「子供を殺してください」という親たち 28巻 ~歯医者でも会話をせず帰り道で小学生女児を食い入るように見る譲 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『「子供を殺してください」という親たち』を28巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『「子供を殺してください」という親たち』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で、『「子供を殺してください」という親たち』と検索すれば会員登録しなくてもすぐに試し読みすることが可能ですよ

 

『「子供を殺してください」という親たち』は合冊版でebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

 

「「子供を殺してください」という親たち」28巻の簡単なあらすじ

隠しカメラを仕掛けるあかね

剛は、母親から譲と10年ほど会話がないと聞くと

母親に、歯医者に行くのか訊ねた

母親は、3年前から行っていると答えると

剛は、視察調査をしようと言った

 

その上、剛は譲の家の中での様子も

見たいと行って、譲の入浴時間に

カメラを仕掛けることにした

 

翌日、譲がお風呂に入ったので

あかねが家の中に入り、カメラを仕掛けることにした

あかねは、家の中を観察しながら

カメラを仕掛ける場所を探して

造花にカメラを仕掛けた

 

剛は、譲の食事の動画を見ると

譲は、肉を食べても噛みきれず

吐き出していた

その上、譲の右手の指は硬直してしまっていた

剛は、15年以上引きこもっている譲の体は

かなり衰えていると判断して

早く病院で診てもらわないと

ヤバいだろうと判断した

 

⇒『「子供を殺してください」という親たち』の無料試し読みはコチラ

 

譲を視察調査する剛とあかね

剛とあかねは、外出した譲を尾行して

観察することにした

道で女性とすれ違った譲は

変な格好で、女性を避けるように道の端を通った

 

譲が歯医者に入ったので

あかねが譲の様子を見に歯医者に入ると

やはり譲は、話していなかった

そして歯医者を出た譲は

小学校のグラウンドにいる

女児を食い入るように眺めていた

 

秘策があるという剛

剛は、母親とまた面談して

譲を早く、病院へ連れていく必要があると言った

対人恐怖症や不安障害の疑いもあり

女児にも異常な関心を示しているので

早く精神科に連れていかなければならないと言った

 

譲の母親は、覚悟は決めていると言ったが

剛は母親に、父親はどう考えているのかと訊ねた

別居している父親は

譲がおかしくなってから、家にほとんど戻らなくなり

家に帰ってきても、譲を完全に無視しているというのだ

 

母親は、父親は譲のことを

全部、自分のせいにしていると言って

父親からのメールを見せた

剛は、こんな父親なら協力するハズもないし

今出てきても、逆効果になると言った

 

あかねは、譲を受け入れる病院があるのかと言うと

剛は、ある秘策があると答えた

 

⇒『「子供を殺してください」という親たち』の無料試し読みはコチラ

 

「子供を殺してください」という親たちの続きはコチラ👇

「子供を殺してください」という親たち 29巻 ~部屋の中に大量の幼女ものの本を持っていた譲 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「「子供を殺してください」という親たち」28巻を読んでみた感想

譲は、15年以上引きこもっていて

心も体も完全におかしくなってしまっています

でもその原因は、どうやら父親にあるようですね

父親は、母親が専業主婦でいることに

不満を持っているようですが

それを言葉では言わず、メールで送っています

譲のことも、全部母親のせいにしていますが

恐らく家族に向き合わない父親のせいで

譲は引きこもってしまった可能性が高いでしょう

剛は、譲を精神科に入れる秘策があると言っていますが

どんな方法を使うのでしょうか

そして早く譲を、病院で治療を受けさせて

立ち直らせて欲しいですね

 

>>『「子供を殺してください」という親たち』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『「子供を殺してください」という親たち』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『「子供を殺してください」という親たち』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『「子供を殺してください」という親たち』を実際に読んでみましょう!

 

-「子供を殺してください」という親たち

© 2020 まんがコミック大好き日記