ガンニバル 5巻 ~解剖医の中村から銀がクールー病に罹っていたと聞く大悟 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『ガンニバル』5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『ガンニバル』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「ガンニバル」5巻の簡単なあらすじ

極秘に後藤家の捜査をしていた署長

恵介たちの母親が脱走した後、銀は洋介に裏切り者の母親はゴミ以下だと言って、家だけを愛するように言い聞かせた

大悟を後藤家から連れ出した署長は警察署へと連れていくと、供花村と関係のない県警本部の刑事5人を紹介した

すると一人の刑事が、解剖医の中村は睦夫に脅されていたので、狩野の指に人間の唾液がついていたことを隠していたと教えてくれた

それを聞いた大悟は、やはりあの人と呼ばれる大男は後藤家にとって特別な存在で、事件の核心だろうと言った

しかしその男は戸籍にも載っておらず、銀の長女の藍は失踪していた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

署長に降りずにやると答える大悟

藍のことを聞いた大悟は、藍が顔を喰われた男を救い出したのかもしれないと言った

そして大悟はあのクロニクルという名のサイト運営者の宇多田に、子どもたちが監禁されている場所を探らせていた

署長は子どもたちを救出できるのは、村民たちが神社に集まる翌日の朝だと言った

大悟は子どもたちを奪還する部隊に入ったが、署長は大悟にここで降りて駐在員に戻ってもいいと言ってくれた

しかし大悟は宇多田に電話で話した後、やはりやると答えて、子どもを監禁している奴らが許せないのだと答えた

クールー病に罹っていた銀

署長はあの人と呼ばれる大男を調べるため、自分の祖父に話を聞きにいった

すると祖父はかつては村で食人が行われているという噂があったというと、後藤家の人たちは何かの病気に冒されていてずっと笑っていたと言った

大悟は解剖医の中村の警護をしていたが、中村は半年前に狩野が銀を連れてきて、銀は病的に笑っていたというのだ

そして中村はその症状は食人することで発生する、クールー病の症状に似ていたと話した

そして昔のカルテにも同じような症状が、書かれてあったのだ

恐らく狩野は偶然おかしくなった銀を見かけ中村のところに銀を連れてきたが、それがきっかけで村八分にされ殺害されると、銀も死体で見つかってしまった

大悟は中村の話を聞いて、本当に銀はクマに殺されたのかと疑問に思った

そして銀の体には人の歯形が残っていたことを思い出したので、やはり銀も誰かに喰われたのだと気づいた

中村はあの人と呼ばれる大男も病気に罹ってしまったが、クールー病が何か進化したので今もまだ生きているのかもしれないと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

恵介にかばわれているという藍

大悟はそんな中村の話を聞いていると、あの顔を喰われた男が電話をかけてきた

大悟は藍の息子ではないかと男に聞くと、母親は藍で間違いないと答えた

そしてまだ藍は生きていると言った

そして男は藍の安全が確保されることを条件に、自分が藍を説得するといってくれた

恵介のいる所へやってきた岩男は、裏切り者がいると話すと洋介が怪しいというと、裏切り者の藍の息子だからだと言った

それで恵介は岩男に自分を疑っているのかとキレ始めたが、周りの男たちから止められてしまった

顔を喰われた男は、藍が証言すれば監禁された子どもたちを救えると言ったが、藍は泣きながら自分はそんな人間ではないと答えた

それで顔を喰われた男は、藍は自分の子どもをかばおうとしているのかと聞くと、藍は自分がかばわれているのだと答えた

一人で子どもたちの救出に向かう大悟

しかしまだ食人の証拠が足りないので、このままだと特殊部隊の投入はできない状況だった

宮司の宗近は恵介を呼び出すと、自分は後藤家で食人が行われていることを知っていると話した

そして自分たちで、監禁されている子どもたちを解放しようと提案した

しかし恵介は宗近を猟銃で殴り倒すと、それでも自分はしきたりをやらなければならないのだと言った

その頃大悟は一人で、監禁されている子どもたちを救出に向かうと言いだしていた

刑事の豪は大悟ならやれると言ってきて、子どもたちを救出できれば特殊部隊を突入させることができ、後藤家を制圧できると言った

恵介は洋介と生贄予定の男の子がいる牢屋へとやってきていたが、大悟はその場所へと一人で向かっていた

その頃、すみれはお腹に手をやりながら恵介の名前を呟き、どこかへと向かっていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ガンニバルの続きはコチラ👇

「ガンニバル」5巻を読んでみた感想

署長は供花村のしきたりに疑問を持っていて、大悟を救出してくれました

宮司の宗近も同じで恵介に村のしきたりを止めようと言っていましたが、それを恵介ははねのけてしまいました

でも恵介の母親の藍は、恵介にかばわれていると言っていたので、やはり恵介も村のしきたりがおかしいと思っているのでしょうね

恵介は大悟を庇っているような行動も見られたので、自分が犠牲になって村のしきたりを終わらせようとしているのかもしれません

大悟は一人で監禁されている子どもたちを救出に向かいましたが、無事、救出できるのかどうかが気になってしまいますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-ガンニバル

© 2021 まんがコミック大好き日記