痴情の接吻 3巻 ~講習会の後で忍の下の名前を叫んでしまう和華 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『痴情の接吻』3巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きで『痴情の接吻』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「痴情の接吻」3巻の簡単なあらすじ

岳に3人での飲みに誘われた和華

忍と恋人としての交際を始めた和華は。あまりに交際が順調すぎて怖いくらいだった

今度の講演会の打ち合わせに行くと、そこに来ていたのはなんと忍の友だちだった岳だった!

すると岳は誰かと付き合っているのかと聞いてきたので、和華は思わず忍の名前を話してしまった

そして今はシェアハウスしていると答えると、岳はそれを聞いて3人で飲もうと誘ってきた

和華と岳は先に二人で飲んでいると、岳は今の和華のほうがいいと言って迫ってきた

そこに忍がやってきて間に入り3人で飲み始めたが、忍の目は笑っていなかった

忍は和華と岳が打ち合わせをしたと聞くと、突然和華に恋の歌をレクチャーして欲しいと言いだし、和華を連れて店を出てしまった

忍は外に出ると、どうして岳を下の名前で呼んで自分を呼ばないのかと言ってきた

そんな忍を見た和華は、いつもは落ち着いて大人の感じの忍が嫉妬している表情をしているので、思わずかわいいと思ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

寝落ちしてなかなかセックスできない和華

和華がすぐに寝落ちするので、忍はなかなかセックスできないでいた

その状態が何日も続いていて、その上に岳と和華が打ち合わせしているので、忍は嫉妬心で襲いたいくらいになっていた

和華が自分の部屋で万葉集を読んでいると、そこに忍がやってきた

忍はそのまま読んでいていいと言いながらキスをすると、そのまま和華の体を愛撫し始めた

そして忍はいつまでも満たされないといいながら、そのまま和華の中に挿れてしまった

すると和華はもっといっぱいしてと言ったので、忍はそんな和華の言葉の興奮して思わずイってしまったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

下の名前を呼ぶように要求する忍

和華は忍の嫉妬した表情を見たくて仕方がないので、ワザと岳の下の名前を何度も言った

すると忍はいきなり和華にキスをすると、自分の下の名前を呼ぶように要求してきた

そして忍は和華に何度も下の名前を呼ぶようにいいながら、和華にHなことをし始めたので和華はムキになってしまった

すると忍は何か怒ったような表情になると、そのまま部屋を去ってしまった

それで焦ってしまった和華は、忍の下の名前を呼ぶ練習をしてみたが、やはり恥ずかしくてなかなかうまくできなかった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

忍の下の名前を叫ぶ和華

和華は職場で古典の講習会をした後に岳と廊下を歩いていると、会場には忍も来ていた

しかし忍は、和華に声もかけずに去ろうとしたので。和華は思わず忍の下の名前を叫んでしまった!

それで忍は、そのまま和華を抱えて家に連れ帰ってしまった

すると忍は、和華がみんなの前ではカワイイ顔をして自分の下の名前を初呼びしてくれたのに、また戻っているのでちゃんと下の名前で呼ぶように要求してきた

和華は忍にお願いされてとうとう忍の下の名前を呼んでみると、忍はキスをしながら何度も自分の下の名前を呼ばせた

自分の下の名前を呼んでもらった忍は、そのまま和華を押し倒してしまうと、今日は寝かせないと言いながら…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

花見で酔って素直にキスする和華

和華の職場の人たちと、忍も一緒に花見をすることになった

しかしまた和華は忍の下の名前を呼ばなくなったので。忍は下の名前を呼ばないときの罰として、呼ばなかったらキスすると決めてしまった

和華は花見が始まると、忍は自分のどんなところが好きなのか気になってしまうと、つい酒を飲み過ぎてしまった

そしてみんなが酔い潰れてしまったので、忍は和華と二人で桜を見て廻り始めた

和華はまた忍の下の名前を呼ばなかったが、酔っていた和華はなんと自分から忍にキスしてしまった!

翌日、和華は目を覚ましたが、花見のことは途中から全く覚えていなかった

しかし和華の胸には、忍がつけたたくさんのキスマークがあった

すると忍は素直な和華も可愛かったと言ってきたので、和華は恥ずかしさで顔を赤くしてしまった

※この後、番外編として忍の私生活のお話があります

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

痴情の接吻の続きはコチラ👇

「痴情の接吻」3巻を読んでみた感想

岳は和華のことがずっと好きでしたが、和華の気持ちを向けさせることは全くできませんでしたね

和華は忍の下の名前をなかなか呼べないでいますが、何度も言っていれば慣れるとは思います

でもやはり好きな相手の下の名前を呼ぶのは、最初は気恥ずかしいのは分かりますね

会社の人たちにもとうとう交際がバレてしまいましたが、周りの人たちの反応はやはりかという反応でした

忍の名前を叫んだことを茶化されたりしているようですが、周囲の人たちにも二人の交際は認められている感じです

このまま二人が順調に、交際を続けていければいいですね!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-痴情の接吻