痴情の接吻 2巻 ~自分から忍にキスをして付き合おうという和華 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『痴情の接吻』2巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きで『痴情の接吻』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「痴情の接吻」2巻の簡単なあらすじ

忍の誕生日

1週間経っても拒絶しなかったキスのことが、和華は気になっていた

和華は高校時代に忍の誕生日の時、ネコの格好をさせられてしまったので、忍の誕生日をよく覚えていた

その上に忍は、その時の写真を大事に取っていた

忍は誕生日の日になると仕事で遅くなると言って出かけたので、和華は忍のために料理を作ってあげることにした

そしてようやく忍が帰ってくると和華が誕生日の料理を作っていたので、忍は今までの誕生日の中で一番嬉しいと言ってくれた

その忍の笑顔を見た和華は、とうとう忍に自分からキスをして付き合おうと言ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

忍にどうしてシないのかと聞く和華

忍と付き合うことになった和華は、忍がセックスを求めてくるのを待っていた

しかしなぜか忍は、セックスを求めてこなかった

もしかして忍に騙されてしまったのかと思っていると、なんと忍は職場へやってきた

それでも忍はキスをしないので和華は拗ねていると、忍はホットミルクを持ってきてくれた

そんな忍に和華は、とうとうどうしてシないのかと聞いてしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

忍との初めてのセックス

忍は和華が自分のことで一喜一憂するのを見たかったのだというと、和華を自分の部屋へと連れていった

すると和華は高校時代に忍が買った痴人の愛を見つけたが、セックスをすることなくすぐに寝てしまった

翌日、和華は前日セックスせずに寝てしまったので、仕事中もそわそわしていた

そして帰宅してお風呂に入った忍の髪を乾かしてあげていると、忍は昨日の続きだと言ってキスをして好きだというと押し倒してしまった

そんな忍にとうとう和華は体を許し、忍を受け入れ忍との初セックスをしたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

下の名前で呼ぶようになった忍

翌晩から忍は、和華の下の名前で呼ぶようになった

その上に忍ぶは和華と一緒に寝たいと言ってきたが、和華は仕事に差し支えると言ってそれを断ってしまった

しかし翌朝、和華が目を覚ますと隣に忍が寝っていた!

和華は勝手なことをしないでと言って怒ると、忍はシュンとしてしまい、そのまま仕事に出かけてしまった

それが気になってしまった和華は忍を迎えに行くと、忍は喜んで和華を抱きしめてくれた

そして忍は和華と手を繋ぐと、わざと遠回りして家に帰ったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

痴情の接吻の続きはコチラ👇

「痴情の接吻」2巻を読んでみた感想

とうとう和華は、忍と付き合うことにしました

まだ付き合い始めで戸惑っている和華ですが、これから忍のことをいろいろ知ってくると自然とうまく付き合えるようになるでしょう

今の様子だと周りの人たちも二人の関係が怪しいと思っているので、交際が発覚しても自然と受け入れてもらえるでしょうね

これから二人の恋人としての同居生活がどんなものになっていくのかは分かりませんが、ひとまず同居生活は順調なのでこの後がとても楽しみですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-痴情の接吻