サターンリターン 3巻 ~自分のせいでアオイは死んだかもというさほに何人にもプロポーズしていたと教え水をぶっかけられてしまう理津子と のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『サターンリターン』を3巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『サターンリターン』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で、『サターンリターン』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

🔻絵付きで『サターンリターン』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

 

「サターンリターン」3巻の簡単なあらすじ

さほに水をぶっかけられてしまう理津子

小出はアキバの話を聞いていたが、アキバが眠ってしまったので理津子に電話をかけた

すると理津子はさほに熱海で会うと言い出したが、そこに起きてきたアキバが熱海に常宿があると言ってきた

 

熱海の駅の待ち合わせ場所で、アキバに挨拶をした理津子だったが、アキバは小出に理津子は相手次第で変わってしまう水鏡みたいだと言った

アオイが最後に付き合っていたさほも一緒に、アキバの常宿に行って飲みながら4人で話をして始めた

さほはアオイが理津子の妹とも付き合っていたと話し、自分が子どもや結婚を拒んだのでアオイは死んでしまったのかもしれないと言った

しかし理津子が、アオイにプロポーズされたのはさほだけじゃないと言うと、さほは理津子に水をぶっかけてしまった!!

 

さほは理津子が変わったように見えるが、自分が正しいと思っているところは変わっていないというと、そのまま部屋を出ていってしまった

理津子はビショビショになったのでお風呂に入っていると、アキバがネコがいなくなったと騒ぎだした

その上さほのバックから大量の睡眠薬が見つけてしまったので、理津子はさほを捜しに向かった

 

理津子は勝手に他人の自転車を借りて、さほを捜していたが途中でコケてしまった

するとさほの声が聞こえてきたので、声のするほうに行くと、さほはアキバのネコを捜して足を挫いていた

理津子は小出に電話をかけてさほと話していた

さほはアオイが自殺したので消えたいと思っていたが、アオイが他の女にもプロポーズしていたことを聞いて、安心した自分もいてイヤになっていたと言った

 

警察に逮捕されて起訴されそうになる理津子

さほの話を聞いていた理津子は、さほをこんな所からは抜けだそうと言ってさほを抱え上げた

小出が理津子たちを探していると、なんと理津子が警察に捕まったと連絡を受けた

 

自転車泥棒で捕まっていた理津子だったが、被害者の男性は理津子の言葉にキレて起訴すると言っていた

小出も駆けつけてきて、アキバのネコを探していたからと話すと、なんとか被害者の男は許してくれた

小出はさほと理津子を待っていると、そこにハヤトからアオイの携帯から電話があったと連絡が入った

そして宿に戻るとさほは小出に、アオイは現実的な男で、女好きだが男に認められたかったのだろうと言った

 

理津子は警察から釈放されると、ネットカフェで原稿を書いていたが寝落ちしていた

そしてアオイと車でドライブしていて、鹿を轢いてしまったときのことを夢見ていた

小出も同じネットカフェに泊まっていて、理津子は小出と服を買いにいった

理津子はハヤトに電話をかけてきたのは、アオイの妹のえみだろうと言うと、ハヤトの彼女と会うことに決めた

 

⇒『サターンリターン』の無料試し読みはコチラ

 

理津子がアオイの小説のネタにしていたと責めるえみ

ハヤトのいるホストクラブへ行くと、そこにはハヤトの彼女の美優とアオイの妹のえみがいた

えみが未成年だということもあり、理津子はカラオケボックスに場所を変えた

美優は男なんて人よりちょっと上に立ちたいと思っているだけで、女に迷惑をかける存在だと言った

理津子も歌いながら男は身勝手だと言っていると、えみは理津子と美優にアオイが死んだ責任はどう取るつもりなのかと聞いた

 

えみは理津子に、小説でアオイが自殺したがっていることを書いたと責めた

美優はアオイに理津子の本を読むように薦められていて、アオイが死にたがっていることをその本で知ったと言った

するとえみは、自分がアオイが自殺しているのを発見したことを話し、理津子に小説のネタにする以上にアオイのことを考えていたのかと聞いた

 

理津子を捨てて妹の菜穂子に手を出していたアオイ

理津子は、彼氏だった安藤に捨てられてしまって、そのことをアオイに話した

するとアオイは、落ち込んでいた理津子をドライブに行こうと誘ってくれた

理津子はアオイに、5秒間だけ目をつむって死の恐怖を味わってみようと提案した

しかし二人がそれを実行すると、なんと鹿を轢いてしまった

 

理津子は、轢いてしまった鹿を川岸に引きずっていくと、まだ息のあった鹿はキィーと鳴き声をあげた

そんな鹿をアオイは、石で殴ってトドメを刺して、こんなことをした自分たちはきっと地獄に落ちるだろうと言った

すると理津子は、泣きながらアオイにセックスをしようと言って、アオイとラブホへと行った

理津子はそれからずっとアオイにセックスを求め続け、ラブホ代も支払っていたので小説の賞金もほとんど尽きてしまった

 

ラブホでセックスした後、ファミレスで食事をして帰っていると、理津子の妹の菜津子をアオイは見つけた

そして理津子は、アオイが他の女とも付き合っていることを責めると、アオイは理津子がつまらない女になったと言って一方的に理津子を捨ててしまった

理津子は落ち込みながらも部屋で原稿を書いていると、そこに菜穂子が彼氏ができたと言ってやってきた

菜穂子は彼氏は理津子の知っている人だというと、相手はアオイだと言った!!

菜穂子が部屋を去った後、理津子に出版社から単行本発行が決まったと連絡がきたが、理津子は完全に放心状態だった

 

理津子はそのままちょっと出かけてくると言って、そのまま大阪を去ってしまった…

 

⇒『サターンリターン』の無料試し読みはコチラ

 

続きはコチラ👇

サターンリターン 4巻 ~不動産屋で働いていたしおりに近づきヒモになって暮らしていたアオイ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「サターンリターン」3巻を読んでみた感想

アオイは思っていた以上にヤバそうな奴ですね

死ぬ間際に何人もの女性にプロポーズしていただけでも異常ですが、理津子を捨てた後に高校生の妹にも手を出していたようです

理津子と付き合っていたときも、ラブホ代や食事代も全部理津子に支払わせていて、理津子の小説の賞金がなくなったタイミングで捨てています

普通に見れば完全にひも野郎で、自分の気分で女性を捨てていたみたいです

そんな奴がどうして自殺してしまったのかはまだ分かりません

普通なら死んでしまった理由探しなんてする必要はないように思いますが、まだ理津子は続けるでしょう

単なる小説のネタにするだけならいいですが、理津子もかなり精神的に不安定なところもあるのでやはり心配ですね

 

>>『サターンリターン』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『サターンリターン』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、『サターンリターン』と検索すれば、無料で試し読みをすることもできます

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って、『サターンリターン』を実際に読んでみましょう!

 

-サターンリターン

© 2020 まんがコミック大好き日記