つまり好きって言いたいんだけど、 1巻 ~小さい頃のイジメっ子で女グセ最悪・ウソつきの宗純の担当になってしまう千歳 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『つまり好きって言いたいんだけど、 』1巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きで『つまり好きって言いたいんだけど、』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「つまり好きって言いたいんだけど、」1巻の簡単なあらすじ

瀬那の担当になる千歳

子どもの頃いじめられていた千歳は、いつも強い自分をイメージしていた

そして大人なって芸能事務所でマネージャーをしていた千歳は、実際、心身ともに強くなっていた

ある日、千歳は異動を命じられ、超人気俳優の瀬那の担当になったが、瀬那は女クセが悪いと聞いていた

顔合わせをすると、瀬那はいきなり千歳は怖い雰囲気をしていると言ったが、千歳はこれが素だと答えた

イジメっ子の宗純だった瀬那

千歳は瀬那の部屋に迎えに行くと、いきなり女の子が部屋から出てきた

女遊びはほどほどにと言うと、瀬那はどうして遊びだと決めつけるのかと言った

また瀬那の部屋に迎えに行くと、別の女の子が出てきたので、千歳は瀬那はウソつきなのだと思った

千歳は瀬那を家まで送っていくと、どうして自分を指名したのかと聞いていた

するとそこに瀬那の遊んだ女の子の男が現れ、いきなり瀬那に殴りかかった

それを止めた千歳を男は突き飛ばしたが、その際、瀬那は千歳が小さい頃に呼ばれていたあだ名で呼んだ

それを千歳が問い詰めると、なんと瀬那は千歳を小さい頃にイジメていた宗純だった!

千歳は強くなったという宗純の演技は千歳は好きだったが、やはりイジメっ子の宗純は今は好きになれなかった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

千歳にコクる宗純

千歳は宗純にどうしても女の子と付き合いたいなら、ちゃんとした恋人を作るように言った

しかし宗純は、ウザいと答えるだけだった

千歳は宗純の映画が公開日間近なので、宗純を監視するようになった

宗純は千歳を飲みに誘い、自分のいきつけのバーに連れていった

しかし酒に弱い千歳は、そのまま酔い潰れてしまった

そして千歳が目を覚ますと、なんと宗純と一緒に眠っていた

宗純とシテしまったと思った千歳は、宗純のマネージャーを辞めると言い出した

しかし宗純は、それを認めてくれなかった

すると千歳は、事務所を辞めると言い出してしまった

宗純はそんな千歳を引き止め謝りだしたが、千歳はウソつきな宗純の言葉を信用しなかった

すると宗純は、今度は千歳と恋人になれば、監視する必要はなくなると言った

それにキレた千歳に、宗純は千歳が好きだとコクった

しかし千歳はやはり、そんな宗純の告白を信じなかった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

宗純の舞台を見て涙を流す千歳

千歳は今度の宗純の舞台の脚本を読み、宗純のイメージに合わないと思っていた

そんな千歳に宗純は恋愛ドラマほうがいいのかと聞くと、千歳は自分が宗純の相手役になった様子を思い浮かべてしまい、顔を赤くしてしまった

千歳は森崎に話しかけられ、自分が宗純の相手役になった様子を思い浮かべてしまったことを相談してみた

そして宗純はウソつきだと愚痴ると、森崎は、宗純の演技力はウソつきの才能があるからだと言った

宗純は突然冷たい態度をとるようになってしまい、千歳はどうしていいか分からなくなっていた

しかし千歳は、宗純の舞台を見ると感動して涙を流してしまった

舞台を終えた宗純は、本気で役作りをしたと話すと、千歳に素っ気なくしていたのもそのせいだと言った

千歳は宗純の演技力は素晴らしいと褒めると、ウソをつき続けるように言ったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

宗純との同居生活

しかし千歳がそんなことを言っていると、マンションの管理会社から火事が起きたと電話が入った

幸いボヤで済んだが、千歳は宗純としばらく同居することになった

千歳は宗純の健康管理をするというと、料理も作るようになったので、宗純は食器セットを買ってきてくれた

いじめていた理由を話す宗純

しかし宗純は過労で倒れてしまい、千歳は薬などを買いに行って帰ってきた

すると宗純は仕事に行こうとしていたので、千歳はそれを押しとどめようとした

宗純は千歳が買った宗純のDVDを見つけていて、明日の舞台はもっと頑張ると言い出した

なんとか千歳は宗純を無理矢理ベッドに寝かすと、宗純は、小さい頃に千歳をイジメていた理由を話した

しかし宗純は、この前に見た千歳の笑顔はもっとよかったと言った

そして今の千歳が刺刺しくなったのは、自分のイジメのせいなのではないかと聞いてきた

千歳は自分の笑顔が見たいならちゃんと体を治すように言いながら、自分がこうなったのは宗純のせいではないと答えた

だが翌日、宗純は熱のせいか、言ったことを全部忘れてしまっていたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

つまり好きって言いたいんだけど、の続きはコチラ👇

「つまり好きって言いたいんだけど、」1巻を読んでみた感想

宗純は小さいころから千歳が好きで、いじめていたようです

自分の気持ちが上手く伝えられない男の子には、よくあることですね

千歳も宗純の気持ちに気づいたみたいですが、今のように刺刺しくなったのは宗純のイジメが原因ではないと言っています

恐らく背中にある傷か何かが、関わりがあるようです

まだそれがどんなものなのかは今のところ分かりませんが、恐らく心に深い傷がつくような酷い出来事だったのでしょうね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-つまり好きって言いたいんだけど、
-,