は散歩に出かけた

夕日を見て春日は自分だけ幸せでいいのかと泣く

常磐は自分も幸せだという

家に帰った春日は、両親に大きな声でただいまと言った

 

自分と向き合うため群馬へ

二人に交際は続き、常磐は小説を書き続けた

小説もあと少しだという常磐

東京の大学で文学部で学びたいと話す

 

常磐は春日の生まれた町に行ってみたいという

中学時代に春日に何かあったと気づいていた常磐

しかし春日は常磐に迷惑をかけたくないと言って断った

春日は常磐に絶対に裏切らないと言って別れた

 

群馬の祖父が倒れたため父が行くことになった

春日も群馬に行くことにした

3年前のことに向き合うと両親にいう春日だった

 

「惡の華」9巻を読んでみた感想

春日は常磐に告白しましたね

その上で3年前の仲村とのことに向き合うことを決意しました

やはり佐伯に常磐まで不幸にすると言われたことがずっと心に残っているからでしょう

これまでいろいろ悩み苦しんできた春日ですが

群馬の生まれ故郷で3年前のことに向き合って乗り越えられるでしょうか

春日はどうするのか次巻の展開に注目です

 

「惡の華」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「惡の華」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「惡の華」の試し読みはコチラ♪

 

-惡の華

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.