快楽殺人姫 23巻 ~高雄殺しの証拠隠滅を手伝うルミカ のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

『快楽殺人姫』を23巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

この作品をすぐに絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンクの「まんが王国」のサイト内で作品名で検索してみてください

会員登録しなくても購入ボタン横の試し読みボタンを押せば、すぐに試し読みすることが可能ですよ

この作品はebookjapanでも配信されています

ebookjapanで読みたい人は、下の書影を今すぐクリック👇

「快楽殺人姫」23巻の簡単なあらすじ

高雄たちにレイプされたことをルミカに話す結愛

結愛はルミカに、自分を助けるために

高雄を殺させてしまったと言った

ルミカは、高雄は結愛を襲ったときのことを訊ねると

結愛は、高雄たちにレイプされ続けられたと話した

レイプされていたとき、結愛は死にたかったが

婚約していた加奈は、婚約者のところに

戻るために、必死に正気を保とうとしていた

しかし加奈は、正気を保てずダメだったので

高雄たちを、必ず殺そうと決めたのだと話した

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

証拠隠滅を手伝うルミカ

結愛の話を聞いたルミカは

高雄に関わっていた自分も恨んでいるのかと聞いたが

結愛は、高雄への恨みは

自分もルミカも一緒のハズだと言った

ルミカは、自分と高雄の関係を知って

結愛は近づいたのかと訊ねると

結愛はそうだと答え、高雄に騙されているルミカを

高雄から離したかったからだと答えた

高雄を殺すハメになったことを

結愛はルミカに謝ると、ルミカは

今度は結愛を、自分が助けたいと言った

結愛は、ルミカは巻き込めないと言って

高雄の首に刺さったアイスピックを抜き

証拠隠滅をし始めた

それを見たルミカは、自分も一緒だと言って

証拠隠滅を手伝い始めた

部屋にやってきた男

結愛とルミカは、服を盗んで着替え

証拠品を、川に捨てようとしたが

パトカーが通りかかったので止めてしまった

二人は、アパートに戻り休んでいたが

そこに誰か玄関のドアを叩き始めた

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

快楽殺人姫の続きはコチラ👇

「快楽殺人姫」23巻を読んでみた感想

ルミカは、一瞬、結愛の復讐に

利用されただけだと疑っていましたが

結愛の言葉を信用して、復讐を手伝うと言っています

でも結愛の様子からすると、本当にルミカを

仲間だとは思っていないようですね

高雄殺しの共犯者であるルミカを

結愛はどうするつもりなのでしょうか

もしかするとどこかのタイミングで

ルミカを口封じのために

殺してしまうかもしれません

一旦アパートに戻って休んでいる二人ですが

誰かがやってきています

高雄の仲間の可能性もありますが

ルミカは高雄の女だったので

早くも警察がやってきた可能性もありますね

⇒まんが王国📖で無料試し読みするならコチラ👆

このまんがを無料で試し読みするには?

この作品を実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「まんが王国」で配信されています

下記リンク先のサイト内で、検索窓に作品名を入れて検索してみましょう

購入ボタンの横にある試し読みボタンを押すと、無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「まんが王国」へ行って実際に読んでみましょう!

-快楽殺人姫

© 2021 まんがコミック大好き日記