御手洗家、炎上する 4巻 ~自分を卑下する希一に昔は好きだったとコクる杏子 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『御手洗家、炎上する』4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『御手洗家、炎上する』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「御手洗家、炎上する」4巻の簡単なあらすじ

まともに外出できない希一

杏子は希一の言っていることは信用していないと言った

しかし希一も放火事件のことをはっきりさせたいと思っているかもしれないので、希一の誘いに乗ってみることにした

二人はそれで出かけたが、希一はずっと引きこもっていたのでやはり外に出るのは辛そうだった

そして街中に行くと、希一は人混みを見てなんと逃げ出してしまった!

杏子は引き止めようとしたが、希一は気分が悪くなって吐いてしまった

希一は元クラスメートの中村を見かけたというと、そいつが自分がクズだと他の同級生たちにラインで流しているのだと主張した

それで杏子は今日はダメだと判断して、とりあえず家に戻ることにした

真二は、奨学金のために必死に勉強していた

そして真二が帰宅すると、希一が戻ってきていた

真二は希一に家族に迷惑をかけないように、ちゃんと生きるように苦言したので、希一はまた部屋に引きこもってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

16年前のブログ

クレアは杏子に、16年前に書かれたブログが真希子のブログかもしれないと教えてくれた

そのブログによると、杏子が小学生の時に、運動会で真希子は杏子たちの母親の皐月に声をかけて友だちになっていた

またブログには皐月もブログを始めたように書かれてあったが。クレアもそのブログは見つけることは出来なかった

しかし柚子はその話を聞いて皐月の昔の知人から、話を聞き出してみるようと思った

希一にキレる杏子

杏子はまた希一を外に連れだそうとしたが、希一は杏子にジュースをぶっかけて外に出ようとしなかった

それにキレた杏子は希一に部屋を片付けるように命令して、自分の人生は自分しか変えることはできないのだと教えた

真二は杏子から懐かしさを感じたので、昔を思い出ししずかが杏子ではないかと思った

そこで真希子から履歴書を貸してもらい、葛木と同じ高校に通っていたことになっていたので、杏子のことを調べることにした

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

杏子を尾行する真二

柚子は皐月が書いたと思われるブログを発見していたので、それを杏子に報告した

そして杏子は父親から、皐月がオフ会に行っていたと聞き出していた

真二は葛木から杏子の偽名の子は、高校にはいなかったと報告を受けていた

そこで真二は杏子を尾行することにした

杏子が部屋の前までやってきたとき真二は躓いてしまって、杏子に尾行がバレてしまった

それで真二は、強引に本当の部屋なのかを確認した

しかし部屋の中から杏子の偽名を呼ぶ声がして、葛木からも同級生に名前が見つかったと報告を受けた

それで真二は、自分の推理が間違っていたと思った

杏子はクレアの本名で真希子の家で働いていたが、希一が真二の尾行のことを教えてくれていた

それでクレアと演技して、真二の疑いを晴らせていたのだ

そんなことをしてくれた希一を、杏子はまだ信じることはできなかった

しかし希一も自分と同じように、何かを変えようとしているのだろうと思った

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

真希子の裏口入学工作を知って引きこもった希一

杏子は、まずは希一を外に出ることに慣らすことにした

公園に行くと、希一は昔の杏子のことを話していた

しかしそこに希一の高校時代の同級生の、耕太郎が声をかけてきた

耕太郎は希一の仕事を聞いてきたので、杏子は商社に働いているとウソを言った

耕太郎は希一は自慢の友だちと言ったので、希一は真希子が再婚した後に耕太郎たちは自分を切り捨てたとキレた

耕太郎は希一のことを心配していたというと、真希子に手切れ金を渡されたと話して、自分は見捨ててしまったと謝ったのだった

希一は、有名医大に実力で入ったのだと思っていたが、真希子から大学に多額の寄付金をしたからだと聞いてしまった

しかもSNSでも裏口入学のことを書かれてしまったので、それが怖くなって引きこもってしまったのだ

希一は杏子に真希子を恨んでいたのだと話すと、結局、自分をダメにしたのは自分だと言った

そんな希一に杏子は昔は希一が好きだったと話すと、希一に自分を卑下せず自信を持つように言った

そんなことを言われた希一は、顔を赤くして一人で帰ってしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

父親に皐月は放火犯ではないと教える柚子

柚子は父親が悪い人に感じられなかったので、また会って確かめていた

父親は皐月は自分を恨んでいたので放火したと話すと、真希子は皐月が自分の悪口を言っていたと言った

父親が防犯カメラの映像のことを言ったので、柚子は映像に映っていたニットは真希子が持っていたと伝えた

そして皐月は火事の一件のショックからなのか、記憶を無くしていると教えた

それを知った父親は、これまでの関係を改めると言ってくれた

真希子のブログ

ようやく駅まで行けた希一は、杏子と一緒に13年前に住んでいた町へと向かった

13年前の真希子は普通の主婦だったが、皐月と出会ってからは劣等感が生まれ嫉妬に変わってしまったのだろうと希一は杏子に話した

そして希一は自分たちが住んでいたボロアパートに行くと、真希子が使っていたPCをまだそこに住んでいた小菅から譲ってもらった

希一が真希子のブログを読むと言ったので、杏子は自分たちが見つけたブログを見せたが、希一はそれではないと答えた

そして希一が見せた真希子のブログは、杏子たちが皐月のブログだと思っていたブログだった!!

父親と会っていたことが真希子にバレた柚子

柚子は父親から呼び出されカフェへと向かうと、父親はいつもと雰囲気が違っていていた

そして父親が今後のことを話し出すと、なんとそこに真希子がやってきた!!

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

御手洗家、炎上するの続きはコチラ👇

「御手洗家、炎上する」4巻を読んでみた感想

希一が引きこもってしまったのは、やはり真希子が原因でした

真希子は希一の友だちに手切れ金を払い、有名医大に裏金を払って希一を合格させていました

希一が不真面目な男ならむしろ喜んだのかもしれませんが、やはり根は真面目な男の子なのでそれを受け入れられなかったのでしょうね

杏子がガツンと言ってくれた上に好きだったと言ってくれたので、段々、希一は変わってきていて少しずつ立ち直ってきているようです

真希子は皐月に出会う前までは、どうやら普通の主婦だったみたいです

皐月の何不自由ない生活を目の当たりにして、どうやら御手洗家を乗っ取る気になったのでしょうね

柚子はまた父親と会っていましたが、どうやらそれが真希子にバレてしまったようです

父親がバラしたのかそれとも真希子が気づいたのかはまだ分かりませんが、かなりヤバい状況になってしまいましたね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

-御手洗家、炎上する