読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

あせとせっけん 6巻 ~麻子を軟派したイケメンフローリストのヘンリックの言葉で落ち込んでしまう香太郎 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『あせとせっけん』を6巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『あせとせっけん』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「あせとせっけん」6巻の簡単なあらすじ

義理チョコをもらった香太郎を見て嫉妬する麻子

バレンタインの日が近づいてきたので

麻子は、チョコの材料を買いにいったが

ついバレンタインランジェリーに目がいってしまった

Hなランジェリーを見て、麻子は顔を赤くしたが

あまりに胸が大きいので、なかなか合うものが

見つからなかったが、麻子はなんだか

バレンタインが楽しみになってきた

 

バレンタイン当日、香太郎は

取引先の女性たちから、義理チョコをもらった

しかしそれをエレベーターで

麻子に見られてしまい

麻子は怒ったような表情をしたので

香太郎は必死に、義理チョコだと訴えた

 

香太郎が帰宅すると

なんと普段は家で飲まない麻子がお酒を飲んでいた

麻子は、エレベーターでも怒っていないと言ったが

無意識に怒った表情が出たのだと知って

落ち込んでしまった

 

しかし香太郎は、麻子が嫉妬してくれたことを喜んだが

あまりに麻子の飲むピッチが速いので

水を飲むように言うと、麻子は

なんと自分からキスしてきた!

香太郎がブラを外そうとすると

麻子は、香太郎のために下着を買ったと言うと

香太郎は、麻子はカワイイと言いながら…

 

⇒『あせとせっけん』の無料試し読みはコチラ

 

麻子に香水をプレゼントする香太郎

香太郎は、麻子の誕生日に

麻子のためだけのせっけんを

プレゼントしようと考えていたが

日数的に間に合わないので別のモノを

プレゼントすることにした

 

香太郎は誕生日の日に

自分の知人の香水の工房に

麻子を連れていくことにした

お店に行くと、香太郎は麻子に

香りの好みを聞いて

いろんな香水を嗅いでもらった

 

しかし香太郎は、香水の香りより

麻子の匂いが好きだと言って

麻子の匂いと調和する香水を選ぼうとしていた

麻子が気に入った香水を見つかると

香太郎は、その香水を誕生日プレゼントにしたのだった

 

ヘンリックの言葉で落ち込む香太郎

お店を出ると、香太郎は

レストランの予約をするため

麻子から離れると、麻子の前を通り過ぎた

一人のイケメン外国人が声をかけてきた

そのイケメン外国人は、麻子をナンパし始めたが

それを止めに入った香太郎に

そのイケメン外国人は、自分なら恋人は

デート中に一人にしないと言った

 

そしてそのイケメン外国人は

ヘンリックと名乗り、麻子に自分の名刺を渡して去ったが

その後、食事をしても香太郎は

どこか元気がなかったので

麻子は、家まで送ってくれた香太郎に

どうしたのかと聞いた

 

香太郎は、ヘンリックに言われたことが

気になったとは言えず

麻子に、どうしてヘンリックの名刺を受け取り

そのまま持ってきたのかと訊ねた

すぐに香太郎は麻子に

そんなことを聞いたことを謝ったが

麻子は、自分の行為が香太郎を

傷つけたのだと知って泣き出してしまった

そんな麻子を置いて帰れない香太郎は

そのままベッドに行って、麻子とセックスしながら

自分のモノになって欲しいというのだった

 

⇒『あせとせっけん』の無料試し読みはコチラ

 

麻子に気遣いしすぎり香太郎

麻子と香太郎は、新しい部屋に引っ越し

同棲生活を始めた

麻子は、香太郎のネクタイを締めてあげて

会社で住所変更の手続きをしたりした

 

しかし同棲生活を始めると

香太郎は、忙しいにも関わらず

家事や買い物もしてくれるので

申し訳ない気持ちになっていた

それで会社で、同僚に相談してみると

香太郎は、同棲し始めて浮かれているので

家事などを頑張っているのだと言われた

 

しかしそうではないと感じていた麻子は

疲れて終電で帰ってきた香太郎は

断りをいれて匂いを嗅いできたので

香太郎に気遣いをされていることが

悲しいのだと気づいた

 

気遣いし過ぎる香太郎にキレる麻子

それからも香太郎は、何かにつけて

すぐに謝ってばかりだった

買い物をして公園を歩いていた麻子は

新しい靴のせいで、足が痛くなったが

それを香太郎は、自分のせいだと言って

謝ってきたので、麻子はどうしてそんなに

謝るのかと言った

 

香太郎は、誕生日の一件や

同棲をしようと言ったときも

自分の欲求をぶつけすぎていたと言うと

麻子はとうとうキレてしまい

もっと自分に頼って欲しいと叫んだ

その後、スゴく落ち込んでしまった麻子だったが

香太郎は、家に帰って話を聞いてくれた

 

※この後、麻子が桂太にせっけんを使った感想を

聞きたいとお願いするおまけマンガがあります

 

⇒『あせとせっけん』の無料試し読みはコチラ

 

あせとせっけんの続きはコチラ👇

あせとせっけん 7巻 ~香太郎の家族に歓迎されてリラックスしすぎたという麻子にそれが一番だと言ってあげる香太郎 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「あせとせっけん」6巻を読んでみた感想

とうとう麻子と香太郎は、同棲生活を始めましたが

香太郎は、麻子にあまりに気を遣いすぎるので

麻子はキレてしまいました

どうしても一緒に暮らしだすと

やはり難しいのは距離感です

まだ同棲も始まったばかりなので

二人ともどれくらいの距離でいたらいいのか

分からないので仕方のないことでしょう

また二人とも、相手が異性からのアプローチに

嫉妬していますが、それだけお互いに

好きなのでしょうね

麻子をナンパしようとしていた

フローリストのヘンリックは

またその内、二人の前に現れそうな気がしますね

巻末の予告では、今度は麻子が

香太郎の実家に挨拶にいくようですが

どんな展開が待っているのでしょうね

 

>>『あせとせっけん』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『あせとせっけん』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『あせとせっけん』を実際に読んでみましょう!

 

-あせとせっけん

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.