読んだまんがの簡単なあらすじネタバレ情報などを紹介します

まんがコミック大好き日記

五佰年BOX 2巻 ~真奈の世界の存在を知った真樹 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

更新日:

遠野叶多(かなた)は、幼なじみの真奈の家から奇妙な箱を見つける

箱の中には実際の人間が生活し、よく見るとそこは中世の日本らしき世界だった

好奇心で観察を続けるが

ある時、箱の中で少女が野盗に襲われているのを見てしまい

思わずその野盗を殺してしまう

動揺した叶多は、真奈に相談するため彼女の家に向かう

だがそこで、真奈の父親から思いもよらぬ事実を告げられる

「うちには真奈なんて娘はいないよ」と

五佰年BOX

作者:宮尾行巳

価格:500円(税抜き)

 

『五佰年BOX』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先の「まんが王国」のサイト内で『五佰年BOX』と検索してみましょう

会員登録しなくても、すぐに試し読みすることが可能ですよ

 

「五佰年BOX」2巻の簡単なあらすじ

真樹に木箱の存在を知られてしまう叶多

刺客に襲われている主従

護衛の部下は主人を逃がす

主人はあの女の子の家に侵入し、女の子を人質に取ります

しかし、女の子が抵抗し、親がその侍を倒す

 

女の子を助けようとしていた叶多

だが春市が止めていた

どんな影響が出るかわからないからだ

叶多には助けるだけだと今までと変わらないという

 

そんなことを話していたら真樹がやって来た

姉に届け物を頼まれてきたという

真樹は木箱を見て、なんで晴一が持っているのかと聞く

自分の箱だと言い始める真樹

箱を開けようとする真樹を止め、帰るように言う叶多

真樹は怒って帰っていった

 

真樹を追いかける叶多

すでに存在して、真樹の人格を知ってしまった叶多は

無視できなっていた

真樹に箱のことを話して理解してもらう

 

真樹に木箱を触られてしまう

部屋に帰る叶多

春市は真樹と真奈は同時に存在しているかもしれないと言い出す

この箱はパラレルワールドを作り出すツールだという

 

学校で女の子の祈りの声の意味を調べていた叶多

部長の怜乃に意味を教えてもらう

郷土史にも詳しいので蔵にある資料をみてもらうことにする

 

叶多は蔵を見せてもらいに行く

その頃真樹は叶多の部屋に行っていた

そしてあの木箱を開けてしまう

 

女の子は捕らえた侍の護衛の部下を捜す

しかし襲われるが何かの力で周りが破壊される

死人も出てしまった

 

それは真樹が行っていたことだった

真樹は中の人が人形でないことに気づく

そして自宅に帰った真樹だったが

なんと父親が3年前に死んでいることになっていた

叶多もそのことについて何の疑いも持っていなかった

 

真樹に真奈の世界のことを知られる

叶多が部屋に戻ると木箱の蓋が開いていた

中で人も死んでいる

真樹が触ったと知った叶多

そして箱のせいで真樹の父が死んだ世界になっていると判断する

触った人間が違う世界に渡ってきているようだ

 

怜乃に資料を見てもらったが全部ゴミ同然だった

しかし怜乃が木箱の底が二重になっていることに気づく

そこには昔の本が入っていた

 

春市は真樹の父親が亡くなった事故を調べていた

真樹の家には、巨大な手の民話が残っていたことが判明する

木箱の底に入っていた物

それは民話が書かれた書物だった!

春市から民話の内容が送られてくる

 

自宅に帰ると箱の中から声が聴こえてくる

それを録音する叶多

侍が女の子を襲おうとするので、手を伸ばす

女の子がやめるように言うので手を止める叶多

女の子は叶多の存在を感じた

 

春市から電話が入る

花火大会での真奈との記憶

とても大事なことを思い出そうとすると気を失ってしまう叶多

気がついて箱の声のことを春市に話す

 

真奈の事を思い出せなくなりつつある叶多

だんだんこの世界に馴染み始めているようなのだ

 

叶多の部屋に真樹が来ていた

真樹にボイスレコーダーに入っていた真奈の世界のことを聞かれてしまう

真奈の復活が真樹を殺す事に…

 

「五佰年BOX」2巻を読んでみた感想

箱の謎だけでなく

今現在いる真樹との関係も、複雑になりつつあります

やはり目の前にいて関係を持ってしまうと

いくら好きな人のためとはいえ

簡単に終わらすことはできなくなってしまいますね

まだまだ箱の謎はハッキリしていません

木箱に隠されていたあの書物に

何かのヒントが隠されているのは

間違いないでしょう

真樹との関係も気になりますが

真奈の復活ができるのか

叶多は元の世界に戻れるのか

とても気になりますね!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『五佰年BOX』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で『五佰年BOX』と検索すれば、無料で試し読みをすることも可能です

一度、「まんが王国」へ行って『五佰年BOX』を実際に読んでみましょう!

 

-五佰年BOX

Copyright© まんがコミック大好き日記 , 2018 All Rights Reserved.