快楽殺人姫 26巻 ~アナルプレイをした英児を殺した様子を思い出し快感が全身に走る結愛 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『快楽殺人姫』を26巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「快楽殺人姫」26巻の簡単なあらすじ

ルミカに決めたことを守るように言う結愛

英児を殺した結愛に、ルミカから電話がかかってきた

ルミカは、結愛に何かあったのか訊ねたが

結愛は、大きなトランクに詰めた

英児の死体を見ながら、すぐには答えなかった

結愛はルミカに、計画では絶対に

自分に電話をかけない約束だったと言って

絶対に決めたことは、守るように言って

電話を切った

英児の死ぬ様子を思い出し快感が走る結愛

結愛は、部屋に着いた英児の血を拭き取り

カーテンを拭く際に、血のついた自分の顔を見て

酷い顔だと言った

するとそこにフロントから電話がかかってきたが

結愛は部屋を間違っていると答えた

それから結愛は、自分の体についた

英児の血を洗い流すためにシャワーを浴び始めた

首についた英児が首を絞めた痕が痛むと

結愛は、英児とのアナルセックスを思い出した

すると足がガクガクと震え

英児の首にアイスピックを突き刺したことを思い出すと

体中に快感が走り、床にへたり込むのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

快楽殺人姫の続きはコチラ👇

「快楽殺人姫」26巻を読んでみた感想

どうやら結愛が、Hなことをしながら人を殺すことに

快感を覚えるようになったのは

英児を殺したときが始まりのようです

これがきっかけで、Hなことをしてしまうと

相手の男を殺すようになってしまったのでしょうね

英児を殺した後に、ルミカが電話をかけてきましたが

結愛は、計画と違っていると言って注意しましたが

このまま結愛は、ルミカを切り捨てる気になったかもしれません

次は将に復讐するハズなので、その際に

一緒に処分してしまう可能性もあるでしょう

今度はどんな方法で、結愛が復讐するのかとても楽しみですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-快楽殺人姫

© 2021 まんがコミック大好き日記