読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

血海のノア ~ 3巻 ~ウシロの首を見つけ何かの吸血鬼の力が覚醒し始めたカケル のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『血海のノア』を3巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『血海のノア』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「血海のノア」3巻の簡単なあらすじ

吸血鬼になってしまったカケル

ウシロは、幼い頃からいつもイジメられていた

それをいつもカケルが助けてくれていた

 

カケルにノアの父親は心の準備はいいかと訊ねると、召使いの女がカケルの首筋に噛みついた

それを見届けたノアの父親のカイザーは、カケルに友達を助けることなんて思わないことだと忠告して去っていった

カイザーが去ると、召使いの女は自分たちに時間がないと言いながら、カケルの首の傷を自分の血で治したが、急にカケルは頭が痛くなってしまった

 

ゆずるの父親の血を飲む陽にカケルにいう召使いの女

コイケがトマを助け出して戻ってきたが、ウシロは首を斬られて死んでいた

気絶していたゆずるの父親が目を覚ますと、倒れていたカケルを連れて部屋から逃げだそうとした

目を覚ましたカケルは、テーブルにあった肉の匂いを嗅いでも、全く美味しそうに感じなかった

 

そして近づいたゆずるの父親に、近づかないように言っていると召使いの女が戻ってきた

召使いの女はゆずるの父親を食べるようにいうと、吸血鬼のことを説明しだした

そしてゆずるの父親の腕を傷つけ血を飲むように言っても、カケルはなかなか飲もうとしなかった

しかし召使いの女は、30分以内にゆずるの父親の血を飲み干さなければ、カケルも死ぬことになると脅した

 

召使いの女は上位の血族には逆らえないのだと言いながら、ゆずるの父親の腕を引きちぎってしまった

それでも血を飲むことを躊躇うカケルに、ゆずるの父親は自分の血を飲むようにいうと、カケルはゆずるの父親の首筋に噛みついて血を飲み出してしまった!

 

⇒『血海のノア』の無料試し読みはコチラ

 

ウシロの首を見つけて吸血鬼たちを惨殺し始めるカケル

幸一郎はゆずるを解剖しようとしていると、そこにプールで倒れた吸血鬼たちが運び込まれてきた

幸一郎はゆずるをあかりのいる檻にいれると、運ばれてきた吸血鬼たちを見てアレルギー反応が出ていると言った

その頃、ピエロの吸血鬼は他の吸血鬼たちに犯人だと疑われていた

そこにやってきたメリアがうしろの首を投げつけ、ウシロが犯人だと言った

メリアが他の吸血鬼たちをバカにしたので、他の吸血鬼たちはキレだしたが、そこにカイザーがやってきた

 

カイザーは他の吸血鬼たちに頭を下げて謝ると、違反者には死を与えると言った

その言葉を聞いた吸血鬼たちは、一斉にカイザーに跪いた

そしてカイザーは幸一郎に後のことを任せると、その場を去って行った

 

シェーンのところに、血だらけのカケルがやってきた

カケルを見たシェーンは、吸血鬼に移行中のカケルを見て、上に吸血鬼に確認をとることにした

シェーンが電話をかけ始めると、カケルはテーブルに置いてあったウシロの首を見つけてしまった

 

するとカケルは、シェーンをぶん殴ると、なぜか最下位の吸血鬼のはずのカケルの視線で、シェーンたちが動けなくなってしまった

そしてカケルは、そこにいた吸血鬼たちをぶっ殺してしまった

 

カケルに何か違和感を感じるトマ

あかりは檻から逃げ出そうとしていたが、なぜか檻のカギはゆずるの手を近づけると開いてしまった

そして外に出てみると、なんと大量の吸血鬼たちが惨殺されていた

 

コイケはトマを連れて救命ボートのある所まで来ていたが、ボートの動かし方が分からないでいた

しかしトマが目を覚ました瞬間に、吸血鬼のパオラに見つかってしまった

パオラがトマの目の前で、コイケをなぶり殺しにしようとしていると、そこにやってきたカケルがパオラの首を引きちぎって殺してしまった

 

トマはカケルが生きていたので喜んだが、カケルはウシロが死んでしまったと話した

カケルは救命ボートをが乗れそうだと言っていたが、そんなカケルを見たトマはどうしてカケルはこんなに冷静なのかと思ってしまった

トマもコイケを抱えて救命ボートに乗ると、カケルは何かが来ると言った

 

カイザーは、殺された召使いを見てノアを捜した

そしてノアを捜しながら、100年前のことを思い出していた

その頃、ノアは船のマストの上に立っていた

すると船に、何かがぶつかったような衝撃が走った!

 

⇒『血海のノア』の無料試し読みはコチラ

 

「血海のノア」3巻を読んでみた感想

カケルはとうとう吸血鬼になってしまいました

なりたての吸血鬼は一番最下位の吸血鬼なので他の吸血鬼に従うハズですが、カケルは他の吸血鬼とは違うようです

恐らくカイザーは、カケルがそうなってしまう可能性があるので吸血鬼にして仲間にしようとしたのでしょうね

カイザーが言っていたノアの古い友人が、カケルと同じような力を持っていた可能性が高いでしょう

ノアは最後に、何かの能力を使ったようです

カイザーはノアを、娘だということもありますが特別扱いしていました

恐らく吸血鬼の中でも、カケル以上に何か特別な力を持っているハズです

この後どんなことが起こってしまうのかはまだ分かりませんが、ノアがどんな力を持っているのかが少しずつ判明してくるでしょうね

 

>>『血海のノア』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『血海のノア』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『血海のノア』を実際に読んでみましょう!

 

-血海のノア

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.