読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

死役所 72巻 第70条  ~警察の厳しい取り調べを受けて偽りの自白をしてしまう市村 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

投稿日:

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……

すべての死者が訪れる

罪無き者は、天国へ

罪深き者は、地獄へ

あるいは――

魂抉る、死者との対話

タイトル 死役所
作者 あずみきし
価格 110円(税抜き)

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『死役所』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

⇒まんが王国📖で『死役所』を今すぐ無料試し読み👆

 

「死役所」72巻の簡単なあらすじ

刑事の厳しい取り調べを受ける市村

市村は、拘置所に入れられてしまった

入る前には、全裸にさせられ

お尻の穴まで検査された

 

刑事の取り調べを

受けることになった市村だったが

刑事は、初めから市村を

殺人犯だと決めつけて取り調べをした

刑事はしつこく、市村にどうやって

美幸を殺したのかと尋問するので

市村は、加護の会に行ったと話した

 

加護の会に行ったことは

確認が取れたが、それでも刑事は

時間が合わないと言った

市村は、転んで服が汚れたので

一度、家に戻ったと話すと

刑事は、美幸を殺すために

戻ったのだろうと言った

 

刑事は、蓮田を殴ったことを

市村に認めさせ、悔い改めるように

市村に迫った

刑事は、市村が美幸を叩いて

土を食べさせ殺したのだろうと言うと

市村に、夕飯だといい

土を食べるように言った

 

⇒『死役所』の無料試し読みはコチラ

 

市村に偽りの自白をするように勧める男

取り調べが終わって戻ってきた市村に

同じ部屋に収監されていた男は

娘を殺していないという市村に

罪を認めるように言った

その後に、検察に本当のことを

話せばいいと言った

そして男は、このまま長引けば死刑が近づくだけで

今しかないと何度も市村に話すのだった

 

偽りの自白をしてしまった市村

また市村は、刑事の取り調べを受けた

最初は市村は、美幸殺害を否定したが

追い詰められていた市村は

とうとう自分が、美幸を殺したと言ってしまった!

 

市村の話を聞いた行亮は

追い込まれて自白しただけで

自分で選んだ訳ではないと言ってくれた

自分が美幸を、愛していたのか

分からないという市村に

行亮は、それも警察の洗脳だと言った

 

書庫で松シゲを見る市村

市村と話を終えた行亮は

成仏課へと向かった

市村は書庫へ行って、美幸と富夫の

成仏許可の申請書を見た

そこに松シゲがやってきたので

市村は、ファイルを戻し

部屋を出ていこうとしたが

その際、松シゲの方を一瞬見た

 

⇒『死役所』の無料試し読みはコチラ

 

「死役所」72巻を読んでみた感想

市村は、警察にやってもいない美幸殺しの

自白をさせられていました

もちろんウソを言ったりして

罪を認めようとしない犯人もいるので

優しくできるわけではありませんが

やはりあまり酷い尋問をされたら

やってもいない罪を認めてしまう人も

出てしまうでしょうね

市村は、書庫で美幸と富夫の

成仏申請書を見た後、松シゲをチラッと

見ていました

何か美幸殺しに、松シゲは関わっているのでしょうか

それに富夫は、どんな形で

美幸の死に関わっているのかも気になってしまいますね

 

>>『死役所』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『死役所』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『死役所』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『死役所』を実際に読んでみましょう!

⇒まんが王国📖で『死役所』を今すぐ無料試し読み👆

-死役所

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2019 All Rights Reserved.