甘く濡れる嘘~結婚と言う名の復讐~ 7~8巻 ~円香の話を聞いてすぐに寧志に電話をかけて円香を受け止めるようにいう里英 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『甘く濡れる嘘~結婚と言う名の復讐~』7~8巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

🔻絵付きで『甘く濡れる嘘~結婚と言う名の復讐~』実際に読みたい人は、下の書影を今すぐクリック🔻

「甘く濡れる嘘~結婚と言う名の復讐~」7~8巻の簡単なあらすじ

真子と順の話を聞いて里英との結婚を決意する裕一

里英との見合いの前に、裕一は母親の真子と義父の順にバーベキューに誘われた

結婚して20年経ってもラブラブな二人を見て、裕一は自分もそんな風になれるのかと思った

順は真子が自由にのびのびしているほうが、幸せな気分になれるというと、順は自分を犠牲にしてまで相手には合わせられないと言った

しかし順は、自分たちの結婚したときにことを話し始めた

そして自分の子どもを持たないことも後悔していないし、真子と裕一と3人で家族になりたかったのだと言った

その話を聞いた裕一は、自分は何も返せていないと言っていた

すると真子がやってきて、離婚した自分ののワガママに付き合ってくれた裕一に、自分は支えられていたと言ってくれた

その真子の言葉で、裕一の心の中にあったあったわだかまりが溶けていくような感じがした

それで裕一は二人に、結婚するかもしれないと報告した

そんなことがあったので裕一は里英とお見合いをして、すぐに結婚したいのだと里英に伝えたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

裕一を信じていなかったのだと気づく里英

里英は裕一から結婚したいと言われ、最初は戸惑っていたが次第に好きになっていった

寧志や円香にいろいろ惑わされることを言われたが、美和から裕一を信じるように励まされたので、やはり裕一を信じようと思い直した

そんな時に円香から電話がかかってきて、寧志が来ていないかとキレられた

円香は自分のお腹の子どもは寧志の子どもだと話し、寧志が里英に未練があるので裕一の子どもだとウソをついたのだと明かした

しかし里英は、寧志も円香が自分のことを好きではないと言っていたと伝えた

すると円香は、それを寧志に伝えたくても出来ない状態だと言って泣き出してしまった

円香は裕一が、自分が里英をいじめるので怒鳴られたことなどを話してくれた

その話を聞いた里英は、自分も裕一を信じていなかったのだと気づいた

それで里英は、寧志に電話をかけて円香をちゃんと受け止めるように言った

そしてもう自分は話すこともないので、すべてを忘れて円香と幸せになってと寧志に言った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

裕一にどこにも行かないという里英

裕一はまだ寧志が里英を諦めきれずに付きまとっていたので、里英が大丈夫なのかと心配していた

そして買い物をして帰ってきた里英に、自分と結婚しないのかと聞いた

すると里英は、今は幸せなのでもうどこにも行かないと答えた

それで裕一は里英とキスをすると、ガマンできないと言ってセックスを求めてきた

里英は裕一が、手慣れていると思ったが、裕一を受け入れようとした

しかしそこに会社から電話がかかってきて、一旦、お預けになってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

裕一と一緒に暮らすことにした里英

裕一は会社から帰ってくると、里英が作ってくれた料理をおいしいと言ってくれた

そして裕一は、翌日の里英の誕生日を一緒に過ごそうと言ってくれたので、里英はうれしさで思わず泣き出してしまった

お互いお風呂に入って裕一に抱きしめられた里英は、急きょ買ったおばちゃんパンツを裕一に見せたくなかった

しかし裕一は恥ずかしがる里英がカワイイと言ってくれて、これからは何でも見せて欲しいと言った

それで里英はもう裕一とは離れたくないと思い、そのまま裕一を受け入れたのだった

翌日、裕一は里英を猫カフェへと連れていった

ネコが苦手な裕一は里英のために、誕生日プレゼントのネコ選びをしていた

そんなことをしてくれていたと知った里英は、裕一に最高のプレゼントだと言った

すると裕一は、今日から一緒に住もうと言ってくれた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

自分が中途半端だったと認める寧志

裕一は、寧志と円香の結婚式に出席した

円香の父親の専務の西野はクーデターに失敗して、顧問とは名ばかりの島流しになっていた

しかし寧志は裕一にそんな状況でも、もう決心はゆるがないと言った

それで裕一は、またチャンスはやってくると寧志に言ってあげた

寧志は勝負はこれからも続くというと、今まで自分は中途半端だったと認めた

そんなことを言う寧志に、裕一はお幸せにと言ってあげたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

甘く濡れる嘘~結婚と言う名の復讐~の続きはコチラ👇

「甘く濡れる嘘~結婚と言う名の復讐~」7~8巻を読んでみた感想

里英を諦められずに付きまとっていた寧志も、ようやく諦め円香と結婚する覚悟ができたようです

里英に酷いこともした寧志ですが、根はそれほど悪い奴ではないので、これからはいい夫と父親になって裕一のいいライバルになっていきそうな気がします

里英も寧志や円香の言葉に自分が踊らされていたことに気づき、もっと裕一を信じてあげないといけないと気づいたようです

今のところ里英と裕一の結婚の障害になるようなことはなくなったのでよかったですが、もし何か問題が起こっても今の二人ならそれを乗り越えていけそうですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-甘く濡れる嘘~結婚と言う名の復讐~