読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

親愛なる僕へ殺意をこめて 8巻 ~レズ売春で脅されていた桃井を助けようとしてに真を殺していた猿渡 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『親愛なる僕へ殺意をこめて』を8巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『親愛なる僕へ殺意をこめて』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「親愛なる僕へ殺意をこめて」8巻の簡単なあらすじ

猿渡に真を殺したのか訊ねるB一

管理官の猿渡は、月一の娘の面会に向かった

しかし面会場所に行くと

娘を帰らせた桃井が待っていた

桃井は、猿渡をどこかへ連れていったが

その途中で猿渡は、桃井が自分の班に

配属されたときのことを思い出していた

 

じゃじゃ馬の桃井を押しつけられたと思った猿渡だったが

スタンドプレーをする桃井を

いつも助けてくれて、猿渡は真っ直ぐで純粋な桃井を

次第に好きになっていた

 

桃井は、山奥の橋の上に猿渡を連れてくると

そこにはなんとB一が待っていて

やってきた猿渡に、父親の真を殺した犯人かと聞いた

とぼける猿渡に、B一は花坂の写真を見せ

花坂も殺したのかと訊ねた

B一は、写真で通報者のばあさんに

担当した刑事が猿渡だと確認していた

 

B一を撃つ桃井

しかし猿渡は、B一の言っていることは

単なる憶測にすぎないと言うと

桃井は、15年前の事件現場で

真や被害者女性以外のDNAが見つかっているので

猿渡の無実を証明するために

DNAサンプルを提供して欲しいと言った

 

すると突然、猿渡はB一に拳銃を向けたが

それを桃井が止めた

B一は、猿渡の拳銃を回収すると

猿渡に銃口を向けながら

真に濡れ衣を着せて殺したのは

単に売春隠しだけではなく

もっと大きな動機があるのではないかと聞いた

 

B一が、猿渡が本物のLLなのかと聞いていると

いきなり桃井がB一を撃ち殺してしまった!!

B一を始末した桃井は、協力者の麗を見つけた

しかし麗は、自分を殺そうとするなら

B一との会話を、全部ネットにアップすると脅した

桃井は、なぜB一を裏切ったのかと聞くと

桃井は、15年前のことを話し出した

 

⇒『親愛なる僕へ殺意をこめて』の無料試し読みはコチラ

 

レズ売春していた桃井

桃井は、猿渡と飲みに行くと

悩みがあったが、猿渡に言えなかった

すると猿渡は、自分と結婚しようと言ったが

すぐに冗談だと言った

 

真を追っていた桃井たちだったが

桃井宛に、何通も郵便が届いていた

桃井はレズ売春をしていたので

それをネタに捜査情報を流せと脅されていた

それを知った猿渡は、自分がその件を

調べると言った

 

桃井を守ろうとして真を殺す猿渡

猿渡は、真の目撃情報が入ったと聞いて

ばあさんから話を聞いた

そして真の居場所を知った猿渡は

一人で潜伏場所の別荘に向かった

 

猿渡は、真に銃口を向けると

真は、自分は殺人をやっていないと主張して

真犯人は、自分も警察もハメようとしていると言った

しかし猿渡は、真の言っていることを信用せず

真に銃口を向けたが、真はエイジとの約束があるので

猿渡に頭突きをして、逃げようとした

 

しかし猿渡は、近くにあったクッションで

真を窒息死させてしまった!

真を殺した猿渡は、別荘に火をかけ

警察に通報した

 

⇒『親愛なる僕へ殺意をこめて』の無料試し読みはコチラ

 

猿渡のDNA鑑定をする桃井

しかし桃井は、猿渡が真を殺したと疑っていた

別荘の焼け跡から、血のついた写真を見つけ

猿渡に、DNA鑑定をするように求めたが

猿渡は、もう事件は終わったと言った

しかし桃井は、猿渡のタバコの吸い殻を回収して…

 

桃井は、DNA鑑定の結果を知って

自分の推理が当たっていたことを知った

そして一人を道を歩いている時に

売春写真を持って脅してきた花坂を、桃井は…

 

生きていたB一

桃井の話を聞いていた麗に

猿渡は銃口を向けていた

しかし突然、桃井の背後に

ナイフを持ったB一が現れた!!

 

B一は、防弾ベストを着ていて

死んではいなかった

そして桃井の拳銃を回収したB一は

自分は誰も信用していないと言った

 

二人をぶっ殺すと言ったB一は

桃井に本当に真は、冤罪だったのかと聞くと

桃井は、冤罪は間違いないだろうと答えた

そしてB一は、LLの正体に

心当たりがあるのかと訊ねると

桃井は、教えたら自分たちを

見逃してくれるのかと聞き返した

 

⇒『親愛なる僕へ殺意をこめて』の無料試し読みはコチラ

 

自殺してしまった桃井と猿渡

しかし桃井は、B一に攻撃してきたので

B一は、拳銃を撃とうとしたが

ロックがかかっていた

そして麗の持っていたスマホも

猿渡に打ち落とされてしまった

 

桃井は、B一の首を絞め始めたが

B一は、落ちていたナイフを

桃井の脇腹に突き刺した

そしてB一が桃井に、何と言おうとしていたのかと

聞いていると、なんと桃井は

橋から飛び下りて死んでしまった

桃井の自殺を見た猿渡は

拳銃で頭を撃ち、抜き死んでしまった

 

苛立つB一

潜伏場所に戻ったB一と麗だったが

B一は、桃井たちが死んでしまったので

LLの手がかりがなくなってしまったので苛立っていた

そしてB一は、LLの正体を突き止めるには

14日~18日の京花の足取りを追うしかないと言った

 

麗は、まだLLを追うのかと言うと

B一に、LLを殺せば

本当にB一の復讐は終わるのかと訊ねた

分からないと答えたB一に

麗は、LLを追うつもりなら

自分は協力すると言うと

その場から去ってしまった

 

その場に残されたB一は

真を殺した猿渡たちをが死んでも

心が全く腫れていないと感じていた

そして麗の言葉を思い出したB一は

自分のやっていることに、自信がなくなってしまった

 

⇒『親愛なる僕へ殺意をこめて』の無料試し読みはコチラ

 

親愛なる僕へ殺意をこめての続きはコチラ👇

親愛なる僕へ殺意をこめて 9巻 ~再び刺されてしまった京花 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「親愛なる僕へ殺意をこめて」8巻を読んでみた感想

B一の父親である真は、猿渡に殺されていたことが判明しました

桃井や猿渡が、どこまでLLのことを

知っていたのかは、死んでしまったので

もう分からなくなってしまいましたが

恐らく誰なのかは、知っていたのでしょうね

B一は、京花の足取りを追うことにしましたが

麗はまだ、B一に協力すると言っています

ここまでB一に協力する麗の目的は分かりませんが

もしかすると麗は、LLに何か関係しているので

協力しているのかもしれません

麗の言葉でB一は、本当にLLを追い続けることがいいのか

自信をなくしてしまっていますが

これからB一がどういう行動をとるのかが

気になってしまいましたね

 

>>『親愛なる僕へ殺意をこめて』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『親愛なる僕へ殺意をこめて』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『親愛なる僕へ殺意をこめて』を実際に読んでみましょう!

 

-親愛なる僕へ殺意をこめて

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.