つまり好きって言いたいんだけど、 2巻 ~千歳がいないと上手く演技できなくなってしまう宗純 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『つまり好きって言いたいんだけど、 』2巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きで『つまり好きって言いたいんだけど、』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「つまり好きって言いたいんだけど、」2巻の簡単なあらすじ

スキャンダル記事を書かれてしまった千歳と宗純

宗純は仕事に復帰したが、数日休んでいたこともあって、千歳はスケジュールの再調整を必死にやっていた

そんな中、宗純と千歳が一緒にマンションに入る写真を、週刊誌にスキャンダル記事として騒がれてしまった

千歳は事務所の人たちに自分の不注意だったと謝り、どんな処分も受けると言っていた

そこに宗純がやってきて、涙を流して千歳が体調の悪い自分をフォローしてくれたと演技してくれた

それで事務所の人たちは宗純の言葉を信用してくれて、この件は不問となった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

千歳がいないとダメになってしまう宗純

千歳の同僚が辞めてしまったので、千歳はしばらく俊樹のマネージャーを兼務することになった

高校生の俊樹に千歳は笑顔を見せたので、それに嫉妬した宗純は、その後は不機嫌になってしまった

宗純は千歳がいないと上手く演技できなくなり、千歳はスランプかと心配した

しかし宗純は、放っておいてくれとしか言わなかった

そんな宗純は、千歳がいる前ではとても調子がよかった

それでもやはり千歳がいないと、宗純はすぐに調子を崩すので千歳が問い詰めてみた

すると宗純は千歳がいないとダメだと言ったので、くすぐったい感情を覚えた千歳だったが、嬉しいとは口が裂けても言えなかった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

女の子を呼んだパーティーが腹立たしいという宗純

宗純の誕生日が近づいてきたので、千歳は事務所主催のパーティーの準備を頼まれた

千歳はリサーチをしてみると、女の子を呼ぶといいと聞いた

自分が女の子と遊ぶことを禁止したこともあるので、誕生日くらいはと思ってその案でいくことにした

そして千歳は宗純に手作りチョコをプレゼントすると、宗純はとても喜んでくれた

女の子を呼んだパーティーをなんとかやり終えた千歳は、一足先に帰っていたがそこに宗純がやってきた

いきなり千歳に抱きついてキスをした宗純は、千歳がパーティーに女の子を呼んだことが腹立たしいと言った

しかし宗純は、千歳の顔を見ると満足してチョコのお礼を言うと、そのまま帰っていった

この後、ドラマ化された恋はつづくよどこまでもの番外編と俺様の気も知らないでのお話が掲載されています

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

つまり好きって言いたいんだけど、の続きはコチラ👇

「つまり好きって言いたいんだけど、」2巻を読んでみた感想

千歳は宗純の気持ちを薄々気づきながらも、マネージャーとして振る舞っています

宗純は千歳にどんどん迫っていますが、もう千歳がいないと上手く演技もできなくなっています

もう完全に他の女の子なんて、眼中にないようですね

千歳は宗純への想いは予告を見る限り、さらに増していくばかりのようです

でもマネージャーとして責任感の強い千歳は、かなり恋をしてはいけないと葛藤してしまうようです

でもやはりそんなことでは、好きだという気持ちは抑えきれないハズです

やはり二人は、一線を越えてしまうような気がしますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-つまり好きって言いたいんだけど、