私の正しいお兄ちゃん 3巻 ~刑事の佐久間にDNA鑑定の協力を求められ友だちの千葉の唾液を渡す理世 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『私の正しいお兄ちゃん』3巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『私の正しいお兄ちゃん』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「私の正しいお兄ちゃん」3巻の簡単なあらすじ

マサキを受け入れ一つになった理世

二人は海に倒れてしまったので、ズブ濡れになってしまった

海利の部屋に行って服を洗い、二人は布団に入ってセックスしようとしたが、ゴムがなかったので出来なかった

理世は海利が好きだと認めただけで、心のもやもやが晴れた気がした

今度は海利とセックスできるように、理世はカワイイ下着を買った

その帰りに立花に会うと、理世は今は幸せなので、もうマサキのことは調べないで欲しいと頼んだ

そして理世はカワイイ下着を着けて海利の部屋に行き、海利をとうとう受け入れひとつになった

セックスをした後、ホッとした理世はそのままグッスリと眠ったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

理世の晴れ着姿を見たいという海利

理世は海利と初詣に行って、二人で一緒にお詣りをした

お詣りをして手を繋ごうとしていると、そこに同級生の千葉が声をかけてきた

千葉は、成人式のために借りたという着物を着ていたので、海利は成人式に行かないのかと理世に聞いた

しかし理世は、見せたい人がいないから行かないと答えた

部屋に帰ってくると立花にバッタリ会って、3人でお餅を食べることにした

理世が成人式に出ないと聞いた立花は、振り袖を着てみないかと言った

しかしまた理世が見せる人がいないと答えると、海利は自分が見たいと言ってくれた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

海利の前に現れた刑事の佐久間

富山県警の佐久間はマサキの死に疑問を抱き、一緒に暮らしていた海利が殺したと判断していた

そして立花にも、情報提供を頼んでいた

バイトから帰ってきた海利に佐久間が声をかけてきて、マサキの似顔絵を見せてきた

それで海利は、とうとう警察が来たのだと思った

しかし海利は、もう理世との生活が捨てられないので、似顔絵はマサキではないと否定した

そしてもう自分はマサキとは、関係ないと答えた

だが佐久間はそれで余計に怪しいと感じて、今度は理世に話を聞こうとしていた

海利は理世に警察が来たと話して、自分が疑われていると理世に言った

それを聞いた理世の中で、これからの海利との幸せな未来が崩れていくように感じた

しかし海利は、大丈夫だと言って理世を抱きしめてくれた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

佐久間にDNA鑑定に協力を求められた理世

とうとう理世の部屋に、佐久間と立花がやってきた

佐久間は理世にDNA鑑定を協力を求めたが、理世がそれを断ると、佐久間は海利が理世を利用していると言った

そして自分たちに協力しない理由があるのかと責め立ててきた

理世は、このままだと疑われてヤバいと思った

そこで試験が終わるまで待って欲しいと頼んで、なんとか返事を先延ばしにすることが出来た

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

佐久間の事情聴取を受ける海利

しかし佐久間は、海利の母親からの証言が取れたので、海利に任意の事情聴取をすることにした

それを立花から伝えられた海利は、拒否すると余計に怪しまれるので、心配する理世に大丈夫だと言って警察署に向かったのだった

佐久間からマサキのことを聞かれた海利は、一からやり直すためにマサキとは離れたのだと答えた

すると佐久間は、マサキが海利の父親を準強姦の件で脅していて、そのために海利は親から絶縁されたのだと言った

そのことは海利は初めてきいたが、それで両親は自分を恨んでいたのと知った

それで海利は、その話は初めて聞いたと答え、父も悪いのだと答えた

すると佐久間は海利にマサキの妹のDNA鑑定をすると言って、最後にマサキが死んだ日に何をしていたのかと訊ねた

海利はようやく事情聴取を終え、部屋に戻ってくると理世に抱きついた

そして海利は、マサキの妹が生きているので、自分は罪を償わなければならないとい言った

その言葉を聞いた理世は、マサキの妹は悲しんでいないかもしれないと言って、自分は海利が捕まるのは悲しいと海利に言ってあげた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

理世がマサキの妹だと気づく海利

しかし海利は、ずっと立花が店に来ていることを知った

そして佐久間の言った言葉を思い出すと、理世がマサキの妹ではないかと気づいた

自分が理世の兄を殺したのかと思った海利は、愕然としてしまいその場に倒れ込んでしまった

帰宅した海利はいつも通りの理世を見て、自分の思い違いだと思った

しかしマサキが持っていたぬいぐるみを見て、マサキが死ぬ間際に理世の名前を呟いたことを思いだした

海利は、いつマサキ殺しの犯人だと気づいて、どうして理世が今冷静なのかと思っていた

立花から、事件被害者は自分で犯人を罰したいと思っているはずだと聞いたことを思い出した

それで海利は、理世は自分を殺したいので傍にいるのかもしれないと思った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

自殺を図る海利

理世はDNA鑑定をどうしようかと悩んでいた

そして千葉と一緒に食事をしているときに、千葉が自分と同じ血液型だと知った

理世は千葉を巻き込んではいけないと思いつつも、やはり海利との幸せな生活を奪われたくなかった

それで千葉の唾液をとって、それを立花に渡したのだった

立花は電話での海利の様子が変だったので、理世に海利に連絡をとるように伝えた

海利に連絡がつかないので理世は海利の部屋に行ってみると、海利は理世にメモを残していた

そのメモには、自分の自殺で理世の苦しみが和らげばいいと書かれてあった

そして最後にごめんなさいと書かれていた

その頃、海利は自らを罰するために極寒の海に…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

私の正しいお兄ちゃんの続きはコチラ👇

「私の正しいお兄ちゃん」3巻を読んでみた感想

刑事の佐久間は海利のマサキ殺し犯人だと確信して捜査をしています

まだ海利を逮捕できる証拠は見つかっていないようなので、佐久間は理世にDNA鑑定を依頼しました

でも理世は、海利を助けるために千葉の唾液を立花に渡してしまいましたね

これでとうとう理世も、犯罪の協力者になってしまいました

でも理世は、海利のことが好きになっているので覚悟の上のことでしょう

でも理世がそんなことをしていることを海利は知らないので、理世がマサキの妹だと気づいた海利は自殺を図っています

当然、理世は海利を助けるために向かうと思いますが、間に合うかどうかが心配です

佐久間もどんどん海利を追い詰めているので、海利が助かったとしてもかなりヤバい状況には変わりがないでしょうね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-私の正しいお兄ちゃん