読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

約束のネバーランド1巻 ~人肉工場だった孤児院 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

母と慕う彼女は親ではない

共に暮らす彼らは兄弟ではない

エマ・ノーマン・レイの三人は

この小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた

しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた

真実を知った彼らを待つ運命とは…!?


約束のネバーランド

作者:白井カイウ 出水ぽすか

価格:380円(税抜き)

 

『約束のネバーランド』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『約束のネバーランド』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「約束のネバーランド」1巻の簡単なあらすじ

孤児院で暮らすエマたち

孤児院で育ったエマ

母は本当の母親ではない

自分は孤児だと思っていた

 

孤児院では最年長のエマ

血の繋がりはないがみんな大切な家族

だがエマたちの首には、認識番号が刻まれている

そして毎日のテスト

施設で行ってはいけないところは、門と柵の向こう

 

施設で、エマたちの能力が抜きん出ていた

天才のノーマン

博識のレイ

運動神経と学習能力の高いエマ

 

孤児院の正体

12歳になると、里親に出される規則になっている

また一人旅立っていった

 

忘れ物を届けにいくエマとノーマン

門に入ると、先程出ていった娘は死んでいた

そして現れた鬼たち

施設は人肉農園だという

自分たちは、食べられるために生きてきたと知る二人

そしてママは鬼たちの手下だった

 

施設の脱出を考える二人

ノーマンは、エマに自分たち3人なら逃げられると話す

みんなを置いていけないというエマ

ノーマンはみんなで逃げようとエマにいう

 

翌日、普段どおりに過ごすエマとノーマン

自分たちの生活をよく観察すると

自分たちが商品として、管理されていることに気づく

外の世界がどうなっているのかと思うノーマン

二人は、柵を越えてその先を見に行くと塀があった

戻ると帰ってきていない子どもがいた

それをすぐに見つけてくるママ

自分たちに、発信機がつけてられていると分かるエマたちだった

 

出荷される基準を考えていたエマとノーマン

ノーマンは鬼たちが人間の脳を食べていると推測する

そしてママは、自分たちのことを完全には特定できていないと話す

 

ママはエマの反応を見る

エマとノーマンに門に行かなかったかと聞く

なんとママの首筋にも認識番号が!

 

レイを計画の仲間に加える

エマとノーマンは、レイに協力してもらうことを考えていた

だがレイは、既に門でなにかがあったことを気づいていた

そして外の世界は… 鬼の社会

レイは全員は連れていけないというが、エマは全員だと言い張る

人間の生きる場所を作りたいという

30年前に人間の社会で何があったのか?

 

ママは、どうでもいいことを子どもたちにされて何かを探っている

ノーマンは、ママの発信機をなんとかしないといけないという

だが分からない

ママは時間稼ぎをしていた

なんともう一人お手伝いの女性クローネがやってきた

 

レイは、ママが自分たちは出荷しない理由があるという

エマは、発信機のこと探ることにする

 

ママは、クローネに秘密を知られたことを話す

見張りだけをしていればいいと命じる

だがクローネはママの失脚を狙っていた

 

エマの小さな子どもたちの、どこに発信機が埋め込まれているか探す

発信機は耳に埋め込まれているのを発見する

 

ママには大母様から、3匹出荷できるかとの確認が入る

万事順調と答えるママ

鬼たちは出荷を待っていた

 

「約束のネバーランド」1巻を読んでみた感想

優しいママに育てられていると思われたエマたちでしたが

孤児院の正体は、人肉農園というとんでもないものでした

30年ほど前までは人間社会だったようですが

その時になにが起きたのでしょうか?

そのあたりのことは、その内明らかになってくるでしょう

エマたちは施設を脱出しようとしていますが、大丈夫でしょうか

エマたちだけでも簡単ではないと思いますが

子どもたち全員を脱出させようと考えています

新たに鬼の手下のクローネがやって来ましたが

エマたちは施設を脱出できるのか

注目したいですね!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『約束のネバーランド』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『約束のネバーランド』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『約束のネバーランド』を実際に読んでみましょう!

 

-約束のネバーランド
-, ,

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.