読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

惡の華

惡の華 6巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

「……春日(かすが)くん、明日捨てようか……これからの人生全部」

――佐伯(さえき)に秘密基地を燃やされ、途方にくれる春日

だが、仲村(なかむら)のためにも夏祭りを諦めきれず、計画実行を模索する

そんな彼の前に、基地の燃え跡に残された「計画書」を携えた警察がやってくる

そのノートには春日、そして仲村の名前が記されていた!

少しずつ焦り、追い詰められる春日の前に、髪を切った佐伯が現れ……!?

 

「惡の華」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「惡の華」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「惡の華」の試し読みはコチラ♪

 

 

「惡の華」6巻の簡単なあらすじ

外出禁止になった春日

夏祭りが近づいてきて焦る春日

待ち合わせの場所には仲村は来なかった

 

春日に家に警察がやってきた

河原でのことを聞かれる春日

警察は河原に落ちていた計画書を見せる

春日と仲村の名前が書いてあるという警察に、知らないと答える春日

 

父親は春日を外出禁止にする

警察に全部話して罰を受けるべきだと父親は言った

夜、春日は出かけようとすると父親が止めようとする

だが今やらなければならないという春日

妥協して生きている父親もクソムシだと言い放つ

父親はそれでも出て行こうとする春日を頬を叩いて止める

 

やってきた佐伯

家に佐伯がやってきた

髪をショートカットした佐伯

自分の心に従ってしただけだと話す佐伯

誰も特別ではないという

春日に自首して罰を受けるようにいう

 

だが春日はまだやれるという

しかし佐伯は自分と春日がセックスしたと聞いた仲村は震えていたと話す

仲村もただの女の子だというのだ

佐伯は不幸にするのは自分だけにして欲しいと春日に頼む

もう一度セックスしようという佐伯

だが春日はそれを振り払い、向こう側は必ずあるという

佐伯はこの世界はどこまで行っても灰色だと言って去って行った

 

春日は佐伯の言っていたことは正しいと思っていた

それならば仲村を救うことが自分の向こう側なのだと考えた

夜、亜衣が家にやってくる

佐伯が警察に、河原の放火のことで自首をしたのは春日のせいだという

秘密基地のことを全部バラすと言って去っていった

 

すべての原因が仲村になる

すべてがバラされた春日は、両親に連れられて警察や学校を回っていた

学校ではどうしてやったのか聞かれる春日

クソムシな町や自分を変えるためにしたと説明する

しかしすべては仲村にさせられていたということが噂で広がっていた

全部が仲村が原因だということになってしまっていた

 

春日はそうした決めつけが仲村は許せなかったのだと話す

そこに仲村の父親がやってきて謝罪する

母親そっくりだという父親

春日はそれで帰された

 

春日を連れ去る仲村

父親は引っ越しをするという

この町でやり残したことがあると話す春日

しかし母親はこんな子どもにするために育ててきたのではないと言って泣いた

 

どうしたらよかったのだと思って泣いていた春日

すると仲村がやってきた

ついてくるように言う仲村は、春日の父親をバットで殴り春日とともに出て行く

 

仲村は廃ビルに春日を連れてきた

春日を全裸にさせる仲村

仲村は春日の胸を引っ掻く

春日は仲村の向こう側は仲村の中にあると言って、助けたいと話す

 

仲村は向こう側は無かったと言って、春日に自分を殺すように頼む

春日は仲村を抱きしめ泣き叫ぶ

仲村は明日の夏祭りで人生を捨てようと言った

 

夏祭りの作戦

夏祭り当日

包丁と灯油、ライターを買うことにした二人

決行はテレビ中継もある時間にした

 

夏祭りが始まった

テレビ中継も始まる

そこに春日と仲村が侵入する

二人は集まっていた人たちに叫んだ

 

クソムシどもッ

 

「惡の華」6巻を読んでみた感想

ついに二人は作戦を決行しました

それによって二人は自分たちの中にある向こう側を見つけられるのでしょうか?

普通に考えれば佐伯などが言っていることが普通です

でも人生を捨てる覚悟のある二人はこれで満足かもしれません

これで二人がどうなっていくのかは、分かりませんが次巻がどうなるのか注目したいですね

 

「惡の華」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「惡の華」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「惡の華」の試し読みはコチラ!

 

 

-惡の華

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.