読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ 6巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

瀬島によってサヨリは死神と呼ばれる女になった

蓮花はチヌを陥れようとするも、女中の信頼を得たチヌには敵わなかった

かつて人気女中だったシノは、ボケて病院送りになる

 

「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「声なきものの唄」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「声なきものの唄」の試し読みはコチラ♪

 

 

「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」6巻の簡単なあらすじ

心中する男女

シノの残したネコを追いかけていた美緒

西悔楼の女郎の光子と簪職人の伸夫が一緒にいるところを見つける

美緒を見つけ逃げ出す光子

追いかける伸夫は美緒とぶつかってしまいます

伸夫は足をくじいてしまった美緒をおんぶしてくれた

 

落としていった簪を返すために伸夫を追いかける美緒

伸夫と光子は幼なじみで光子は売られてしまったが、ようやく突き止めたという

しかし伸夫も貧しいので、眺めているだけだと話す

 

美緒が西悔楼に行っていたことはバレていて怒られてしまう

巴からも伸夫たちに関わらないほうがいいと言われてしまいます

 

美緒は街で光子と会い話をする

二人は結婚する予定だったが、売られてしまったという

西悔楼では借金が減らないような仕組みになっていて、むしろ増えていた

 

また光子に会った美緒だったが、光子は店を移ると口走る

だがそれを伸夫に言わないように口止めされる

 

またネコを追いかけていた美緒は、西悔楼の主人に絡まれてしまう

そこにやってきた伸夫に助けようとして中に入ってきた

伸夫は光子が店を移ると聞いてしまう

泣き崩れる伸夫

美緒は光子が移る日を教えた

 

だが伸夫と光子は心中してしまった

伸夫が切りつけたが、光子は笑っていたという

その直後に伸夫は首を切り自殺した

 

余計なことをしたと思い嘆いていた

そんな美緒にネコは寄り添ってくれた

 

後藤田の妹・朱鷺子

後藤田に買収された会社の社長の唐沢が来ていた

だが後藤田は相手の話を聞かずに追い返してしまった

 

そこに後藤田の妹の朱鷺子が現れる

東陽楼を性悪女と詐欺師の巣窟と罵り、後藤田を連れていかれる

最近、朱鷺子は子どもが産めないということで、嫁ぎ先から追い出されたらしい

 

公三郎と釣りをしていたチヌ

そこに蜂に襲われ柵から落ちた朱鷺子を発見する

二人は朱鷺子を助け出した

だが朱鷺子はチヌに汚らわしいといって罵るのだった

 

公三郎が朱鷺子を家まで送り届ける

だが朱鷺子に、チヌを侮辱するような人とは二度と会わないと言って去っていった

後藤田に八つ当たりする朱鷺子

 

後藤田はチヌと公三郎に謝罪に行った

朱鷺子の態度は、嫁入り先で子どもができず、芸者が旦那の子どもを産んでしまい家を出てきたからだと話す

妹に弱い後藤田は、朱鷺子が一番悔しいだろうという

 

朱鷺子の前に夫が現れた

朱鷺子は夫とつかみ合いになり、夫は帰っていった

これまでのことを思い出す朱鷺子

 

東陽楼に朱鷺子がやってきた

自分が女郎ならよかったと話す朱鷺子に女郎のことを話す巴

種を代えてみたらと巴に言われ、顔を青ざめて帰っていった

 

レイプされる朱鷺子

泣きながら帰る朱鷺子は何者かに拉致される

 

下働きのカヨは朱鷺子が拉致されるのを見ていた

だが男たちに口止めされていた

 

朱鷺子は男たちにレイプされていた

首謀者は唐沢だった

チヌたちが駆けつけてきたが、朱鷺子はボロボロにされて置き去りにされた状態だった

 

東陽楼へ朱鷺子を連れてきた

そこに後藤田がやってくる

だが朱鷺子は兄を拒絶するのだった

夜には会社や家まで燃やされてしまう

 

保険に入っていたので損失にはならなかったが

当分、旅館などで暮らさなければならない

朱鷺子の話から唐沢が犯人だと分かる

チヌは朱鷺子を見舞うが、どうしてあんたじゃなかったんだ

と言ってしまう朱鷺子

チヌは本当に代われたらよかったのに

と言って涙を流した

 

立ち直る朱鷺子

朱鷺子がレイプされたことが噂として流れていた

それを知り朱鷺子は自殺を図るが、チヌが止めようとする

公三郎が刃物を手で止め、朱鷺子は汚れていないという

それを聞いた朱鷺子は泣き崩れた

 

後藤田は唐沢を追い詰めていた

だが唐沢から、悪事をしているなら自分にも返ってくることを覚悟しろと言われてしまう

その隙に唐沢は逃げてしまった

 

朱鷺子は回復した

自分の世話をしてくれた看護師の姿を見て、自分もなろうと決めた

チヌや巴たち女郎をなぜ見下していたのだろうと思う朱鷺子だった

 

「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」6巻を読んでみた感想

光子と伸夫は心中してしまって残念でしたね

光子は伸夫を遠ざけようとしていたのは、こうなることが分かっていたからでしょう

でも最期は笑っていたので本望だったのかもしれません

後藤田は悪事を行っていたツケが回ってきた感じですね

でも男たちにレイプさてた朱鷺子は可哀想でした

そんな朱鷺子は一時は自殺も図りますが、最後は看護師を目指して前に進もうとしていて安心しました

 

「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「声なきものの唄」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「声なきものの唄」の試し読みはコチラ!

 

-声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.