読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

健康で文化的な最低限度の生活

健康で文化的な最低限度の生活 6巻のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

 

大反響!「アルコール依存症編」ついに完結

生活保護に関わるケースワーカーとして日夜、働く新卒公務員・義経えみる

アルコール依存症の疑いがあると診断されたえみるの担当受給者・赤嶺さん

急性膵炎で入院した彼に「禁酒して体を治そう」と提案するえみるだが、飲酒と荒んだ生活はおさまらない…

赤嶺さんを理解しようと「断酒会」を訪れたえみるは、アルコール依存症が病気だと分かり始めるが…

その矢先、部屋で倒れる赤嶺さんを発見して!?

雑誌掲載時に大きな話題を呼んだ「アルコール依存症編」完結

誰もの身近にある、この病の本質に迫る問題作、登場!

 

「健康で文化的な最低限度の生活」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みできます

サイト内で「健康で文化的な最低限度の生活」と検索すればすぐに読み始められます

⇛無料で「健康で文化的な最低限度の生活」の試し読みはコチラ♪

 

 

「健康で文化的な最低限度の生活」6巻の簡単なあらすじ

アルコール専門の病院へ転院になる赤嶺

倒れた赤嶺を助けるため救急隊を呼ぶえみる

半田は介入のチャンスだという

病院の人には膵炎の治療の後にアルコール治療につなげたいと話すえみる

 

赤嶺は医者からアルコール依存症だと診断される

医者からは多くのお金が出ていると言われる

赤嶺はアルコール専門の病院へ転院となった

 

病院に赤嶺の兄がやってきた

兄は亡くなった母が赤嶺を心配していたと話す

最後の言葉も赤嶺を心配する言葉だった

兄は治療しても無駄だとえみるにいう

えみるは1からやり直そうと赤嶺に話す

 

赤嶺はアルコール専門の病院へ移ったが、治療にあまり乗り気ではない

えみるに言われて来ただけだという

 

 

年度末、援助方針をまとめるため休日出勤するえみる

皆も同じく出勤していた

なんとか期限内にまとめることができた

保護課の山内から赤嶺のことを聞かれる

アルコール依存症は否認の病だと話す山内

多くの人がまた飲酒をするので、これから支援者として試されるという

山内はかつて支援していた人が自殺していた

自分も相手もアルコール依存症のことが分かっていなかったと話す

 

赤嶺の部屋を片付けるえみる

小島は地域振興課へ異動となった

えみるももう1年働いている

自分が人の暮らしや命を守ることができているのかと考えてしまう

 

新任のみなみが入ってきた

先輩らしいことを見せようと思うえみる

 

赤嶺はまだ入院していた

周りの患者はまた酒を飲んでみんな戻ってくると話している

赤嶺の今の部屋の状態ではまた酒を飲んでしまう

そのためえみるたちは部屋を片付けにいくことになった

民生委員の人にも手伝ってもらいなんとかキレイな部屋に戻ってきた

赤嶺はこの部屋の戻ってきて働くと話す

いつか娘にまた会いたいという

 

再飲酒する赤嶺

そして赤嶺は退院した

医者からは生活が安定するまで就職活動は控えたほうがいいとアドバイスを受ける

だが赤嶺本人は働きたいと話す

 

赤嶺をAA(アルコホーリクス・アノニマス)へ連れて行くえみる

働きたいという赤嶺に、AAの人は絶対に飲んでしまうと話す

それでも働くという赤嶺

数日後、赤嶺は飲み屋で働いていた

 

飲み屋で働いている赤嶺を心配するえみる

半田は一度医師に相談するようにアドバイスをする

赤嶺は次第に仕事でのストレスが溜まっていた

そしてまたお酒を飲んでしまう

 

失踪した赤嶺

赤嶺は施設に顔を出さなくなった

えみるが自宅を訪問するが留守だった

だが部屋を覗くとお酒のカップを見つける

そして赤嶺は失踪した

 

えみるは偶然、川で釣りをしている赤嶺を見つける

逃げ出す赤嶺

キレるえみるに赤嶺は自分はダメ人間だという

えみるはびしょ濡れで赤嶺を福祉事務所に連れてきた

赤嶺とえみるの二人は施設に謝りに行った

施設長の人はまた1からやり直せると赤嶺にいう

まず1日酒をやめることを考えるようにアドバイスする

酒にではなく人に頼らなければ、また元の生活に戻ってしまう

えみるは自分が赤嶺にとって、相談できる相手ではなかったのだと感じる

命があるのだから、一日ずつ積み重ねていけばいいという施設長だった

 

これからも寄り添うえみる

赤嶺は妻子の夢を見る

えみるは支援者も一人ではないと知る

断酒会の武井の見舞いに行くえみる

武井に赤嶺が自助グループに通っていることを話す

それを聞いた武井はえみるはがんばったという

えみるはこれからも赤嶺の回復を信じて寄り添うことになる

 

「健康で文化的な最低限度の生活」6巻を読んでみた感想

アルコール依存症は回復がとても大変な病気ですね

まず自分が弱いと認めなければいけません

これはでも病気でない人も同じかもしれませんね

どんなことでも一人の人間は弱い者です

それを認められる人が強い人間なのでしょうね

えみるの頑張りもあってお酒と向き合えるようになった赤嶺は回復して欲しいですね

 

「健康で文化的な最低限度の生活」を読んでみたい人はまんが王国で無料試し読みもできます

サイト内で「健康で文化的な最低限度の生活」とぜひ検索してみてください

⇛無料で「健康で文化的な最低限度の生活」の試し読みはコチラ!

 

-健康で文化的な最低限度の生活

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.