夫のちんぽが入らない 4巻 ~免疫疾患に罹り妊活にも失敗したさち子を欠陥商品だと言って慎の両親に謝る母親 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『夫のちんぽが入らない』4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『夫のちんぽが入らない』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「夫のちんぽが入らない」4巻の簡単なあらすじ

免疫の病気になってしまったさち子

教師を辞めてしまったさち子は、家に引きこもるようになってしまった

すると日ごとに体の毒が、抜けていくようだった

しかしさち子は、無職の自分にダメな奴だという烙印が押されているように感じていた

仕事を辞めて1年が経った頃、さち子は体に異変を感じた

なんと体が動かなくなったのだ!

慎が体を触ろうとしても、さち子は触られると痛り、まともに歩くことすらできなくなってしまった

さらにさち子は手も腫れ上がってしまったので病院に行くと、免疫疾患だと診断された

医者はストレスが原因だというと、7種類もの薬を飲むように言った

さち子は、家で慎と病気のことを話していると、祖母が入院したと連絡が入った

それでさち子は病院へと駆けつけると、祖母はさち子の腫れた手を触って自分が代わってあげたいと言った

しかしその4日後に、祖母は亡くなってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

元生徒たちに自分への手紙を渡すさち子

さち子に受け持っていたクラスの生徒の、卒業式の案内が届いた

さち子は子どもたちに渡さないといけないモノがあるので、卒業式の日に学校へとやってきた

すると子どもたちは、さち子が来たので喜んでくれた

そしてさち子は、2年前に子どもたちが書いた自分への手紙を子どもたちに渡した

しかし自分は卒業式に出る資格はないと思って、卒業式には出なかった

そしてさち子が学校を去ろうとすると、そこに美幸が母親とやってきた

美幸は卒業式なので特別に教団施設から出てきた母親と一緒なので、とてもうれしそうにしていた

それを見たさち子は、自分もようやく過去から卒業できそうだと思った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

前に進むと決めたさち子

病気もあるのでさち子は、毎日、家でゴロゴロしていた

するとある日、突然美幸が家にやってきた

美幸は部活で合宿なのに、集合時間に遅れてしまいバスがいってしまったと泣き出した

そこでさち子は美幸を車に乗せて、合宿所まで送ることにした

さち子は車を運転しながら、美幸にもっと親身になってあげればよかったと思っていた

しかし事故りそうになってしまったので、美幸からちゃんと前を見るように怒鳴られてしまった

だがその時のその美幸の言葉は、さち子にとっては今の状況から前へ進むように言っているように聞こえた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

妊活をしたいと慎に話すさち子

さち子は、慎が本当は子どもが欲しいということに気づいていた

そこでさち子は、医者に子どもを産みたいと言ってみた

すると医者は、薬の調整さえできれば、出産は可能だと言ってくれた

しかしまだ、さち子には

慎のちんぽが入らないという問題があった

さち子は、慎に子どもを産むために

薬をやめることを話した

そして自分は母親に、幼い頃に怒鳴られ

引っ叩かれたこともあって

子作りに消極的だったと話したが

妊活をするなら、今しかないと慎に伝えた

⇒『夫のちんぽが入らない』の無料試し読みはコチラ

妊活に失敗するさち子

さち子は血まみれになりながらも慎と子作りセックスをした後、本当に自分は子どもが育てられるのか自信がないと言ってしまった

すると慎は、さち子の産んだ子どもが悪い子になるハズがないと言ってくれた

さち子は自分たちが結婚する際、自分の両親に結婚は早いと言われても、慎はさち子は純粋な人だと言って結婚してくれたことを思い出した

それでさち子は慎のためにも子どもを産みたいと頑張っていたが、断薬は想像以上に辛いものだった

そしてさち子はとうとう倒れてしまい、妊活は半年で終わってしまった

さち子の母親は妊活が失敗に終わったので、慎の両親に謝りに行くと言い出した

二人は慎の実家にやってくると、母親はいきなり慎の両親にさち子は欠陥商品だと言って謝りだした

慎の両親はドン引きしてしまったが、さち子の母親は帰りの電車で、前日は眠れなかったと言った

その言葉を聞いたさち子は、母親にも自分は無理をさせていたのだと思った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

旅行に行っての慎のデリヘル行きが気になるさち子

それからさち子は昔の同僚から頼まれ、短期間の臨時の講師をしていた

心身ともに辛かったが、なんとかやり抜くことができた

それでさち子は、職場で日帰り温泉バスツアーの話を聞いて行ってみようと思った

さち子はPCの履歴から慎がデリヘルに行っていることを知ったが、自分が不能なので憎むことすらできなかった

そしてさち子がバスツアーの集合場所へと行こうとすると、慎は自分が送ってあげると言い出した

さち子はまたデリヘルに行く気かと思ったが、その事は忘れるようと思いながらバスツアーに参加した

メロン狩りに行ったさち子は、子どもがメロンで爆乳と騒いでいるのを見て、やはりデリヘルのことを思い出してしまった

ツアーから帰ってきたさち子はと、慎と食事を食べいった

すると慎はさち子を待っている間、ずっと電気屋にいたと言ったがさち子はすぐウソだと分かった

しかし不能な自分には、やはり慎を責める資格はないのだと思ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

夫のちんぽが入らないの続きはコチラ👇

「夫のちんぽが入らない」4巻を読んでみた感想

さち子は、とんでもない病気になってしまいましたね

教師を辞めて家に引きこもっていたさち子でしたが、免疫疾患になってしまいました

それで手なども腫れてしまって、一時はまともにあるくことすらできませんでした

薬のおかげである程度は回復したようですが、妊活のために断薬するとまた倒れてしまって、妊活もやめてしまいました

恐らく子どもがデキていても、その間、薬を飲まなければもっと酷くなっていたハズです

なので妊活をやめたことも、さち子にとっては辛い決断だったと思いますが、仕方のないことだったのかもしれませんね

さち子は、慎がデリヘルに行っていることが気になっているようです

でもやはり病気持ちの上に、妊活も失敗したのでヤメテとは言えないようです

でもそれがもしかしたら、それもストレスになっていて病気が続く一因になっているのかもしれません

これからさち子がどうなっていくのかが、ちょっと心配になってしまいましたね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-夫のちんぽが入らない