蜜と毒~逆恨みの復讐 25巻 ~自分をレイプした義母を思い出し怯えてマチコに抱かれて眠る大塚 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『蜜と毒~逆恨みの復讐』を25巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『蜜と毒~逆恨みの復讐』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すとすぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「蜜と毒~逆恨みの復讐」25巻の簡単なあらすじ

自分をレイプした義母を思い出し怯える大塚

マチコは、真菜に草太のことで

相談に行くと言って出かけた

そして大塚との待ち合わせの場所へと行くと

早速、大塚はマチコをラブホへと連れていった

 

大塚は、シャワーを浴びに行こうとしたマチコを

いきなり押し倒したが

顔を真っ青にして、あの女のことが

消えないと呟いた

 

幼い頃の大塚は、義母に狙われていて

部屋にも何個も鍵をつけていた

お風呂にも入れず、先生から注意を受けたが

義母に襲われてしまうとは言えなかった

 

ある夜、大塚は眠っていたが

義母は窓のガラスを割って

部屋へと侵入してきた

大塚の首を絞めながら、義母は大塚に

馬乗りになってレイプしたのだった

 

そのことを思い出してしまった大塚は

頭を抱えてやめろと叫んだ

そして大塚は、マチコに抱きついて

何もしないので朝までこのままで

いて欲しいと頼んだ

 

⇒『蜜と毒~逆恨みの復讐』の無料試し読みはコチラ

 

マチコに新たに宣戦布告する大塚

優梨子は、吾妻に亮平との結婚は

いつになるのかと聞いた

吾妻は、由伸との婚約解消が先だと言って

優梨子に睡眠薬の注射を打った

そして吾妻は、亮平の血液検査の結果を見て

大喜びして、由伸に電話をかけた

 

目を覚ました大塚は

マチコを抱きしめたが

マチコは草太のことを聞いた

大塚は、草太は児童相談所にいると答え

連絡先を渡しているので

いずれ連絡があるだろうと言った

早速、家に戻ってきたマチコは

真菜に、草太は児童相談所にいると伝えた

 

マチコが会社に出社すると

大塚は元気を取り戻していた

鬱抜けしたマチコに、また戦いが

始まると宣戦布告する大塚だった

 

亮平を抹殺して臓器を由伸に移植するという吾妻

吾妻は、由伸の部屋に来ていた

吾妻は、由伸のドナーが見つかったと言って

その相手は、亮平だと伝えた

吾妻は、亮平の臓器を由伸に移植して

外見も亮平ソックリに、改造するつもりなのだ

その話を聞いた由伸は、亮平はどうなるのかと聞くと

吾妻は当然、死ぬと答えた

 

動揺した由伸は、そんなことは

自分は望んでいないと答えると

吾妻は、亮平は由伸を追い詰めた男だと言って

亮平を抹殺して、優梨子を手にいれるように

由伸に言ったが、由伸はそんなことまでして

優梨子を手に入れたくないと叫んだ

 

⇒『蜜と毒~逆恨みの復讐』の無料試し読みはコチラ

 

蜜と毒~逆恨みの復讐の続きはコチラ👇

蜜と毒~逆恨みの復讐 26巻 ~マチコの不倫は自分が原因と認めつつ不倫を許せないという亮平 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「蜜と毒~逆恨みの復讐」25巻を読んでみた感想

吾妻はかなりヤバい男でした

亮平の臓器を由伸に移植して、殺すつもりでいます

亮平は、優梨子の父親からも恨まれていますので

かなりヤバい状況になってきましたね

今まで強気だった大塚ですが

義母のことを思い出し、マチコに抱かれながら

怯えていました

年上のマチコのことが好きになったのも

義母がヤバくて母親に頼れなかったので

母親の女性に、惹かれてしまうのでしょう

元気を取り戻した大塚ですが

そんな大塚の弱みを知っているマチコは

これから攻勢に出るかもしれませんね

 

>>『蜜と毒~逆恨みの復讐』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『蜜と毒~逆恨みの復讐』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って、『蜜と毒~逆恨みの復讐』を実際に読んでみましょう!

 

-蜜と毒~逆恨みの復讐

© 2021 まんがコミック大好き日記