名前も呼ばないあのひとと 9~10巻 ~セックスしたことは忘れてといういくみにセフレになって欲しいというえいじ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『名前も呼ばないあのひとと 』を9~10巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「名前も呼ばないあのひとと」9~10巻の簡単なあらすじ

いくみの敵意を感じてしまうかなこ

いくみは、かなこにイヤリングは好きな男にもらったのかと聞いて、その男はかなこのことをちゃんと理解しているのだろうというと、かなこの見た目と中身が違うことを分かっているのだと言った

いくみは、自分は好きな人からもらったモノなら、何でも嬉しいと言った

しかしかなこはその言葉は正論に聞こえても、いくみの敵意が隠れていると感じてしまった

そしてイヤリングをそうたからもらったことを、知っているのだろうと思った

かなこはいくみに、イヤリングを返してと言っていると、そうたが戻ってきたので、えいじはそうたにかなこに好きな男ができたと言い出した

かなこはマズイと思ってしまったが、いくみがお腹がすいたと言って料理を食べることになったので、かなこは助かったと思った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

いくみにセフレになって欲しいというえいじ

4人での食事が終わったが、いくみを心配したえいじが大丈夫かと声をかけた

いくみは放っておくように言って去ろうとしたが、えいじはいくみの悲しむ顔を見たくないというと、いくみを抱きしめた

えいじは、いくみに自分じゃダメかなと聞くと、いくみにキスをしても拒まなかったので、二人はそのままラブホへと行った

しかしいくみは、えいじとイク瞬間にそうたの名前を呼んでしまった

えいじは、いくみがそうたの名前を呼んだので、つい5年前の結婚式のときのことを思い出してしまった

その時に、そうたは自分と同じく超マイナーなバンドのファンだと知ったえいじは、そうたが限定グッズまで持っていることを知って、自分も欲しいと思ってしまった

いくみは、セックスしたことは忘れてと言って帰ろうとした

しかしえいじはコクろうとしたが言わせてくれなかったので、えいじはいくみにキスをしてセフレになって欲しいと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ライブ会場でそうたと鉢合わせしてしまうえいじ

えいじは、いくみと繋がっていたいと思っていたが、1ヶ月経っても連絡がなかった

ダメだったのかと思ったえいじは、好きなバンドのシークレッドライブに行ったが、なんとそこにはそうたも来ていた!

そうたとバンドのライブを聴いていたえいじは、自分はそうたと違って趣味もいくみも本気だと思っていた

しかしそうたがライブを聴いて泣いていたので、えいじはついそうたはいい奴なのもしれないと思ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

名前も呼ばないあのひととの続きはコチラ👇

「名前も呼ばないあのひとと」9~10巻を読んでみた感想

えいじは、いくみにセフレになってと言っていますが、結構本気で好きなようです

そうたはかなこと付き合っているとえいじは思っていますが、実際のところどうなんでしょうね

この前は、そうたはかなこといい感じになっていましたが、かなこはそうたといくみがキスしているところを目撃しています

まだそうたの気持ちがよく分からない状況ですが、これからもモヤモヤした関係が続きそうな気がしますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-名前も呼ばないあのひとと