「子供を殺してください」という親たち 25巻 ~誠一にも生きる意味があるという剛のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『「子供を殺してください」という親たち』25巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『「子供を殺してください」という親たち』は合冊版でebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「「子供を殺してください」という親たち」25巻の簡単なあらすじ

閉鎖病棟の患者の男たちと話す高校生の剛

高校生の剛は自転車で道を通っていると、精神病院の閉鎖病棟から声が聞こえてきた

剛は壁をよじ登り男たちに声をかけると、いきなり顔を殴られてしまった

それでも剛は1週間後も男たちに声をかけると、タバコを盗んでこいと要求された

しかし剛が女の子とデートだというと、男たちは自分たちにもやらせてくれと言った

剛は同級生から危ないと心配されたが、それでもまた男たちに会いに言った

しかし一人の男は殺されたと男たちは言ったが、剛は死んだ理由は分からないと思った

そして剛はこの人たちは皆、話せば面白い人たちばかりだと感じていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

誠一にも生きる意味があるという剛

剛は海で遊ぶ誠一を見ながら、そんなことを思い出していた

家に帰ると誠一は、疲れたせいかすぐに眠ってしまった

すると雄二郎は剛にお礼を言って、小学生のときに両親と一緒に海に行ったときのことを話した

そして誠一を病院に入れようとする自分は、酷い奴なのかと言い始めた

そんな雄二郎に剛は、病院の中でしが生きられない人もいるのだと言ってあげた

雄二郎はいつも犠牲になるのは家族だというと、誠一が生きる意味はあるのかと剛に聞いた

あると答えた剛は、命は大切にしなければならないのだと言ったのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

ナイフが不要になった雄二郎

半年後、誠一は相変わらず病院でトラブルを起こしていたが、緒方は根気強く治療をしてくれていた

剛は雄二郎とともに誠一と面会に行くと、以前と同じように誠一はいつ退院できるかと聞いてきた

面会を終えた剛は雄二郎に彼女のことを聞くと、雄二郎はなんとか関係を持ち直せたと答えた

そして剛を別れた雄二郎は、ずっと隠し持っていたナイフはもういらないだろうと思っていた

あかねと事務所に帰っていた剛は、自分が東京に行くと話した際に、泣いてくれた閉鎖病棟の男たちのことを思い出していた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

「子供を殺してください」という親たちの続きはコチラ👇

「「子供を殺してください」という親たち」25巻を読んでみた感想

完全に追い込まれていた雄二郎でしたが、誠一も緒方の病院でちゃんと治療を受けれるようになったこともあって、心に余裕ができて彼女との関係も戻ったようです

もし剛が関わらなかったら、彼女との関係は完全に壊れていたでしょうね

それにあのままだと雄二郎は、きっと誠一を刺し殺していたと思います

実際には、周りに剛のような人がいなくて追い詰められ、完全に人間関係が崩壊してしまう家庭が多いのではないかと思いました

雄二郎は彼女と結婚して、幸せな家庭が築いていって欲しいですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-「子供を殺してください」という親たち