あせとせっけん 5巻 ~麻子の父親に同棲で保険をかけていると言われ答えに困ってしまう香太郎 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『あせとせっけん』5巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『あせとせっけん』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「あせとせっけん」5巻の簡単なあらすじ

麻子とクリスマスデートをする香太郎

香太郎は、クリスマスデートのお店の予約ができていなかった

麻子へのプレゼントの用意もしていない香太郎は、ある所へと電話をかけた

クリスマスイブ当日、香太郎は正直にプレゼントを用意できていないというと、麻子もできていなかった

そこで二人で一緒に、買い物に行くことにした

麻子は香太郎に、ネクタイを買ってあげることにした

麻子は買ったネクタイを香太郎に結んであげようとしたが上手くできなかったので、同棲するまでに上手くできるように練習すると言った

二人が道を歩いていると、会社の新商品が売られていた

喜んでお客が買っている様子を見て、香太郎はこの光景を見るだけで仕事の疲れが吹っ飛ぶのだと言った

そして自分にアイデアをくれた人に、このせっけんを届けたかったのだと言った

その言葉を聞いた麻子は、顔を赤くしてその石けんをプレゼントに欲しいと言った

それで香太郎は、大量にそのせっけんを麻子に買ってあげたのだった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

麻子に母親が失明していると話す香太郎

香太郎は自分の実家のお茶を仕入れてくれているお店に、麻子を連れていった

料理を食べているとお店の大将がやってきて、香太郎の実家のお茶を出してくれた

そして香太郎は麻子に、自分の母親は失明していると告白した

これまで付き合った女性はそのことを聞くと重たいと言ってしまい、別れてしまったのだ

そのことを心配していた香太郎に、麻子は、香太郎の実家に挨拶に行きたいと言ってくれた

お店を出ると麻子は石けんを取り出し、これを試そうと言い出した

それを聞いた香太郎は、早速麻子とホテルへ行って、石けんを試すことにした

香太郎は、シャワーを浴びた麻子のにおいを嗅いだ

そしてベッドで麻子のお腹の甘いにおいを嗅ぐと、タガが外れてしまい、そのまま…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

麻子の実家に挨拶に行く香太郎

麻子は実家の母に同棲のことを話すと、母は香太郎を正月に家に呼ぶように言った

大晦日に、一足先に実家に戻っていた麻子は、父親に香太郎のことを話した

すると父親はショックだったと言いつつも、会うのは楽しみにしていると言ってくれた

正月に、麻子の実家にやってきた香太郎は、麻子の家族と食事を食べて、その後に家族麻雀をした

麻雀が終わると、麻子の父親は真面目な話をしたいと言い出した

父親は、香太郎に同棲のことを聞くと、香太郎は、結婚も考えていると答えた

麻子の父はどうしてすぐ結婚しないのかというと、同棲するのは保険をかけているのではいないかと訊ねた

答えに困ってしまった香太郎だったが、麻子は自分の心の準備ができるまで待ってもらっているのだと言って、香太郎を庇った

すると麻子の母は、二人の好きなようにすればいいと言ってくれたので、麻子の父も二人のことを応援すると言ってくれた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

同棲の部屋探しをする麻子と香太郎

会社で麻子は香太郎が挨拶に来たことを話すと、家探しをすると言った

すると大蔵は部屋探しのレクチャーをしてくれ、最後に二人の時間を大切にするように言ってくれた

二人は日曜日に部屋の下見に行くと、営業の浦沢はチョロいカップルが来たと内心喜んでいた

しかし麻子が細かい説明書きを見つけたり、香太郎が隣の店の臭いに気づいたりするので、浦沢は二人の要望を聞いてとっておきの部屋を紹介することにした

二人の希望の2LDKの部屋ではなかったが、浦沢の意見を聞いた二人はその部屋を借りることにした

※この後、冬の脱ぎたてのおまけマンガのお話があります

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

あせとせっけんの続きはコチラ👇

「あせとせっけん」5巻を読んでみた感想

とうとう香太郎は、麻子の実家に挨拶に行きました

やはり最初の印象がその後に大きな影響を与えるので、誰でも緊張してしまいますね

二人の気持ちを聞いた麻子の父は、二人を応援してくれると言ってくれたので、今回の実家への挨拶は大成功だと言えます

香太郎の母親は失明しているということですが、そのことを麻子に話すと挨拶に行くと言ってくれました

やはり結婚となると障害を持った家族がいると大変なこともあるので、元カノのような反応をされてしまうことを心配してしまいますね

まだ実際に挨拶に行ってはいないので、麻子が香太郎の母親に会ってどんな反応をするのかが気になります

同棲する部屋も決まって、これから二人が一緒にどう暮らしていくのかがとても楽しみですね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-あせとせっけん