読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

お人形さん 15~16巻 ~滝に協力して自分が監禁されていた場所と犯人を特定をする莉愛 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『お人形さん』を15~16巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『お人形さん』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「お人形さん」15~16巻の簡単なあらすじ

滝に協力して自分が監禁されていた場所を捜す莉愛

また人形事件が起きてしまったので、捜査一課に滝は戻ってきた

滝は人形事件の洗い直しを命じられたが、どこから手をつけていいのか分からなかったので、まずは莉愛を捜すことにした

夜の公園で莉愛を呼んでいると莉愛が現れ、滝が自分を殺した犯人を捕まえてくれそうだったので、助けたのだと言った

 

滝は部下の大森を呼んで、莉愛から誘拐されて殺されてしまったときの話を聞かせた

大森は莉愛の話を聞いて、どこに監禁されていたかを調べ始めた

 

莉愛を連れて、滝は莉愛が監禁されていたの場所を捜しに向かった

大森の調べだした場所は、莉愛の記憶に符号していた

そして莉愛が、監禁場所にいた虫と同じ虫を見つけ、それがオリーブ畑にいる虫だと判明したので、オリーブ畑の近くの別荘を調べてみた

すると滝は、舗装もされていない山道を見つけたので、そこを通っていくと廃墟となった別荘を見つけた

莉愛は中に入ると、自分が監禁されていた部屋を見つけたので、そこが監禁場所だと判明した

 

生前に謎の人形師に会っていた莉愛

莉愛は、家族と河原にキャンプに行った時、ネコの人形を作る男に出会った

その男は、自分が作った昔飼っていたネコの人形だと言った

そして亡くなった人からもらったものを人形に入れると、その人の未練で人形は動き出すのだと男は話した

 

犯人が写ったチラシを見つける莉愛

見つけた別荘を調べると、やはり女の子たちが殺されたことは間違いなかった

その別荘は、中学校教師の剛の所有のものだったが、剛は5年前にベランダから落ちて死んでいた

剛のことを調べるために、剛の務めていた中学校へ行くと、剛はその別荘を誰かに貸していたことが判明した

 

滝たちが警察署に戻ると、なんと映画監督の男が、人形事件の状況と全く同じの映画を撮っていたので、犯人として捕まっていた

そこで滝は、その男に事情聴取をすると、男は本当の犯人と思われる男から、脚本が送られてきたと男は話した

そして男は、犯人も自分と同じようなクリエイター気質の男で、恐らく被害者の女の子たちと接点があるはずだと言った

 

しかし被害者の女の子たちには、なかなか接点が見つからなかったので、滝は莉愛を連れて被害者の一人の亜里砂が通っていたバレエ教室に向かった

すると莉愛や剛も、亜里砂と同じチェーン店のスポーツジムに通っていたことが判明したので、滝はそのジムの従業員を調べることにした

莉愛に過去のジムのチラシを見てもらうと、莉愛を誘拐して殺した犯人が靖幸だと判明した!!!

 

⇒『お人形さん』の無料試し読みはコチラ

 

「お人形さん」15~16巻を読んでみた感想

莉愛は滝に協力して人形事件の犯人を捜し始めました

やはり被害者の一人の莉愛の話を聞けたこともあって、すぐに監禁場所を見つけることができ、とうとう誘拐犯が靖幸だと判明しました

靖幸は、間違って犯人として捕まった映画監督の男に、自分が書いた脚本を送っていたようです

単に女の子を殺して人形にするだけでなく、自分のやっていることを世の中に知らしめようとしたかったのでしょうね

見た目は地味な感じでしたが、かなり本当は自己顕示欲が強い男だっったのでしょう

莉愛が家族とキャンプに行っていたときに会った男は、恐らく莉愛を泥人形として復活させた人形師だと思います

恐らくこれから犯人を捜す莉愛の前に、また現れる可能性が高いでしょうね

犯人が泰幸だと判明したので、逮捕も間近かもしれませんが、靖幸が捕まったら莉愛がどうなってしまうのかも気になってしまいますね

 

>>『お人形さん』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『お人形さん』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『お人形さん』を実際に読んでみましょう!

 

-お人形さん

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.