凛子さんはシてみたい~ 3~4巻 ~凛子の前に現れた弦の初恋の相手の志保 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『凛子さんはシてみたい』3~4巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

『凛子さんはシてみたい』はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「凛子さんはシてみたい」3~4巻の簡単なあらすじ

余一を突き飛ばす凛子

凛子は余一はチャラいが女心も分かっているので、付き合っても楽しいだろうと思っていた

でもやはり弦の顔が浮かんでしまった

凛子は日に日に弦に触りたい気持ちが強くなったが、園子からはそれは単なる欲求不満で他の男とセックスすればいいと言われてしまった

余一に家まで送ってもらうことになったが、余一はシートベルトをするフリをしてHなことをしようとしてきた

すると凛子は、余一をつい突き飛ばしてしまった

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

弦とセックスして欲情に溺れる凛子

凛子は一人で翌日のブライダルフェアの準備をしていると、地震がきてしまった

そこに弦が現れたが、フェアの飾りが壊れてしまった

それで弦に手伝ってもらって飾りを直した凛子は、弦の家に泊めてもらうことになった

凛子は弦と一緒にベッドで休むことにしたが、弦の背中を触るとガマンできないと弦は言ってセックスを始めた

凛子も自分の欲情に溺れてしまうと、もう他のことはどうでもよくなってしまった

朝、凛子が歯磨きをした後、凛子が使った歯ブラシを弦は自分の歯ブラシの入ったコップに入れた

そして凛子は弦の部屋を出る際に、火曜日には余一とは会わないというとまた弦と会う約束をした

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

弦と連絡先を交換する志保

凛子は余一に、好きな人がいると話した

すると余一はそれは弦だろうというと、凛子に相談相手として自分を利用するように言った

凛子は打ち合わせに向かうと、一人の可愛い女性がいた

なんとその女性は、弦の初恋の相手の志保だった!

自分と全く正反対でカワイイ志保を見た凛子は、あんな女性が弦は好きなんだと落ち込んでしまった

そして打ち合わせが終わると志保は、弦と連絡先を交換してしまった

凛子は弦の部屋へ行くと、志保のことが頭から離れず弦の顔もまともに見れなかった

弦は凛子に今度どこかへ出かけようと行ってくれたが、その時弦のスマホには志保からメッセージが届いていた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

凛子に弦と一晩一緒だったこともあると話す志保

久地の店の前で弦を見かけた凛子だったが、なんと志保と待ち合わせをしていた!

そこに現れた余一は、自分と一緒に店に入れば弦が動揺するだろうと言った

店に入って弦たちと一緒に飲むことになったが、やはり志保は機嫌の悪そうな顔を見せた

志保は余一が凛子の彼氏だと言いだしたので、余一は凛子に告ったが返事をもらっていないと言った

志保は凛子に何かあったのかと言ったが、弦はキレ気味に何もないと答えた

その場に居づらくなった凛子はトイレに立つと、弦が心配してきてくれた

しかし凛子は、志保のところへ行くようにいうと、弦は自分の心配じゃ不満かと言った

志保は酔ってフラついていたので、弦が家まで送ることになりそうになったので、凛子は自分が送ると言った

二人が帰った後、余一は志保を奪えばいいと弦にいうと、その代わりに凛子を自分にちょうだいと言った

凛子は志保を送っていくと、志保は前と違う印象でだった

そして高校の頃に、弦と一晩一緒だったこともあると言いだした

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

セックスしようとする弦に無理だと言ってしまう凛子

そのことを園子に話すと、二人はヤッたのだというと、それがイヤなのかと聞いてきた

それで凛子はイヤだと答えると、恋は楽しい以上に苦しいと気づいたと言った

そして凛子はそんなモヤモヤした気持ちのまま弦の部屋に行くと、弦がセックスしようとしても志保のことを思い出してしまった

それで凛子は、つい今日は無理だと言ってしまった

弦は余一がいいのかと聞くと、凛子はつい弦に志保のほうがいいだろうと言ってしまった

そんなことを言ってしまったので凛子は帰ろうとしていると、なんと志保がやってきた

弦は凛子をとめようとしたが、凛子は弦の手を振り払って去ってしまった

弦の部屋を出た凛子は、雨に打たれて一人立ちすくんでいた

そこに余一が声をかけてきた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

凛子は苦手だった弦

弦にとって凛子は、苦手なタイプだった

だがセックスをしようとすると、凛子の意外な面が見えてきて、弦は次第に凛子に興味が湧いてきた

初体験を前に緊張している凛子を見て、弦はもっと困らせたくなった

そして初体験を済ませた二人は、また関係を続ける協定を結んだ

凛子を離したくなくなった弦

弦は凛子が自分から離れないことが、気になっていた

そして凛子に余一が近づいてきたのでムキになってしまい、凛子に余一と会うのをやめるように言ってしまった

凛子に反発されてしまった弦は、それでしばらく会わないと凛子に言ってしまったが、会わなくなると余計に心がザワついてしまった

そして地震の時に凛子を抱きしめた弦は、もう離したくないと思った

凛子を追いかけた弦

凛子が去った後、志保は結婚がうまくいくか自信がないと言い出したが、そんな志保を残して弦は凛子を追いかけた

しかし…

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

凛子さんはシてみたいの続きはコチラ👇

「凛子さんはシてみたい」3~4巻を読んでみた感想

志保は結婚前にも関わらず、弦を手に入れようとしています

見た感じは志保はカワイイ女を演じていますが、かなり腹黒な感じですね

凛子は弦は童貞ではなかったと勘違いして、志保が弦の部屋までやってきたので弦の部屋を去ってしまいました

弦は童貞だったのは本当だったようで、最初は凛子のことはそんなに好きではなかったようです

でも今ではもう完全に、凛子の好きになっています

部屋を去った凛子を弦は追いかけましたが、余一が凛子が一緒にいるところにやってきました

またこれで関係がこじれてしまうと関係修復が難しくなってしまいますが、ここでハッキリ弦が凛子を好きだと言えるかが鍵だと思いますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?

嘘とセフレ

「じゃ、その日はセフレ交換ってことで」――京太郎は大学の友人に、姉のように慕っている由紀のことを自分のセフレだと嘘をついてしまう…! 見栄を張ってついた嘘に罪悪感を覚えながらも、由紀の無防備で艶やかな姿に目が離せない「一度だけでいいから、由紀さんのナカに…」――そして、セフレ交換当日…由紀と友人が二人きりでホテル街へ消えていき――「由紀さん、まさか本当にあいつと…!?」疑念を振り払えない京太郎は、思わず街へと駆け出して――!?

-凛子さんはシてみたい