ガンニバル 4巻 ~有希とましろを元相棒の山伏に預け後藤家に乗り込む大悟 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『ガンニバル』4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『ガンニバル』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「ガンニバル」4巻の簡単なあらすじ

さぶに何かがあれば殺すと凄む大悟

恵介は大悟を家の前で車から降ろすと、そのまま去ってしまった

そして大悟は家の中に入ると、ましろの誕生日の料理があったが有希とましろはいなかった

それで大悟は有希に電話をかけると、有希はましろがいなくなったと言った

それを聞いた大悟は、恵介が自分を狩りに誘ったのはましろを誘拐するためだったのかと思った

有希は家に戻ってくるとそこにさぶたちがやってきたが、さぶはなぜか大悟が狩りに行っていたことを知っていた

それで大悟はさぶたちを自分は疑っているというと、ましろに何かがあればぶっ殺してやると凄んだ

しかし幸いましろは、村の子どもたちと遊んでいた

大悟は有希に村人たちは人を喰っているかもしれないと話すと、何事も自分たちのためにやっているのだ言った

すると有希は大悟も自分のためにやっているというと、そのまま大悟を置いて家に帰ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

試し焚きに参加する大悟

大悟はさぶに謝罪して、しばらくは大人しくしていた

その頃、後藤家では恵介の弟の洋介は、奉納祭に捧げられる子どもの世話をするように命じられていた

大悟が神社にやってくると、宮司の宗近が声をかけてきた

宗近は恵介とは同級生だったと話すと、恵介は母親が家を出ていってから学校へは来なくなったと言った

そして先代の当主の銀は、後藤家の人たち以外は人間はただの肉片にしか見えないというと、以前、それに異議を唱えた裏切り者がいたと話した

洋介は生贄となる子どもの体を洗いながら、銀の考えに疑問を持っていた

大悟は奉納祭の前に行われる試し焚きにやってくると、人間の代わりに燃やされる供花と呼ばれる人形が焼かれていた

そしてさぶたちは、燃えさかる人形の前で踊っていた

それを見ながら宗近は、村人たちは伝統や血脈に縛られながら生きているというと、それは呪いなのかもしれないと言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

元相棒の山伏に有希たちを預ける大悟

恵介は死んだ銀の跡を継いで、後藤家の当主になった

岩男は恵介に、これで大悟が大人しくしているはずはないと言った

有希はましろの誕生日の料理を作り、もう一度ましろの誕生日をやり直そうと言った

それで大悟はましろの誕生日を祝ってあげると、3人で楽しく料理を食べた

大悟は有希に村は危険なので3人で村を出るというと、有希とましろは今すぐにだと言った

大悟は有希に車に仕掛けられたGPSを見せると、そのまま家を出た

しかし家を出た大悟たちの車を後藤家の奴らがつけてきたが、大悟はその車をうまく撒いてしまった

そして大悟はかつての相棒だった山伏に、有希たちを頼んだのだった

後藤家に乗り込む大悟

有希たちを山伏に預けた大悟は、後藤家の屋敷の近くまでやってきた

しかし後藤家の奴らに見つかってしまった

大悟は子どもが殺されるという密告があったと話して、後藤家の奴らがお互いに疑心暗鬼になるように仕向けた

すると大悟は後藤家の屋敷に連れいかれ、恵介の前に座らされた

しかし大悟は、恵介がずっと最悪の事態を避けていたのだと思っていた

恵介は大悟にどこまで知っているのかと聞くと、大悟は監禁されている子どもをすぐに解放するように要求した

そして大悟は子どもの監禁は、全部銀のせいにしてしまえば恵介たちの罪は軽くなるというと、それで決着をつけようと言った

その大悟の言葉を聞いた後藤家の男たちは一斉に大悟に銃を向けると、大悟は後藤家の男の一人を盾にした

すると恵介は男たちに銃を下ろすように命令すると、大悟は狩野と同じ妄想に取り憑かれていると言った

するとそこに警察署の署長が現れ、大悟に人質を離すように命令した

大悟は状況を説明したいと署長に言っても、署長はただ黙って引くように言った

その頃、洋介は生贄の子どもを…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ガンニバルの続きはコチラ👇

「ガンニバル」4巻を読んでみた感想

恵介の弟の洋介は村のしきたりに疑問を持っていて、どうやら生贄の男の子を連れ出すつもりのようです

恵介は村や後藤家のしきたりに従っているように見えますが、大悟が感じているように肝心な所では大悟をかばったりしています

恐らく内心では、恵介はしきたりに疑問を持っているのではないかと思います

でも恵介はしきたりに簡単には逆らえないので今は従っているフリをして、しきたりを壊してくれる人を探しているように感じます

だんだん奉納祭が近づいてきていますが、これからどんなことが起こるのかとても心配になってきましたね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

婚姻届に判を捺しただけですが

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

病めるときも健やかなるときも愛し合わないことを誓います。「世間の目を欺くために、俺と結婚してください」彼氏、いない。飲んでくれる友達、いる。仕事、めちゃくちゃ楽しい! そんなわけで、大加戸明葉(おおかど あきは・27歳)の結婚願望、特になし。ところがそんな日常の中、突然降って湧いた電撃プロポーズ! 相手は30分前に出会ったばかりの文芸編集者・百瀬柊(ももせ しゅう)。仕事はできるがコミュ障(ただし美形)の百瀬は、とある理由から“既婚者”の肩書きを手に入れるため、偽装結婚をしたいのだと言う。はじめは突っぱねた明葉だったが――!? 幸せな結婚って? 仲良し夫婦って…? 即席の偽装結婚夫婦がおくる、不意キュン必至のラブコメディ、分冊版第1巻!

ワタシ以外みんなバカ

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

『できる女』和代には悩みが尽きなかった。無能な部下の尻拭いや新入り派遣社員・百合子の世話を任され、大きな溜息ばかりが漏れる毎日。どいつもこいつもクズばかりと今日も今日とて睨みをきかせながら英姿颯爽と会社を練り歩く、そんな彼女の唯一の心の安らぎは営業部・袴田との秘密の恋のアバンチュール。夜な夜な危険な悦楽に身を委ね尽きることのない欲求の果てに彼女は一体何を見るのか…。

-ガンニバル