読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

ガンニバル 4巻 ~有希とましろを元相棒の山伏に預け後藤家に乗り込む大悟 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

 

『ガンニバル』を4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『ガンニバル』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「ガンニバル」4巻の簡単なあらすじ

さぶに何かがあれば殺すと凄む大悟

恵介は、大悟を家の前で車から降ろし

そのまま去ってしまった

大悟は家の中に入ると

ましろの誕生日の料理があったが

有希とましろがいなかった

 

有希に電話をかけると、有希はましろが

いなくなったと言った

大悟は、恵介が自分を狩りに誘ったのは

ましろを誘拐するためだったのかと思った

 

有希は家に戻ってきたが

そこにさぶたちがやってきた

さぶはなぜか大悟が狩りに行っていたことを

知っていたので、大悟はさぶたちを

疑っていると言って、ましろに何かがあれば

ぶっ殺すと凄んだ

 

しかしましろは、村の子どもと遊んでいた

大悟は、有希に村人たちは

人を喰っているかもしれないので

自分たちのためにやっているのだ言った

すると有希は、大悟は自分のために

やっていると言って、大悟を置いて

家に帰ってしまった

 

試し焚きに参加する大悟

大悟は、さぶにも謝り

大人しくしていた

その頃、後藤家では恵介の弟の洋介は

奉納祭に捧げられる子どもの世話を

するように命じられていた

 

大悟が神社にやってくると

宮司の宗近が声をかけてきた

宗近は、恵介とは同級生だったと話し

恵介は、母親が家を出ていくと

学校へは来なくなったと言った

 

先代の当主の銀は、後藤家の人たち以外は

人間はただの肉片にしか見えないと言って

以前、それに異議を唱えた裏切り者がいたと話していた

洋介は、生贄の子どもの体を洗いながら

その考えに疑問を持っていた

 

奉納祭の前に行われる試し焚きに来ていた大悟は

人間の代わりに燃やされる供花と呼ばれる人形が

さぶたちが踊る前で、燃やされた

それを見ながら宗近は、村人たちは

伝統や血脈に縛られて、生きていると話し

それは呪いなのかもしれないと言うのだった

 

⇒『ガンニバル』の無料試し読みはコチラ

 

元相棒の山伏に有希たちを預ける大悟

恵介は、銀の跡を継いで

後藤家の当主になった

岩男は、恵介に大悟が大人しく

しているはずはないと言った

 

有希は、ましろの誕生日の料理を作って

ましろの誕生日をやり直そうと言った

大悟はましろの誕生日を祝ってあげて

3人で楽しく料理を食べた

 

大悟は有希に、村は危険なので

3人で村を出るといい、有希とましろは

すぐにだと言った

大悟は有希に、車に仕掛けられたGPSを見せ

そのまま家を出た

大悟たちの車を、後藤家の奴らがつけてきたが

大悟はその車をうまく撒いて

かつての相棒だった山伏に、有希たちを頼んだ

 

後藤家に乗り込む大悟

大悟は、後藤家の屋敷の近くまでやってきたが

後藤家の奴らに見つかってしまった

大悟は、子どもが殺されるという

密告があったと話し、後藤家の奴らが

お互いに疑心暗鬼になるように仕向けた

 

大悟は、後藤家の屋敷に連れて来られ

大悟の前に座らされた

大悟は恵介が、ずっと最悪の事態を

避けていたと思っていた

恵介は大悟に、どこまで知っているのかと聞くと

大悟は、監禁されている子どもを

解放するように要求した

 

そして大悟は、子どもの監禁は

全部、銀のせいにしてしまえば

恵介たちの罪は、軽くなるといい

決着をつけようと言った

 

後藤家の男たちは、大悟に銃を向けたので

大悟は後藤家の男の一人を盾にした

恵介は、男たちに銃を下ろすように命令して

大悟は、狩野と同じ妄想に取り憑かれていると言った

 

するとそこに、警察署の所長が現れ

大悟に、人質を離すように命じた

状況を説明したいという大悟に

署長は、黙って引くように言った

 

その頃、洋介は生贄の子どもを…

 

⇒『ガンニバル』の無料試し読みはコチラ

 

ガンニバルの続きはコチラ👇

ガンニバル 5巻 ~解剖医の中村から銀がクールー病に罹っていたと聞く大悟 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「ガンニバル」4巻を読んでみた感想

恵介の弟の洋介は、村のしきたりに

疑問を持っていて、どうやら生贄の男の子を

連れ出すつもりのようです

恵介は、村や後藤家のしきたりに

従っているように見えますが

大悟が感じているように、肝心な所では

大悟をかばったりしているので

内心では、しきたりに疑問を持っているのでは

ないかと思います

しきたりに簡単には逆らえないので

従っているフリをして、しきたりを

壊してくれる人を探しているように感じます

奉納祭も近づいてきていますが

これからどんなことが起こるのか

気になってしまいますね

 

>>『ガンニバル』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『ガンニバル』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『ガンニバル』を実際に読んでみましょう!

 

-ガンニバル

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2020 All Rights Reserved.