恋と屑 11~12巻 ~加藤に子作りを拒絶されたので優生に子どもが欲しいと言わせる優香 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『恋と屑』11~12巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『恋と屑』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「恋と屑」11~12巻の簡単なあらすじ

母親から加藤とちゃんとセックスするように言われた優香

優香は、優生の運動会の時の写真を見せに、母親の店にやってきた

母親は優生の写真を見ながら、絶対に加藤を手放さないようにいうと、二人目の子どもを早く作るように言った

優香は一人っ子で寂しい思いをしたという母親に、優香は寂しくなったと答えた優香に、ちゃんとセックスしないと浮気されると注意した

そして優香は、自分の部屋に誰かの荷物あったというと、母親は優香の知らない男のものだと答えた

母親の店を出た優香は、加藤も結局は他の男と変わりなかったと思った

優生の兄弟も加藤に拒絶されてしまっても、実家も母親の男がいるので、もう帰れる場所はないのだと優香は思った

優香は、まだ心の中では倫也から連絡を待っていた

そして優香は、まずは自分は加藤との関係をなんとかしなければならなかった

倫也が忘れられない優香

優香が優生を迎えに行くと、優生は美沙に甘えていた

するとふわりが、優香に年齢を聞いてきたので、優香が自分の年齢を答えた

優香の年齢を聞いたふわりは、今度は美沙の年齢を言ったので、優香は倫也と同じ年齢だと思った

優香は美沙に、周りの男の子は結婚しているか訊ねると、美沙はしていないと答えたので、優香は思わずホッとしてしまった

優香は帰り道で優生から、美沙が自分のことが大好きだと言っていることを聞きながら、倫也が自分に大好きだと言ったときのことを思いだしていた

そして加藤が、二人目の子どもが欲しいという想いを受け取っていれば、こんな思いをしなくて済むのに思ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

優生に子どもが欲しいと加藤に言わせる優香

優香は、マンションの駐車場に車を停めて降りてくると、梨心のママが声をかけてきた

梨心は、子どもが増えたので車を買い換えたのだと言った

そして優生に、優香に早く子どもを作ってもらうように言ったので、優香は自分の投稿にコメントしたのは梨心なのかと思ってしまった

梨心と別れた後、エレベーターに乗ろうとする優生は、赤ちゃんが欲しいと言った

それに対して優香は、卑怯な方法だと思いつつも、加藤に言ってみたらいいと優生に答えたのだった

自分のせいで優生が落ち込んでしまったと知った美沙

加藤は、美沙の部屋に泊まり、朝ご飯を食べて帰っていった

しかし美沙は、加藤のいるときは夢のような時間でも、加藤が帰ると現実に引き戻された

優生は優香に連れてられて登園してきたが、なぜか元気がなかった

優香は、優生がスイミングスクールで進級しても、加藤に報告できなかったからだと説明した

それを聞いた美沙は、自分のせいで優生が落ち込んでしまったのだと思った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

加藤にまた子どもがデキるのがイヤだと思ってしまう美沙

工作の時間に、優生の隣にいたセイラが、妹がいるのでハサミを使えないと言った

その際、セイラは優生には弟妹がいないと言ったので、優生は加藤に赤ちゃんをお願いしたと言った

優生の言葉を聞いた美沙は、思わず呆然としていると、隣にいた銀太が美沙の髪を切ってしまった

それで美沙は銀太を叱ったが、それを知った母親は文句を言ってきた

美沙は母親に、それでも悪いことをしたら注意すると言うと、母親は子どもを産んだことのない美沙に、偉そうなことを言うなとキレた

そこに加藤が現れて、銀太の母親に美沙はちゃんと勉強をして経験もある保育士だと言ってくれた

その後も加藤は、うまくその場を取り繕ってくれたので、近くにいたきょうは惚れてしまいそうだと冗談を言った

美沙は、自分を助けてくれた加藤の言葉は嬉しかった

しかし加藤と優香の間に子どもがデキることは、やはりイヤだと思ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

この作品を最初から読んでみるならコチラ👇

「恋と屑」11~12巻を読んでみた感想

美沙は、加藤が自分と不倫することで優生を傷つけてしまったので、罪の意識を持っています

それでもやはり、加藤と優香の間に子どもがまたデキてしまうことは、やはりイヤだと思っています

ただ加藤と不倫関係を続けるだけなら、加藤の家庭のことをあまり考えなくて済みますが、美沙は優生を受け持っていることもあるので、どうしても加藤の家庭のことが見えてしまいます

理性的に考えれば、やはり加藤との関係は終わらせるべきですが、一度不倫関係を持ってしまうと、感情的にはそう簡単にはいかないのでしょうね

優香もまだ倫也のことが忘れられないみたいです

今はまだ加藤に子作りを迫っている状況なので、倫也のことを必死に忘れようとしています

それでも加藤はこのままずっと子作りを拒絶すれば、家庭を捨てて倫也に走ってしまうかもしれませんね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-恋と屑