ガンニバル 3巻 ~顔を喰われた男から村は戸籍のない子どもを作っていると聞いた大悟 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

『ガンニバル』を3巻を読んだあらすじや感想をまとめてみました

前回のお話の読み直しはコチラをクリック👆

すぐに『ガンニバル』を絵付きで実際に読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンクをクリックして購入ボタンの隣の試し読みボタンを押すと、すぐに試し読みすることも可能です

Yahoo!アカウントでログインできて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

 

下の書影をクリックして今すぐ無料試し読み!👇

 

「ガンニバル」3巻の簡単なあらすじ

さぶたちを疑う大悟

大悟は、さぶたちが狩野の家族を

村八分にしていた話が、信じられなかった

だが大悟は、狩野の家族に

何があったのか調べる必要があると思った

しかし有希は、ましろも良くなってきているので

村で波風立てずに生きればいいと言った

 

大悟は、すみれに電話して

当時の村人の様子を教えて欲しいと頼んだ

すみれは、狩野を殺したのは

後藤家の奴らだと言って

母親は、誰かに見られていたと言っていたが

今は、話を聞ける状態ではないと答えた

 

落書きの件もあったので

大悟は、駐在所にフェンスを建て始めた

しかしさぶが現れ、止めたほうがいいと言った

それを聞いた大悟は、思わず

面倒くさいと呟いてしまった

 

その後から、急に村人たちの

視線が冷たくなり、何故かと村人に聞くと

面倒だと言ったことは、謝ったほうが

いいと忠告された

さぶのところへ行こうとして

有希とケンカになってしまった大悟だったが

そこにさぶが現れたので

仕方なく大悟は、さぶに謝った

 

⇒『ガンニバル』の無料試し読みはコチラ

 

顔を喰われた男

村の巡回をしていた大悟に

すみれから受け取ったあの番号から

電話がかかってきた

電話の相手は、電話の所有者だと話し

狩野に電話を貸していたのだと答えた

電話は衛星電話で、狩野は何かを探っていたが

死んでしまったのは、自分のせいだと言った

 

その男は、大悟に指定した場所に

一人で来るように求めた

そしてその男に対面すると

狩野は、喰い殺されたのだと話した

 

その男は、村人が人を喰っている証拠として

仮面を取って、自分の喰われた

鼻や左目の跡を見せた

そして自分が喰われた村の祭りのことを大悟に話した

男は、自分には戸籍がないと言って

ワザと戸籍のない子どもを

村では作っているのではないかと推測した

 

男と別れた大悟は、狩野は衛星携帯で

協力者と連絡していたと推測した

その確証を得るためには

証拠を得なければならないが

有希やましろを、巻き込んで

しまうのではないかと恐れた

 

宮司の宗近

祭りの太鼓の練習に遅れてきた大悟に

さぶは、誰と電話していたのか訊ねてきた

しかしそこに、神社の宮司の宗近が現れた

宗近は、大悟と二人になって

大悟たち家族は、村を出たほうがいいと忠告してきた

 

宗近は、村の祭りで

昔は子どもを奉納していたと話し

このままだと大悟は、狩野の

二の舞になると忠告した

宗近も、衛星携帯を使っていたので

大悟は、宗近も狩野の協力者だったのでは

ないかと推測した

 

食人サイトの男と会う大悟

大悟は、スリップ事故だと連絡を受け

その場所へと行くと

事故ではないと答えた男は

供花村の食人について

話がしたいと言ってきた

 

男は、大悟が村に来る前に見た

あのサイトの運営者だった

男は、記事はあの喰われた男に

書いてもらっていたと話し

村には、喰われるために死産とされてしまった

子どもたちがいるのだと言って

それを知ってしまった狩野は

殺されたのだろうというのだ

 

⇒『ガンニバル』の無料試し読みはコチラ

 

生まれた子どもを死産としていた銀

祭りの練習の飲み会には、

さぶの娘の加奈子がきていた

加奈子も、子どもが死産とされていたが

加奈子は、子どもは生きていると騒ぎ出し

死産とされた子どもが動いたと主張した

そして加奈子の背中には、DVの痕があった

 

それを聞いた大悟は

さぶの家に行って、加奈子に話を聞くことにした

加奈子は、自分の子どもが

後藤家当主の銀に子どもを

とられたと主張した

そこにさぶがやってきて

邪魔しだしたので、加奈子には

いつでも話を聞くと言って

大悟は一旦、帰ることにした

 

大悟は、宗近に後藤家のことを聞きにいった

宗近は、後藤家はこの村の

大地主だったと話し、村人たちは

後藤家を畏れているのだと話した

そして銀は、助産師をしていて

銀に子どもを、殺されたと主張する女性が

何人もいるのだと言った

 

夜にやってきた加奈子から

大悟は、子どものことを聞いた

まだ動いている子どもを

死産といいながら去っていく銀は

笑っていたと加奈子は話した

大悟は、自分の孫まで喰わせてしまうさぶは

狂っていると思った

 

大悟は、村人たちは

後藤家に逆らえない理由が

あると判断した

そこに有希から電話がかかってきて

さぶたちが押しかけてきていると言った

何をコソコソ調べていると

掴みかかってきた男を投げ飛ばした大悟は

後藤家のことを、調べていると言った

 

恵介と狩りに行った大悟

加奈子のことを調べると

有希に話していた大悟に

有希は、今日は何の日か訊ねたが

大悟は思い出せなかった

するとそこに、恵介が現れ

大悟を狩りに誘った

 

恵介は大悟に、後藤家のことを

調べているのかと聞いてきた

大悟は、村人の反応を見れば

調べたくなるのも当然だと言って

なにか調べられて、マズイことが

あるのかと恵介を挑発した

 

恵介は、誰かのために

手を汚せない奴は、ゴミだと言って

近くにいたイノシシの子どもを

撃ち殺して、大悟にも喰わせてやると言うのだった

 

だが大悟が忘れていたその日はましろの…

 

⇒『ガンニバル』の無料試し読みはコチラ

 

ガンニバルの続きはコチラ👇

ガンニバル 4巻 ~有希とましろを元相棒の山伏に預け後藤家に乗り込む大悟 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

 

「ガンニバル」3巻を読んでみた感想

どうやら昔から供花村では、食人が

行われていたようですが

今では、生まれたばかりの子どもを

死んだことにして、その子どもを

あの獣臭い男に食べさせているようです

前の駐在だった狩野は、それに気づいて

殺されたようですが

恐らく、協力者たちの中には

スパイがいたようですね

やはり宮司の宗近が、一番怪しいですが

まだ誰が内通者なのかは、分からない状態です

大悟が、後藤家のことを調べると宣言して

村人たちは、恵介に大悟を殺そうと言っていました

恵介は、大悟を狩りに連れ出しましたが

後藤家の人間ではあっても

何か今まで行われてきたことを

変えようとしている感じがします

恐らく大悟を利用して、それを達成しようと

していると思うので、大悟をまだ殺すつもりは

ないかもしれませんね

次第に村のことが判明してきていますが

大悟たち家族は、無事でいられるのか

とても心配になってきましたね

 

>>『ガンニバル』を実際に読んでみよう!

 

このまんがを無料で試し読みするには?

『ガンニバル』を読んでみたい人は、電子書籍ストアの「ebookjapan」で配信されています

下記リンク先の試し読みボタンを押すと、すぐに無料で試し読みをすることもできますよ

ぜひ一度、「ebookjapan」へ行って『ガンニバル』を実際に読んでみましょう!

 

-ガンニバル

© 2020 まんがコミック大好き日記