けだものたちの時間~狂依存症候群~ 12巻 ~愛理に人殺しになって自分を忘れられなくなるようにいう宏和 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を12巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「けだものたちの時間~狂依存症候群~」12巻の簡単なあらすじ

宏和を殺せない愛理

愛理は、宏和に殺すと言ってノコギリを手に取った

しかし宏和は愛理に反省するといいながら、ブツブツと愛理を追い続けることを呟いた

そして宏和はどうやって自分を殺すのかと言って、自分を100回殴れば死ぬと言った

愛理は、100回殴ることを考えてしまうとゲロってしまった

 

宏和は愛理に人殺しになるようにいうと、それで自分を一生忘れられなくなると言った

それでも愛理は、自分の人生を取り戻すために、宏和の首を絞めて殺そうとした

だが愛理は、やはり人殺しができずに泣き出してしまった

 

拘束を解いて愛理の首を絞める宏和

愛理は宏和が自分で幸せになる権利を捨てたのだというと、宏和は自分はもう誰からも愛してもらったりすることを期待したくないのだと言った

愛理は宏和に、自分と一緒に家を出ようと言った

しかし宏和は自分を殺すか人間をやめるかしかないというと、手の拘束を解いて愛理の首を絞め始めた

ヤバいと思った愛理は、近くにあったノコギリを手に取ると…

 

隠し部屋で犬を飼う愛理

3年後、愛理はモデルとして活躍していた

仕事から帰ってきた愛理は、部屋の隠し扉を開けた

そしてそこにいる犬として飼っている…

 

⇒『けだものたちの時間~狂依存症候群~』の無料試し読みはコチラ

 

けだものたちの時間~狂依存症候群~の続きを読むならコチラ👇

けだものたちの時間~狂依存症候群~ 13~15巻 ~自分を監禁していた宏和をダルマにして犬として飼いながら優人と結婚生活を送っている愛理 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「けだものたちの時間~狂依存症候群~」12巻を読んでみた感想

結局、愛理は宏和の呪縛からは抜け出すことができませんでした

監禁生活からは抜け出すことができて、モデルとして活躍していますが、このままずっと犬として飼っている宏和と暮らしていくのでしょうね

愛理なら、もっとまともな相手と一緒になれるハズなので、とても残念です

宏和は、何人もの女の子と殺害した凶悪な奴でしたが、母親の虐待がなければこんな奴にはならなかったでしょう

酷い環境で生まれ育っても、ちゃんとした大人になれる人もいるので、宏和を擁護はできないですが、ずっとまともな愛情を受けられずに生きてきたのは少し可哀想な気もしました

やはり子どものために、ちゃんとした環境を整えることは大切なのだと感じた最後でしたね

 

>>『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『けだものたちの時間~狂依存症候群~』を実際に読んでみましょう!

 

-けだものたちの時間~狂依存症候群~

© 2020 まんがコミック大好き日記