読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

快楽の罠 9~10巻 ~雨に打たれた莉緒を裸にして人肌で温める秀秋 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『快楽の罠』を9~10巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『快楽の罠』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「快楽の罠」9~10巻の簡単なあらすじ

母親のところへ行くことを断られた慎二

慎二は憲一に、自分は母親から愛されていたのだと言った

しかし憲一は、母親を追い出した父親と戦える力がつくまで、父親を利用するのだと言った

 

しかし慎二たちの母親は亡くなってしまった

慎二は父親に土下座して、母親のところへ行かせて欲しいと頼んだがダメだと言われた

そこで慎二は憲一にも頼んだが、憲一は、自分は大切な面接があるので行けないと答えた

それにキレた慎二は憲一を殴った後、泣いて行かせて欲しいと頼んだが、それでも憲一は断ったのだった

 

別荘を飛び出してしまう莉緒

慎二は、莉緒に秀秋を薫子から奪うように言うと、自分は秀秋から薫子を奪うと言った

そして慎二は、秀秋たちを誘い別荘へと行った

 

慎二は莉緒に、薫子は兄の憲一の元カノで、その上風俗嬢をしていると教えた

それで莉緒は、秀秋にどうして風俗嬢と付き合っているのかと責め立て、薫子は保険金目当てで近づいたのだと罵った

 

秀秋はキレて莉緒を引っ叩くと、莉緒は外に出ていってしまった

それで秀秋は、莉緒を追いかけていった

薫子も秀秋を追いかけようとしたが、それを慎二は止めると、薫子のアソコを舐め始めた

 

莉緒は、紗絵が秀秋のことを暖かい人だと言っていたことを思い出していた

しかしそこに雷が鳴り始めてしまった

雷恐怖症の莉緒を心配した秀秋は、雨の降る中、必死に莉緒を捜した

 

⇒『快楽の罠』の無料試し読みはコチラ

 

濡れた莉緒を人肌で温める秀秋

その頃、学生時代にはカワイイ娘を喰いまくったと自慢する慎二に、激しく突かれていた

そして慎二は、秀秋は雷恐怖症の莉緒を放ってはおけないので、今頃どこかで二人はセックスしているだろうと言った

 

秀秋は、雷の音で震えていた莉緒を見つけると、莉緒は秀秋に抱きついてきた

雨も降り雷も鳴っているので、秀秋は莉緒を廃墟の中に連れ込んだ

 

雨に打たれた莉緒は、熱を出していた

そこで秀秋は、莉緒の服を脱がせ、自分も裸になって人肌で莉緒を温めた

秀秋は勃起しながらも、莉緒を犯そうとはせずに、引っ叩いたことを謝ったりした

それで莉緒は、秀秋は思ったよりいい人なのかもしれないと思い始めていた

 

秀秋は莉緒を連れて帰ってきたが、薫子は怒っていた

秀秋は言い訳をしたが、それを止めた薫子は、慎二に何をされたのか言わなかった

怒ったまま薫子は、家に帰ってしまった

しかしその際、慎二に家を特定されてしまった

 

薫子のためにネックレスを買う秀秋

秀秋は、薫子がいつもしていたネックスレスをしていなかったことに気づいた

そこで機嫌を直してもらうために、プレゼントのネックレスを買った

 

その頃、薫子の部屋に慎二がやってきて、また薫子を犯し始めた

慎二は薫子に、秀秋は莉緒とまたセックスしているというと、秀秋を諦めるように言った

 

薫子は、秀秋はそんな人ではないと思いつつ、なぜか不安な気持ちになっていた

すると玄関のチャイムが鳴ると、秀秋が部屋にやってきた!

 

⇒『快楽の罠』の無料試し読みはコチラ

 

「快楽の罠」9~10巻を読んでみた感想

秀秋は、莉緒を追いかけて人肌で温めたりしましたが、セックスをすることはありませんでした

しかし薫子は、心のどこかで秀秋のことを疑っているようです

莉緒は秀秋のことを、結局手を出さなかったこともあって見直し始めています

やはり問題は、慎二でしょうね

慎二は薫子の部屋にもやってきて犯していますが、それを秀秋が知ったらどんな反応をしてしまうでしょうか

この後がとても心配になってしまいますね

 

>>『快楽の罠』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『快楽の罠』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『快楽の罠』を実際に読んでみましょう!

 

-快楽の罠

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.