読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~ 6~7巻 ~初恋の相手の信介に失望して埋めていたリトルの死体を抱いて泣く涼子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

頭脳明晰で医学部を目指す桂木涼子は

毒キノコを採取し、ドクニンジンを栽培し

近所の猫や学校で飼われているニワトリで

死の実証試験を行っていた

それは幼いころ、愛犬を安楽死で見送った時

獣医師から「死ぬことで楽になることだってある」と

告げられたことが心に残っていたからだった

毎日家族のために、身を粉にして働く

大好きな母親を楽にしてあげるため

積み上げてきた実証試験をもとに

涼子の母親を殺す『悪魔の実験』がはじまる――

毒で母親が弱っていく様をリアルに描き話題をよんだ

新堂冬樹の小説をコミカライズ!

タイトル 摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~
作者 天ヶ江ルチカ 新堂冬樹
価格 150円(税抜き)

『摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒『摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~』を今すぐ無料試し読み👆

 

「摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~」6~7巻の簡単なあらすじ

京子の言うことを信じない母親

姉の京子は、母親に体調が悪いのは

涼子が殺そうとしているからだと言ったが

母親は、体調が悪いのは仕事のせいだと言って

信じようとしなかったので

京子は、涼子の書いているブログを見せた

 

そして京子は、書かれている内容は

自分たち家族のことと一致していて

母親の病状なども、同じだと力説した

それでも母親は、信じようとせず

大声を上げて、京子に止めるように言ったので

京子は、泣きながら店を出ていってしまった

 

その頃、涼子はタリウムを母親に飲ませるために

スムージーを作っていたが

祖母は、体調の悪い母親を医者に診せないと

いけないと言い出した

そこに母親が帰ってきて

涼子は体調のことを聞いていると

母親は、また胸を押さえ苦しみだしたので

涼子は、母親にタリウム入りのスムージーを飲ませた

 

京子も家に帰ってきていて

シャワーを浴び始めたので

涼子は、京子のスマホを見て

京子が自分のブログを見ているのだと

確認した涼子は、ブログに

邪魔をすれば京子を殺すと書いたので

京子を黙らすことに成功した

 

涼子は、まだ眠っている母親の様子を見て

あと一月もかからずに、殺せると思った

目を覚ました母親は、仕事の電話のあと

吐き気を催してしまい

京子の言っていたことが頭をよぎった

しかし涼子が、食事を作ってくれたので

苦しみながら母親は食べたが

涼子は、もう口からタリウムを飲ませるのは

難しくなったと思っていた

 

⇒『摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~』の無料試し読みはコチラ

 

初恋の相手の信介に失望する涼子

涼子が道を歩いていると

ブログの偽名に使っている信介本人が

声をかけてきた

信介は中学時代の同級生で

涼子の初恋の相手だった

 

信介は、涼子がカワイイと言うと

涼子の顔は赤くなった

そして信介は、小学生時代に

涼子が虫を見ていてクラスメートから

からかわれていたのを

自分は止めなかったことを謝った

 

だが信介が、昔なりたいと言っていた

医者のことを否定しだすと

涼子はキレてしまった

そのまま店を出ていってしまったので

信介は、涼子と一発ヤレなかったと

残念がった

 

涼子は、埋めていた飼い犬だったリトルを掘り出し

信介は程度の低い男になっていたとつぶやいた

そしてハンドルネームを変更しないと

いけないと言いながら

自分はリトルと一緒なのだと言って泣いた

 

祖母を階段から突き落とす涼子

母親は、仕事から帰ってくると

玄関で倒れ込んでしまった

それを涼子と京子がベッドまで連れていき

先に涼子を、部屋から出した京子は

自分の考えは変わらないと言った

 

涼子が、学校から帰ってくると

体調の悪い母親を心配した祖母が

医者に往診に来てもらうと叫んでいた

それを聞いた涼子は、このままでは

バレてしまうと思い

往診を断固阻止するとブログに書いた

そして母親に、夜食を持って

階段を登ってきていた祖母を

涼子は、突き落としてしまった!!

 

⇒『摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~』の無料試し読みはコチラ

 

「摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~」6~7巻を読んでみた感想

どうやら涼子は、リトルが死んだこともありますが

小学生時代に、虫を見ていてクラスメートから

バカにされたことも、今のようになってしまった

原因のようです

信介が涼子に、優しく接してあげれば

もしかしたら改心してくれたかもしれません

でも信介は、普通のヤリたい盛りの男の子だったので

涼子は、少し残っていた恋心も

完全に失ってしまったようです

姉の京子は、母親にタリウムで殺されると

言いましたが、信じてもらえませんでした

涼子はそれを察知して、脅しをかけているので

京子はなかなか思い切った行動を

取れないでいます

涼子はとうとう最後は、母親を医者に診せると言っていた

祖母を階段から突き落としてしまいました

家族にもそんなことが平然とできる涼子の狂気を

どうやったら止められるのでしょうね

 

>>『摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~』のを読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~』を今すぐ無料試し読み👆

-摂氏零度の少女~私がママを殺すまで~

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.