読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

痴情の接吻 3巻 ~講習会の後で忍の下の名前を叫んでしまう和華 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

貴女だけが欲しい…

偏愛男の危険な「痴情」

図書館司書の和華は、高校時代の同級生・上条と

シェアハウスすることに

しかし、上条はずっと和華のことが好きだったと告白

「僕のことを好きになってもらう」と宣言!

本さえあれば独りが一番楽しい、恋なんて要らない…

そう思って生きてきた和華だが

上条の甘い愛し方に翻弄され、ついに両想いに

しかしここからが上条の本領発揮だった!

「忍」と名前呼びするのさえ気恥ずかしい和華に

上条はある「罰」を提案し…!?

極上の男に溺れていく痴情の恋、第3巻!

タイトル 痴情の接吻
作者 如月ひいろ
価格 420円(税抜き)

『痴情の接吻』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『痴情の接吻』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒『痴情の接吻』を今すぐ無料試し読み👆

 

「痴情の接吻」3巻の簡単なあらすじ

岳に3人での飲みに誘われた和華

忍と恋人としての交際を始めた和華は

あまりに順調すぎて怖いくらいだった

今度の講演会の打ち合わせに行くと

そこに来ていたのはなんと

忍の友だちだった岳だった!

 

岳は、誰かと付き合っているのかと聞いてきたが

思わず忍の名前を話してしまったので

今はシェアハウスしていると答えた

それを聞いた岳は、3人で飲もうと誘った

 

和華と岳は、先に二人で飲んでいると

岳は、今の和華のほうがいいと言って

迫ってきた

そこにやってきた忍が間に入り

3人で飲み出したが

忍の目は笑っていなかった

 

忍は、和華と岳が打ち合わせをしたと聞くと

和華に恋の歌をレクチャーして欲しいと言い

和華を連れて店を出てしまった

外に出ると忍は、どうして岳を

下の名前で呼んで、自分を呼ばないのかと言った

いつもは落ち着いて大人の感じの忍が

嫉妬している表情を見た和華は

思わずかわいいと思ってしまった

 

寝落ちしてなかなかセックスできない和華

和華がすぐに寝落ちするので

なかなかセックスできないでいた

その状態が何日も続いていたが

忍は、岳と和華が打ち合わせしているので

嫉妬心で襲いたいくらいになっていた

 

和華が万葉集を読んでいると

忍は、そのまま読んでいていいと言いながら

キスをして和華の体を愛撫し始めた

いつまでも満たされないといいながら

忍は和華の中に挿れると

和華は、もっといっぱいしてと言ったので

その言葉を表情に興奮した忍は

思わずイってしまった

 

下の名前を呼ぶように要求する忍

和華は、忍の嫉妬した表情を見たいので

ワザと岳の下の名前を何度も言ったが

忍は、いきなり和華にキスをして

自分の下の名前を呼ぶように要求した

 

忍は、何度も下の名前を呼ぶようにいいながら

和華にHなことをし始めたが

和華はムキになると、忍は何か怒ったような表情で

去ってしまった

焦った和華は、忍の下の名前を呼ぶ練習をしたが

やはり恥ずかしくてなかなかできなかった

 

⇒『痴情の接吻』の無料試し読みはコチラ

 

忍の下の名前を叫ぶ和華

職場で、古典の講習会をした後

岳と廊下を歩いていると

会場には忍も来ていた

しかし忍は、和華に声もかけずに

去ろうとしたので

和華は思わず、忍の下の名前を叫んだ

 

すると忍は、和華を抱えて家に連れ帰った

そして忍は、みんなの前で

カワイイ顔をして、名前を初呼びしたと言ったが

また戻っているとので

ちゃんと下の名前で呼ぶように要求した

 

和華は、忍にお願いされて

とうとう忍の名前を呼ぶと

忍はキスをしながら、何度も呼ばせ

和華を押し倒して、今日は

寝かせないというのだった

 

花見で酔って素直にキスする和華

和華の職場の人たちと忍も一緒に

花見をすることになったが

また和華は、忍の下の名前を呼ばなくなったので

忍は、呼ばなかったら罰として

キスすると勝手に決めた

 

花見をしながら和華は

忍は自分のどんなところが好きなのか

気になってしまい、つい酒を飲み過ぎてしまった

みんな酔い潰れてしまったので

和華と忍は、二人で歩きながら

桜を見て回っていたが

また忍の下の名前を呼ばなかった和華は

酔っているせいか、自分から忍に

キスをしてきたのだった

 

翌日、目を覚ました和華だったが

花見のことは、途中から

全く覚えていなかった

和華の胸には、忍のたくさんのキスマークがあり

忍は、素直な和華も可愛かったというので

和華は恥ずかしさで顔を赤くしてしまった

 

※この後、番外編として忍の私生活のお話があります

 

⇒『痴情の接吻』の無料試し読みはコチラ

 

「痴情の接吻」3巻を読んでみた感想

岳は、和華のことが好きでしたが

和華の気持ちを向けさせることは

全くできませんでしたね

和華は忍の下の名前を

なかなか呼べないでいますが

何度も言っていれば慣れるとは思いますが

やはり好きな相手の下の名前を呼ぶのは

最初は気恥ずかしいのは分かりますね

会社の人たちにも、とうとう交際が

バレてしまいましたが

周りの人たちの反応は、やはりかという反応でした

忍の名前を叫んだことを茶化されたり

しているようですが、周囲の人たちにも

二人の交際は認められているので

このまま順調に交際を続けていければいいですね

 

>>『痴情の接吻』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『痴情の接吻』のを読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『痴情の接吻』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『痴情の接吻』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『痴情の接吻』を今すぐ無料試し読み👆

-痴情の接吻

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.